病院に行っても薬がないなら、どうやって病気を治すのでしょう。

たくさん食べてよく寝ようにも、食べるものも無ければどうすればいいのでしょうか。

 

このようにして子供達の死亡率が急速に高まっているのが今のベネズエラです。

 

今回のクラウドファンディングの資金は、食事だけでなく、薬やワクチンの購入にも一部使われ、数百人のお医者さんのボランティアの診察時に使用されます。

 

日本には保険もあり、いつでも病院に行って薬がもらえることが当たり前です。

そしてその健康な身体があって初めて働くことができます。

そんな日本にいれることに感謝しつつ、少しだけ、我々が持っているものを分け与えてみませんか。

 

(*写真:薬が必要だと訴えている子供)

新着情報一覧へ