これは、ドリカフェ番外編のフォトです。

高校生や大学生向けに、

 

実際に、座学とフリーなディスカッションを行い

 

製品創りをやってみようというプロジェクトでの一コマです。

 

地域のモノを使い

地域で調達し

それぞれの経験や知識をフル活用する。

 

確かに、美味しくないものも

見栄えの悪いモノも

時に生まれたりします。

 

しかしながら、それは失敗ではなく、

 

むしろ、

それを笑って・

また次は、もっと良いモノを作ろうという経験学習であると考えます。

 

会社であれ社会も同様に失敗だけを批判するのではなく、

失敗の中から学びを得ることで、

小さな成功体験が得られることも少なくありません。

失敗を恐れては、素晴らしいモノは生まれません。

 

READYFOR?において

提示させていただいた

3)失敗ができない

また、成功・失敗体験そのものが少なくなってきており、その結果、就職活動での成果や社会に出るということが、非常に不安なものとして、捉えていることが明らかになったのです。

 

という事例に対して、

 

このツアーの中で、是非

ドリカフェ創作製品つくりセミナーを

入れたいと思います!(^^)!

 

新着情報一覧へ