プロジェクト概要

「目の前の人を笑顔にしたい!元気にしたい!」

音楽で社会貢献するボーカルユニット

Dream Sound Labo ~piece~

 

はじめまして、Dream Sound Labo ~piece~ (通称ラボピ) です!私たちは、社会人と学生の混合メンバーがいて、普段から福祉施設や保育園などで歌を届ける活動をしています。2006年に結成し、10年以上「目の前の人を笑顔にしたい!元気にしたい!」というコンセプトを軸に、活動しています。

 

そして、年に一度チャリティーコンサートを開催しており、2017年1月で9回目、2012年に東日本大震災復興支援を掲げてからは6回目になります。「被災地の方々へ、元気とエールを送りたい!自分たちにできることで力になりたい」という想いから自分たちで開催しています。

 

今回はメンバー全員で東北へ歌を届けに行くために宿泊費、移動費が100万円必要です。皆様ご支援、応援よろしくお願いします。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
元気いっぱいラボピメンバー!

 

 

「また来てね」に応えたい!

必要とされている「心のケア」のために

 

2011年、東日本大震災がおきました。私たちは、復興支援のために何かしたい考え、 自分たちが普段から大切にしている「目の前の人を笑顔にしたい、元気にしたい!」という想いから、現地に行って歌を届けようと決意しました。

 

そして2015年7月、応援してくださる社会福祉協議会の協力もあり、メンバー8人で被災地に向かうことができました。訪問ライブでは、 みなさん曲に合わせて身体を揺らしたり手拍子をしてくれ、音楽を楽しんでいる姿が印象的でした。最後には手を繋いだり一緒に振り付けを踊ったりと、とてもあたたかい時間を過ごすことができました。

 

震災のあった土地で今も力強く生きる方々の姿に、私たちも全力の歌で応え、そこには確かに人と人との心の触れ合いがあったと思います。歌を聞いてくれた方々から、「また来てね!」の言葉をたくさんいただきました。それに応えるため、2016年7月に、学生のメンバーを含めた9名で2度目の東北訪問ライブを行いました。

 

その時には、仮設住宅に住むお母さんから、「今の私たちには心のケアが必要だから、歌いに来てくれて本当に嬉しい。ありがとう。」という言葉を頂きました。震災から5年以上経ちますが復興はまだ終わっておらず、今も震災の恐怖や生活の不便さに穏やかでない生活を送っている人も多くいます。そのことを改めて感じ、そしてまた自分たちはそんな方々の役に立てる、力になれるのだと、教えてくれた言葉でした。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
仮設住宅のお父さんとかたい握手で再会を約束しました!

 

元気を届けたい! 音楽と触れ合い、今私たちに出来ること。

 

東北にはメンバー全員で2泊3日で訪問し、現地の方に向けて音楽ライブを行うと同時に、交流を深めます。過去の訪問で親交の深い復興住宅や老人ホーム、仮設団地などで開催します。 それぞれで30分ほどのステージと来てくれた方々と交流をする時間があります。

 

ライブでは歌を聞いてもらうだけでなく、一緒に歌ってもらったり、身体を動かすシーンもつくります。そしてライブが終わった後には、来てくれた方皆さんと交流する時間です。私たちはこの時間を大切にしており、震災の経験や今の暮らしについてなど、話されることは人によって様々ですが、話を聞くことで被災した方々の気持ちが少しでも楽になってくれればと思っています。

 

今回クラウドファンディングでご支援をお願いするのは、メンバー20名が東北で活動するための宿泊費と移動費なります。 これは、関西空港から仙台空港までの往復飛行機代と現地でのチャーターバス代、そして2泊分の宿泊費です。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
老人ホーム赤井江マリンホームでは、皆で一緒にピース!!

 

5年経った今だからこそ、必要とされる心のケア。

 

震災から5年経ち、私たちの暮らす関西では報道などもかなり減りました。少しずつあの震災が過去に変わっています。 被災地でも確かに復興は進んでいます。しかし終わってはいません。今もまだ安心できる健やかな暮らしには程遠い生活を送り、様々な不安や悩みを抱えた方がたくさんいらっしゃいます。

 

私たちの歌を聴いているその瞬間だけでも、嫌なことを忘れて明るい気持ちになってくれれば、苦しかったことや、つらかったと事を経験してきた被災した方々の心に「1人じゃないよ」とそっと寄り添うことができるとおもいます。

 

私たちは、自分たちの音楽の可能性を信じています。そして過去2回の訪問を通し、東北の方々もその必要性を感じていることを確信しました。復興が進みあらゆることが整ってきたからこそ、今必要なのは「心のケア」なのです。そしてこれから先も、このプロジェクトを継続してやっていけたらと考えています。

 

しかし、ラボピのメンバーはまだほとんどが学生です。活動はボランティアなので、東北に2泊3日訪問するためには宿泊費や交通費など、一人当たり最低でも5万円の経費が必要です。学業に励みながらその準備ができるメンバーばかりではありません。「心のケア」を更に実現させるために、次こそはメンバー全員で訪問ライブに行きたいです!皆様ご支援ご協力よろしくお願い致します!

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
ライブ後に談笑するメンバーと仮設住宅にみなさん


 

リターンの紹介

 

今回、ご支援には以下のリターンをご用意しました。

 

・サンクスメール

ありがとうの気持ちを学生たちが手書きでお届けします。

 

・ラボピオリジナルCD

メンバーが作ったオリジナル楽曲2曲が収録されています。

 

・編んだもんだら

東北物産品で、アクリルの糸でひとつひとつ丁寧に作られています。手にも優しい洗剤いらずのたわしです。

 

・ラボピオリジナルTシャツ

メンバーがデザインしたオリジナルTシャツ。サイズは150、160、S、M、L、XLから選んで頂けます。

 

・おのくん

東松島のお母さんたちが作っているソックスモンキー。里帰りさせることで東松島へ足を運んで欲しいという願いが込められています。

 

・リターン購入者限定のミニライブ招待券。

大阪市北区にある放送芸術学院のドリームホールで行います。ライブの参加はこの条件が可能な方に限ります。一枚の招待券で2名様までご来場いただけます。開催は、8月または9月を予定しております。

 

・サンクスムービー

ありがとうの気持ちを学生たちが動画でお届けします。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd


最新の新着情報