プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

 

可愛い服やかっこいい服、新しい靴…自分のお気に入りの1着を身につけた日、

ハッピーな気分になりませんか?

 

「ファッションを楽しむこと」が当たり前ではない環境にいる子どもたちと

一緒に最高にハッピーな1日を創りたい!!!

 「夢を描き、未来にワクワクする」そんな人生を歩んでいきたい。

 

ページをご覧いただきありがとうございます。DEAR ME 実行委員会の代表の福田玲奈です。 私たちのコンセプトは、「ランウェイの上で夢を描く」。

 

フィリピンの貧困地域に住む子どもたちにモデルとなってもらう体感型ファッションショーを、これまでに 4 回開催してきました。

 

福田玲奈です!

 

 

この団体は、2015 年 3 月に友人の西側愛弓が設立しました。彼女はファッションが大好きで、ストリートファッション誌を作りたいという夢を抱き、世界へ飛び出しました。

 

そこで目にしたのは、華やかに見える通りを一歩裏道へ入ると、破れたボロボロの服を着た子ども達がたくさんいるという現実でした。

 

元代表の西側

 

ファッションを楽しめない環境に置かれている人たちが世界にはたくさんいる。そう気づいた彼女は、「ファッションで夢を描くきっかけを創りたい。」とメンバーを集め、DEAR ME 実行委員会が始動しました。

 

そして今年の春、私が西側からバトンを引き継ぎ、関西の学生約 20 名で活動を続けています。

 

現在、2018 年 2 月行う第 5 回目のファッションショーに向けて準備をしています。そこで、私たちの夢だった「DEAR ME オリジナル衣装」を製作するためにこのプロジェクトを立ちあげました。

 

関西の大学生20人で創り上げます!
 一緒に最高の舞台を創ってくれるのは、パヤタスに住む子ども達です。

 

パヤタスとは、フィリピンケソン市に位置し、1 日あたり 6334 トンにのぼる膨大な廃棄物がフィリピン各地から運ばれてできた、巨大なゴミ山のことです。

 

このごみを拾って生活をしている人たちがいます

 

ここに住む家族の世帯収入は、1日100円~300円程度。トタン屋根の家で、1日3食ご飯を食べることができない家庭も多くあります。

 

授業料は無料ですが、給食費や交通費が払えず学校に通えない子どもたちがたくさんいるのが現状です。

 

トタンを乗せただけの家が並んでいます

 

このファッションショーを開催するにあたって、苦しい生活環境に置かれた子どもたちの立場に立った時、

 

この活動は子どもたちを傷つけてしまっていないだろうか?

子どもたちにとって本当に必要なのだろうか?

 

たくさんの葛藤がありました。でも、子どもたちは笑顔いっぱいでランウェイを歩いてくれました。

 

 

活動の様子

 

笑顔でポーズを決めてくれます

 

初めてのメイクと衣裳に緊張している様子

 

彼女の夢はフライトアテンダント。もともとおとなしい性格でしたが、「ファッションショーでランウェイを歩いたことで、自分に自信を持てた!友達も増えて嬉しい!」と笑顔いっぱいで話してくれました。

 

 

「お別れだよ」と言うと、涙を流しながら、「次はいつ来るの?DEAR ME のショーはいつ?」と心待ちにしてくれる子どもたち。

 

そんな子どもたちに、「必ず、また会おう」そう約束しました。

だから、ここで終わらせたくない。

また子どもたちに会いに行きたい!

子どもたちの夢を乗せたファッションショーを開催したい!!!

 

お別れの時

 

 「夢×夢×夢」で生まれる、新たなファッションショーを!

 

DEAR ME の「子どもたちが夢を描くきっかけを創る」という“夢“

×

服飾を学ぶ学生の「オリジナルの衣装を創る」という“夢“

×

フィリピンの子どもたちの「ファッションを通して」描く“夢“

 

今回のファッションショーでは、この3つの“夢“をかけ合わせます!

 

堂々とランウェイを歩く子どもたち

 

オリジナル衣装の制作は、設立当初からの夢でしたが、まだ実績もなかったため、衣装製作のお願いを断られ続けていました。しかし今回、DEARMEの想いに共感した専門学生が、「オリジナル衣装を製作したい!」と声を掛けてくれたことで、この夢を一緒に実現できることになりました。

 

さらに、今までは大学の教室などを借りての開催でしたが、初めて、大きなショッピングモールでの開催も決定しました!

 

DEAR MEの夢×専門学生の夢×子ども達の夢が、大きなステージでスポットライトを浴び、どんな色に染まるのか、想像しただけでもワクワクが止まりません! 

 

フィリピン大学で開催したときの様子

 

開催日程:2018 年 2 月 10 日

開催場所:Robinsons Novaliches Trade Hall

 

 子どもたちと一緒に、夢に向かって努力し、成長していきたい。

 

このプロジェクトを通して、夢は、叶う、叶わないが問題ではなく、夢を描くことが、そしてそこに向かっていくことが、人生を豊かにしていくのではないかと思います。まだまだ未熟な私たちですが、子どもたちと一緒に、同じ歩幅で、試行錯誤しながら進んでいきます。

 

そんな未来の DEAR ME を創っていく、この一歩にお力を貸していただけないでしょうか?未来の DEAR ME を応援してくださる方、大大大募集します!!!!どうぞ宜しくお願い致します。

 

私たちも笑顔で頑張ります!

 

 

★★リターン★★

 

▷サンクスメール

 

▷子どもたちからのサンクスムービー

 

▷キャンドル

現地のお母さんたち手作りのキャンドルです

 

▷フォトブック 1冊

 

▷フォトブックにお名前掲載

 

▷活動報告(データ)

 

▷フィリピンのお土産

 

▷メッセ―ジカード

 

▷SNSにお名前(企業・団体名)の投稿

 

▷子どもたちがお名前(企業・団体名)を書いたパネルをもって写真を撮影し、SNSに投稿

 

▷gochiso招待券

私たちが主催するクロージングイベントにご招待します

 

 

★★資金使途★★

 

いただいた支援金は、下記の費用の一部として、大切に活用させていただきます。

 

内訳 金額(円)
バンレンタル費(3台×6日分) 180,000
ジープニーレンタル費
(現地の子どもたちの移動車3台)
18,000
会場費 80,000
食費 80,000
子どもたちとのアクティビティ費 50,000
パヤタスへの寄付金 60,000
衣装準備費 140,000
合計 608,000

 

 

★★今までの活動★★

 

これまで4回、フィリピンでファッションショーを開催してきました。

First     2015年8月18日  Pamantasan ng lungsod ngmynila大学

Second   2016年2月6日   KnK PayatasCenter

Third    2016年9月3日   Philippines大学 Diliman校

Forth    2017年2月6日        〃

そして今、Fifth 2018年2月10日の開催に向け、日々活動しています。

 


最新の新着情報