こんにちは!NPO法人ダイバーシティ工房の久野です。
引き続き、土曜日に行ったイベントの様子をお伝えしていきます!

 

 

<高機能自閉症の元インターン生「みかりん」の体験談>

 

さて、ここからはみかりんのリアルトーク。

代表の不破が質問する形式で、みかりんに話を聞いていきます。

 

インターンを始めた経緯、

中学生のときに友達の輪に入れず、困ったこと。

大学生になって、自分のことを理解してくれる仲間に恵まれたこと。

 

そして、インターンで学んだこと。

発達障害の診断を受けたときのこと。

 

などなど、リアルな話が飛び出しました!

 

(詳しくはTwitterをチェック→ #工房readyfor

 

私自身、みかりんと仕事をしているときには

「具体的な成果物をお互いが理解している」ことを大切にしていたのですが、

 

みかりんから、【他の人に気を付けてほしいこと】として、

 

「この前仕事で、分かりやすく作ってくれる?と言われて

分かりやすくってなんだろう、と思ってしまった。

具体的に話をしてくれるとありがたい。」

 

という話が出て、嬉しかったです。

 

また、

「自分の苦手な部分(特性)に対して、それを直すというわけでなく、

 どういうふうに対処したらいいのか、という考え方の枠組みが知れた。」

とみかりんが話しているのを聞いて、

 

特性を理解した上でそれと上手に付き合う、そういった環境を

周りがつくっていけたらいいな、と思いました。

 

あっという間に30分が終了・・・!

休憩をはさんで、「ことばのワークショップ」プチ体験会です。

 

 

(トーク中の写真が少なかったため朝打ち合わせ中の一枚!)

 

 

 

新着情報一覧へ