プロジェクト概要

今、就職難いや就職活動困難が問題になっています。そんな悩みを抱える大学生のために日本各地で就職活動支援セミナーを開催します!

 

みなさん。はじめまして。ドリカフェプロジェクトを行っております日高啓太郎と申します。現在日本の大学の多くで、理系では卒業研究が、また文系では卒業論文を作成する研究時間が取れないという問題が発生しておりました。

それは、就職活動が卒業期に向けて長期化するほど、研究や論文制作などに支障が生じるということです。そこで、大学生における学びと出口の問題を検討し、その解決に向けて、就職活動の支援を行ってまいりました。そして今回私たちは、2013年夏休みに日本各地を回り、セミナーや路上においての語り合いなどを実施を行い、その実績から現状必要とされる教育プログラムについての本「ドリカフェキャリアデザインナレッジブック」(約200ページ)を発行しようと思っています。

 

47都道府県でセミナーを開催することが目標です!ひとりでも多くの若者が受講できるよう、どうか皆様のお力を貸してください。

 

(過去におこなったセミナーの様子)

 

就職活動困難とは?

 

私たちは、就職活動そのものが、今まで経験したことない壁であり、学生自身の精神的・肉体的な負荷が、判断能力や意欲などを低下し、結果として、未来に失望するほどの困難であると定義しました。これらの結果、最悪の場合うつ状態から自殺といった状況や、入社後のシュウカツ燃え尽き症候群によって、早期に離職する可能性が存在しています。

(ドリカフェでは、実社会で活躍される方にも講師に)

 

数年来の実践で明らかになってきたこと

 

1)大学・短大に入った目的が分からない

大学・学部・学科に入った目的・大学・学部・学科を選んだ目的やきっかけが分からない学生が多くいます。

 

2)大学・短大で学んだことがしゃべれない

大学で学んだこと・体験などが、語れないという声もありました。

 

3)失敗ができない

また、成功・失敗体験そのものが少なくなってきており、その結果、就職活動での成果や社会に出るということが、非常に不安なものとして、捉えていることが明らかになったのです。

 

4)地方間就活ネットワークの問題

地方部の学生さんの就職活動も、非常に困難なケースが散見し、高速バスで0泊2日、1泊3日での弾丸ツアーによる負荷も問題です。地方部と首都圏・近畿圏・中部圏などの人・情報・資源的ネットワークは、欠落している可能性を指摘します。地方ごとのネットワークについて解明する必要性があります。

 

5)必要なのは攻略本でなく、積み上げ式のナレッジブック

様々な就職関連本が出版されてますが、その多くは、試験をクリアすることを主たる目的とされております。理論や実践の場からの書籍は、学術的書籍になってお り、教育や育成の専門家のみが読むという形になっています。それら、双方それぞれ利点をいかしつつ、ナレッジとして積み上げ、様々な問題を解決する書籍が 必要であると考えます。地域がそれぞれ違えば環境・文化・社会も違う日本型キャリア論を、今一度俯瞰していく必要性があります。語りから見つかる文化とキャリア。セミナーの中での対話も交えながらナレッジブックとして本にしていきたいと考えます。

 

(就活中に集まってそれぞれの進捗を語るワーク)

 

日本各地でのセミナーの開催

 

彼らが抱える問題を解決するために、何を必要としているのか、語り合いや地域間コミュニティー・学生社会人のコミュニケーション相互をヒアリングしながら、現実的課題をワークショップによって解決するドリカフェセミナーを通じて、必要である・必要でないといった教育の設計が不可欠となります。

 

各地域や大学毎で行われている就活支援のイベント・勉強会などが存在します。よって、それらの大学・短大・地方団体などに御連絡をした上で、今後は、地域毎に行われているイベントや各種団体と、ドリカフェプロジェクトのコラボレーションを進め、知識・文化・教育・地域等の情報交換を進め、今後の日本を支える若者に向けた教育設計や地域間ネットワークの解明を進めるためのセミナーを企画しています。

 

(熱心にセミナーを受講しグループで話し合っている大学生たち)

 

ドリカフェ流キャリアデザインワークブックを出版

 

その上で、ドリカフェプロジェクトで得た知見を基にした、ドリカフェ流キャリアデザインワークブックを出版し、本セミナーにおいて広く活用していきます。就職活動困難の問題に悩む学生や事前の学習で活用したい学生・教育担当者・企業担当者のために作成された、本「ドリカフェキャリアデザインナレッジブック」(約200ページ)を50部発行し、支援者に配布を行います!

後日電子媒体として、本セミナー受講者には、無料で進呈します。

 

【ドリカフェキャリアデザインナレッジブック】

1、キャリアとは?

2、地域で考えるキャリア

3、中高生で考えるべきこと

4、大学生で考えるべきこと

5、社会人・結婚として考えるべきこと

6、自己表現をしていくやり方

7、過去・現状・未来分析をしていくやり方

8、新しいキャリアの導き方

9、47都道府県別実践事例

10、ナレッジとは

 

そして、この本を広く活用し、今回で終わりでなく、今回から始まりのナレッジの蓄積を期待するものであります。また、最後に、本プロジェクトの実践報告会を開催し、各分科会に分かれて公開の席上で発表、意見交換の場としようと思います。

 

(情報サイト主催の企業合同説明会の直後から復習です)

 

人生の意思決定は自由だ!!

でも考えるやり方を教えてほしい!!

 

私たちは、考え方、学び方が分からないと言う学生一人一人に細かな指導を実践していき、学び合いから職業や未来・一人一人の相互間への分かち合いをスローガンに試行錯誤で平成18年から様々な就業力・キャリア力養成及びピアサポートに向けた活動を行ってまいりました。

そして、平成24年4月に、ドリーム(夢)を紡ぐカフェ(場)としてドリカフェに改称し、セミナー活動を始めました。

平成24年度に北海道札幌市・千葉県千葉市において、延べ600人超の学生が、就職活動支援のドリカフェセミナーを受講しました。

 

これらの結果として、内々定を早期にもらえる他、受講した学生が今度は、下の学生を教えるといったピアサポート的活動や、大学非公認サークルとして、低年次生を支援するといった活動、教育機関や企業との採用等に関するオフサイトミーティングなど様々な副次的効果が生まれています。

 

47都道府県で実施したい理由

 

47都道府県で実施する大きな理由は、地域間によってキャリアの考えが大きく異なる可能性を示唆します。生まれ育った地域に残る、地域から離れる、そして再び戻る・転勤などで新たに住むという様々な人生キャリアの中で、地域特有なキャリア教育が存在すると考えます。

 

しかしながら、これがまだ明らかになっていません。これは、学生だけでなく、女性や働く社会人・高齢者問題など様々な社会問題を解決する萌芽的な視点であると考えます。

 

キャリアは、学生だけのものでなく、

生きる人全ての問題なのです。

 

このプロジェクトを通じ、未来を自由に描くための若年層教育の一端として、就職活動だけでなく、人生という大きな変化を教育と「キモチの支援」そして、地域間を越えた環境つくりにつながることを願い締めくくりたいと思います。

 

 

 

【引換券について】

◆プロジェクトにおける実践報告書

◆ドリカフェキャリアデザインワークブックにおいて、お名前を記載

◆ ドリカフェキャリアデザインワークブック

◆ ドリカフェ全国47都道府県キャリアデザインセミナーオリジナルスタッフTシャツ

◆全国どの場所でおいても、本セミナーを開催

 

【主催】

ドリカフェfacebook https://www.facebook.com/DreCafe?ref=stream

 


最新の新着情報