クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

差別や暴力と闘っている女性の生の声を、日本の皆さんに伝えます!

川上園子(アムネスティ日本)

川上園子(アムネスティ日本)

差別や暴力と闘っている女性の生の声を、日本の皆さんに伝えます!
支援総額
372,000

目標 300,000円

支援者
57人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
2お気に入り登録2人がお気に入りしています

2お気に入り登録2人がお気に入りしています
2013年10月28日 19:43

マリー・アクラミさんが来日!

マリーさん来日!成田空港にて

アフガニスタンから来日した、マリー・アクラミさん。手作りのWelcomeカードでマリーさんをお迎えしました!


 

こんにちは、このプロジェクトのアシスタントをしている、山下です。

 

先週の24日、アフガニスタンからゲストのマリー・アクラミさんが成田空港に到着しました!マリーさんは今回、アフガニスタンの女性が今置かれている状況をみなさんに伝えるため来日、10/26~11/2まで、全国4カ所を回ります。

 

飛行機は一時間遅れで到着。しかもカブール→ドバイ→東京の超長旅でお疲れ様子でした。しかし、そんな疲れを吹っ飛ばすかのような熱意で、新聞記者の取材に対応。

 

取材に応じるマリーさん

取材に応じるマリーさん。言葉一言一言に重みがあります。

 

 

取材後、ハードなスケジュールの中、日本講演の意気込みと日本の人たちに伝えたいことをおうかがいしました。

 

「アフガニスタンは以前、女性も含め全ての人にとって、自由な国でした。ソ連侵攻時、タリバン政権による支配がはじまる数十年前でさえも、女性は教育を受け、医師や政治家として活躍していました。しかし、長年の紛争で、人びとは武器をもち、人を殺すことを知ってしまったのです。

 

2001年にタリバン政権が崩壊して約10年、ようやく女性を守るための法律や制度が制定されました。しかし、私たちは今、新たな困難に直面しています。国際社会の関心が離れていくなか、今まで協力的であった政府も、私たち活動家の話を聞かなくなり、女性の自由をまた奪おうとしているのです。

 

アフガニスタンの人びとはみんな、平和、自由、そして発展を望んでいます。日本がアフガニスタン政府に、どの国よりも多くの金銭的な援助をしてくれているのは大変ありがたいことです。しかし、金銭的な援助だけではなく、日本の人びとがもっている知識や技術をもっと教えて欲しいと思っています。

 

そして、これからも、アフガニスタンに関心を持ち、日本政府・アフガニスタン政府に圧力をかけ続けてほしいと思っています。

 

アフガニスタンにおける女性の問題は”政治の問題”であり、”国際的な問題”です。世界中の女性が、人びとが、手をとり団結し、アフガニスタンの女性が直面している問題を解決しなければならない、と言うことを、日本の皆さんに伝えたいと思っています。」

 

 

この講演会の開催に、どうぞご支援をお願いいたします。
30,000円以上ご支援頂いた方に、今回のゲスト、マリーさんもしくはナズさん直筆のサンクスカードをお送り致します。

 

サンクスカードを書いているマリーさん

サンクスカードを書いているマリーさん

 

 

そして、、、

この日は夕食に、インドカレーで栄養補給!
(マリーさんと川上さん以上にカレーにがっつく私。 カレー最高!)

 

インドカレーで栄養補給!マリーさんと川上さん

ゲストのマリーさんと川上さん

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

1. プロジェクトの報告書
2. 報告書への名前の記載(希望者のみ)

支援者
41人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

1. プロジェクトの報告書
2. 報告書への名前の記載(希望者のみ)
3. アムネスティ日本発行の機関誌1年分(6冊)
4. アムネスティが主催するイベントへの招待券(1枚)

支援者
12人
在庫数
制限なし

30,000円(税込)

1. プロジェクトの報告書
2. 報告書への名前の記載(希望者のみ)
3. 講演会のDVD
4. アムネスティ日本発行の機関誌1年分(6冊)
5. アムネスティが主催するイベントへの招待券(1枚)
6. ゲストからのサンクスカード(1枚)

支援者
4人
在庫数
6

プロジェクトの相談をする