プロジェクト概要

ドッグウォーキングイベントを開いて人を集め、1匹でも多くの捨て犬を新しい家族のもとに届けたい!

 

はじめまして、木村裕行です。人と犬がともにドッグウォーキングを行うことで健康を目指す一般社団日本ヒューマン・ドッグウォーキング協会(JHDWA)の専務理事をしています。今年度は5月25日(日)(東京都駒沢オリンピック公園)など、東京や神奈川でドッグウォーキングイベントを開催していきたいと思っています。人と犬がドッグウォーキングメソッドを学んで、ともに健康を目指すイベントですが、同時に捨て犬たちの新しい家族との出会いの場も設定していきたいと思っています。

 

人と犬の出会いのチャンスの拡大のためにも、多くの方にご来場いただきたいのですが、宣伝告知やテントや看板、人手がかかります。そのため、皆さんのご支援が不可欠なのです。  

 

(2013年12月のイベントでは獣医師による無料相談も開催しました)

 

 

人も犬も健康長寿をめざして

 

日本の犬の飼育頭数は1100万頭を超えています。近年、人の高齢化はもちろんですが、犬の肥満や高齢化が緊急の課題となっています。当協会は、人の健康と犬の健康を考え、日々惰性になりがちな犬の散歩を人と犬のウォーキングに変え人も犬もともに健康長寿を目指す「ドッグウォーキング」の普及活動を、イベントやセミナーを通じて行っています。

 

講習後はインストラクターと一緒にドッグウォーキング。惰性の犬の散歩が当協会のメソッドにより「ドッグウォーキング」に変わります。人も犬も真剣に取り組んでいます。

 

(寒そうな仔犬たち。こんな幼い命なのに、明日をも知れないのです)

 

 

目を向けて、悲しい想いをする犬たちに

 

楽しそうにしている犬がいる一方で、この瞬間に不安と寒さに震える犬もいるのです。犬好きが集まる楽しいイベントだからこそ、より多くの犬に幸せをつかむチャンスがあると私は思うのです。

 

私たち協会では当初、イベントで集まった参加費などから遺棄犬を保護している団体に寄付をしようとしました。しかしまだまだ立ち上がったばかりの協会のイベントは認知度が低いのです。そのため、参加費を寄付するまでには集まりません。

 

そこで私たちはまずできることを考えました。ドッグウォーキングイベントには犬に理解のある方々が大勢いらっしゃいます。なかには自分は犬を飼う決心がつかないけれど、犬が好きだから来ました、という方もいらっしゃいます。それなら、この場を利用して飼い主のいない、いわゆる捨て犬と飼い主希望者が出会える場を作ることができれば、1匹でも過酷な境遇から救えるんじゃないか、そう私たちは考えたのです。

 

(飼い主と犬たちが触れ合うあたたかい様子)

 

 

イベントは数多く開きたい、しかし開催資金は限られる

 

私たち協会は、昨年5月に立ち上がったばかりです。立ち上がりから試行錯誤を重ねながらイベントやセミナーをなんとか開催してきました。参加費も皆さんが参加しやすいようにと、ごく安く設定しています。

 

そのため、参加費だけでは遺棄犬保護団体への寄付どころかイベントを開催する資金が足りなくなってきていて、現状ではイベントの回数を減らすことも考えなければなりません。そうなれば、1匹でも多くの犬に新しい家族に出会えるチャンスを作ることもできなくなってしまうのです。

 

(ドッグウォーキングに参加した犬たちの様子)

 

 

イベント開催にご支援を!1匹でも多くの犬に幸せを!-宅犬所の夢

 

私たちは、イベントを通したドッグウォーキングの普及により、人も犬も一緒に健康で長く生き生きと暮らせるようになることを目指して活動を続けています。

 

さらに協会が認知され、イベントに参加される方が増え、スペシャルサポーター(有料年次会員)の皆様が支えてくださるようになれば、支援金も増えます。その資金をもとに将来的に廃校になった学校を購入し、「宅犬所」を作ろうと思っています。

 

「宅犬所」は、例えば飼い主が高齢で施設に入らなければならなくなった、病気で長期の入院をせざるを得なくなった、引っ越しなどで犬が飼えなくなった、などさまざまな事情でどうしても愛犬と離れなければならない時に、そうした犬をお預かりして新しい家族に巡り合ってもらう、あるいは終の棲家として一生を幸せに過ごせる場になるものです。

 

引き取り手がなくて保健所に送られる犬たちがいなくなり、1匹でも多く幸せを掴めるようになることを目指して、私たちは頑張ろうと思います。

 

 (ドッグウォーキングに参加した犬たちの様子)

 

ご支援をお願いしたい100万円の内訳

 

イベント開催費用の一部に補填させていただきます。

 

○告知用チラシ、フリーペーパー掲載、ホームページなど制作費

 →30万円

○イベント当日テント、舞台設営、MC、音響機器レンタル、ゼッケン、

 受付備品、看板、案内板、マップ、柵、三角コーンなど

 →70万円

 

※実際はこれよりはるかにかかりますが、募集期間が短いため、100万円

 とさせていただきました。

 

 

ご支援いただいた方への引換券(リターン)について

 

3つのコースをご用意しました。

 

<3,000円コース>

 

①サンクスレター
②イベント報告書
③-A ドッグフード

③-B ドッグウォーキングの写真(3枚)

④サポーター資格(無料年次会員)

 

<12,000円コース>

★12,000円コースは9,800円(参考価格)の富士通の「わんダント」をプレゼント、さらにスペシャルサポーター(有料年次会員)になっていただき、割引価格でのイベント参加などが付きます。「わんダント」は犬の健康管理に大変役立つグッズです。「わんダント」ホームページはこちらです。

 

①サンクスレター
②イベント報告書
③-A ドッグフード

③-B ドッグウォーキングの写真(3枚)

④富士通株式会社製 わんダント(犬の歩数計、参考価格:9,800円)
⑤スペシャルサポーター資格(有料年次会員)※


※当協会では、協会の趣旨にご賛同いただける方に向けて、ドッグウォーキングイベントやセミナーに割引で参加できるスペシャルサポーター(有料年次会員、年会費12,000円)の募集を開始しました。スペシャルサポーター様には今後協会ホームページで導入予定の通販なども割引価格でご案内差し上げる予定です。

 

また、同ホームページで会員限定コンテンツを立ち上げ、獣医師による無料相談も開設予定です。スペシャルサポーター様が増えれば、それだけで今後のイベント開催がスムーズに行えます。ぜひよろしくお願いいたします。

(わんダントとわんダントを付けたところ。とてもコンパクトです)

 

<30,000円コース>

★30,000円コースには、12,000円コースに加えて2年間のイベント・セミナーの無料パスをプレゼントいたします。

 

①サンクスレター
②イベント報告書
③-A ドッグフード

③-B ドッグウォーキングの写真(3枚)

④富士通株式会社製 わんダント(犬の歩数計、参考価格:9,800円)
⑤スペシャルサポーター資格(有料年次会員)
⑥ドッグウォーキングイベント・セミナー無料パス(有効期間2年)

 

わんダントにはこんな機能があります。

 

 

 

 


最新の新着情報