お待たせしました。
 
アンケートを参考にイラストを2点描きました。
 
1枚目のイラスト。
 

「耳元で大声を出されてもわかりません・・・。」
 
聞こえないと伝えると何故か耳元で囁くどころか、大きな声でしゃべる看護婦さん。よくあります。聴覚障害者といってもみんな同じではないのです。

ろう者、難聴者、中途失聴者、人工内耳、盲ろう者、高度難聴者。中度難聴者。。。。という風にいろんな種類があり、コミュニケーション方法はそれぞれ違います。

または同じろう者でも環境によってコミュニケーション方法が違っています。

まずはその方にコミュニケーション方法を聞きます。「筆談」なら筆談で、「手話」なら身振りと口を大きく開けてなんとかわかってもらえるようにする。。。。

聴覚障害者はみんな同じではない、ひとくくりにはできないということを知ってほしいです。


 
2枚目のイラストは
 


「医者がこっちを見てくれない・・・。」

 

これもよくあります。耳が聞こえないことを伝えても、忙しそうにパソコンを入力する医師がいます。本当はこちらを向いてお話してほしいのですが、

顔を見せてくれないと不安が募ります。
 
聴覚障がい者は顔を見てコミュニケーションを取ります。顔を見せて、口を大きく開けてゆっくりお話しするか、筆談します。

またはパソコンで文字を大きく入力して見せる方法もあります。

こうしたサポートがないと、聴覚障害者は病院に行くのをためらってしまい、自分で市販の薬を飲んで休むことが多くなってしまいます。
 
ページ内にツイートボタンやfacebookいいね!ボタンがあるので、参加してもらえると幸いです。
ご協力どうぞよろしくお願いします!
アンケートに回答頂いた方に「聴覚障害者の災害時に困る事って?」の小冊子を送らせて頂きます。
アンケートはこちら
https://jp.surveymonkey.com/r/PDHLKJV

新着情報一覧へ