こんにちは、本日の札幌は「大雪警報」が出ております。外出するのも身の危険を感じる時があります。北海道には長い冬があります。風雪に耐えて人々の心もたくましくなります。音楽を通じて仲間の大切さ、音楽の楽しさを子どものうちから広めたいという思いで2年前に「どさんこ青少年オーケストラ協会」を設立しました。

 

 「どさんこ=道産子」とはもともと北海道産和種馬のことを指しますが、大地にしっかりと立ち、四季の移り変わりを体で感じ本当に逞しい姿です。北海道の未来を支え文化を担っていく子ども達にそんな願いを込めて当協会の名称にしております。

 

 子ども達を取り巻く文化事情は厳しいものです。札幌や近郊の大規模な学校以外では義務教育で音楽系部活動も成立しない昨今です。合唱、吹奏楽、オーケストラは一人では成り立ちません。少子化の影響もありますが、地域で、マチで、社会で子ども達の成長を見届けていく必要があります。その為にも今「ジュニアオーケストラ」が街に必要なのです。

 

 あと2日となりました。ご賛同いただける方が増えることを願っております。

 2/14(土)子どもから大人までの奏者が岩見沢に集まります。お時間のある方は是非いらしてください。

 

 

 

 

 

 

  

新着情報一覧へ