READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録

子どもたちに生き物と笑顔を届けるエビカニ号買い替えにご支援ください

すさみ町立エビとカニの水族館

すさみ町立エビとカニの水族館

子どもたちに生き物と笑顔を届けるエビカニ号買い替えにご支援ください
目標金額の達成の有無にかかわらず実行者は支援金を受け取ります(All in 方式)。原則、支援のキャンセルはできません。支援募集は8月31日(水)午後11:00までです。

支援総額

1,987,000

目標金額 3,000,000円

66%
支援者
147人
残り
18日

応援コメント
たなべ りゅうた
たなべ りゅうた6分前遠くてなかなか行くことが難しいですが応援させていただきます遠くてなかなか行くことが難しいですが応援させていただきます
emy
emy4時間前活動を応援しています。頑張ってください。活動を応援しています。頑張ってください。
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
目標金額の達成の有無にかかわらず実行者は支援金を受け取ります(All in 方式)。原則、支援のキャンセルはできません。支援募集は8月31日(水)午後11:00までです。

プロジェクト本文

 

本プロジェクトの目的・趣旨について

 

すさみ町立エビとカニの水族館は、エビやカニなどの甲殻類を中心に約150種1000匹の生き物を飼育展示しています。

 

私たちは日常生活ではなかなか触れることの出来ない生き物と触れ合う機会を作るため、生き物について学べる移動型の水族館「巡回水族館」を行なってます。

 

コロナ禍の影響で巡回水族館は中止やお受けできない状況が続いていましたが、最近になって再開できるようになりました。

 

しかし巡回水族館を再開できるとなった矢先に、巡回水族館で活躍していた車であるエビカニ号が老朽化し、このままでは将来的に長距離を走行することが難しくなってしまう可能性が出てきてしまいました。

 

今回のクラウドファンディングではエビカニ号の買い替えを目指し、多くの子どもたちに笑顔と生き物を届け続けたいと考えています。

 

ご支援・応援どうぞよろしくお願いします!

すさみ町立エビとカニの水族館

 

 

 

すさみ町立エビとカニの水族館のご紹介

 

和歌山県西牟婁郡にあるすさみ町立エビとカニの水族館は、廃校となった中学校の体育館を再利用し、道の駅に併設しているエビカニ専門の珍しい水族館です。

 

日本ではここでしか見ることができない大型のイセエビ「イースタンロックロブスター」や世界一大きなエビといわれる「アメリカンロブスター」など目を引くエビカニから1㎝程度の可愛らしい小さなエビカニまで、さまざまな種類の甲殻類をご覧いただくことができます。

 

                   アメリカンロブスター                 イースタンロックロブスター

 

                                                                                   アカホシカニダマシ                                                                                     シロボシアカモエビ

 

また、当館の魅力はそれだけではありません。世界最大のカニといわれる「タカアシガニ」や深海ブームで大人気となった「オオグソクムシ」、生きた化石と呼ばれる「アメリカカブトガニ」などと触れ合えるエリアもあり、生き物をかなり近い距離で見て、触れていただくことができます!

 

タカアシガニ

 

また、2021年からは4羽のペンギンも仲間入りしたことで一段と賑やかになり、ご来館いただいたお客様より、「とても楽しかった」「こんなにエビカニに種類がいるなんて驚いた」「いろんな生き物と触れ合えていい経験になった」などのお声をいただいております。

 

是非、和歌山にお立ち寄りの際は当館に足をお運びください。スタッフ一同、心よりお待ちしております!

 

仲間入りした4羽のケープペンギン

アオウミガメ

ヒョウモンリクガメ

 

 

巡回水族館で届けてきた笑顔

 

当館では、日常生活ではなかなか触れることの出来ない生き物と触れ合うことを目的として、生き物について学べる移動型の水族館「巡回水族館」という取り組みも行っています。

 

都会や山間部、盲学校や支援学校など、自然と触れ合う機会が少ない子ども達や、水族館に行く機会が少ない子ども達を対象に、個性豊かで不思議な海の生き物と触れ合う場を提供することで、生き物が動く様子を‟観察”し、生き物に対する興味が芽生え、自らの手で‟触る!!”ことで生き物を慈しむ心を育むきっかけを与えることができます。

 

生き物が動く様子を目で見て、肌で触れて体験することで、「なぜこんな体をしているのか」「なぜこんな動きをするのか」など生き物に興味を持つきっかけづくりの場を提供しています。

 

幼稚園での巡回水族館

 

生き物と触れ合うことで、「優しく触ってあげよう」など周りをいたわり大切にする気持ちが芽生えます。今までに、自然と触れ合う機会が少ない都心や水族館が近くにない山間部の学校、盲学校や支援学校などさまざまな施設から授業や行事の一環として多数ご利用いただき、「子供たちがとても楽しんでいた」「生き物についてたくさん学べて良かった」などご好評いただいております。

 

巡回水族館では生き物達になるべく負担がかからないよう、生き物たちの健康面にも配慮を怠らないように心掛けています。

① 水槽には水をきれいに保つ濾過槽をつけて活動

② 子供たちに適切な触り方をレクチャーする

③ 特定の生き物や個体に負荷がかからないようローテーションを組んで行う

 

コロナ禍の影響で、以前から受けていた巡回水族館の依頼が中止になり、場所によっては依頼をお断りしなくてはいけない状態が続いていました。最近になってようやく依頼を受けることが可能となり、お待ちくださっていた施設に訪れることができるようになりました。

 

しかし巡回水族館を再開できるとなった矢先に、巡回水族館で活躍していた車が老朽化のため、このままでは将来的に長距離を走行することが難しくなってしまう可能性が出てきてしまいました。

 

現在のエビカニ号

 

 

皆様からいただくご支援でできること

 

コロナ禍の影響により当館の収入の要であった移動水族館などの大型イベントや巡回水族館などの小規模なイベントは急激に減少し、また水族館自体の入館者も減少しました。現在は水族館を維持するのがやっとの状態です。そのため巡回水族館を多くの皆さまにお待ちいただいてる状況でありながらも、新しい車を購入する資金の目処がなかなか立ちません。

 

今回のプロジェクトでは、皆さまのお力をお借りして巡回水族館のための新しい車を購入いたします。そしてこれからもさらに多くの子どもたちに生き物たちとのふれあいの場を提供し続けることができればと思っています。

 

現在使用している車は長期使用している上、生き物の運搬に海水を使用するため、錆及び老朽化が進んでおります。安全に巡回水族館の活動を行うためには、新しい車を用意する必要があります。生き物を運搬するには、海水を汲んだタンクを輸送しなければいけないため、大型のバンが必要となります。

 

目標金額と実施のスケジュールについて

 

◆目標金額:300万円

 

◆資金の使い道:巡回水族館用の車(大型バン)の購入、クラウドファンディング諸経費

 

◆実施スケジュール:2022年9月〜10月に車の購入を進める予定です。

 

※すさみ町立エビとカニの水族館は指定管理会社 株式会社ネイチャーネットワークが運営しております。本プロジェクトも株式会社ネイチャーネットワークが資金を受け取り、プロジェクトを実施します。

※本プロジェクトはAll In形式での挑戦のため、目標金額の達成の有無に関わらず集まった支援金を受け取ることができる形式です。目標金額に達しなかった場合は不足分を自己資金にて補填し、プロジェクトを予定通り実施します。

 

新しい車を購入することでより生き物たちへの移動の負担を軽減することに繋がります。また、スタッフが安心して巡回水族館を実施することができ、お待ちいただいている施設へ安全に訪問することができます。クラウドファンディングを通して巡回水族館の活動をより多くの方に知っていただくことで、活動に共感していただいた施設に活用してもらえる機会を増やすこともできると考えています。

 

ぜひ皆さまからのあたたかいご支援をどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 巡回水族館を通して生き物に触れ合う機会を届け続けたい

 

昨今、生き物が嫌い、海や山に足を運ぶのも嫌という声は増えている一方だと感じています。こういった事情の背景には、まず周囲に自然が少なく幼少期から触れる機会があまりなかったからなのかもしれません。また、触れてこなかったが故に接し方が分からない、そして「分からないものは怖いもの」という認識の拡大があるのではないでしょうか。得体の知れないものに恐怖心を覚えるのは至極真っ当な感覚です。

 

しかしこの地球は「生命の星」です。何も分からないまま嫌悪感を抱き、遠ざけるのはもったいないことです。そのため私たちは巡回水族館の取り組みを通し、多くの施設を巡ることで普段生き物や自然に触れる機会が少ない皆さまに生き物と触れ合うことの魅力をお伝えできればと考えています。実際に体験してみることで、「より楽しく」自然や生き物と接することができるようになる端緒となれればと考えています。

 

新型コロナウイルス感染症の猛威によって、巡回水族館で出会う機会が激減してしまった皆さまと、同様に出会う機会が失われてしまった来館者の皆さまに再び巡り会う機会を作るべく、私たちは今まで以上に多くの施設を訪問したい所存です。

 

このプロジェクトを通じて巡回水族館とその意義について知っていただくことはもちろん、巡回水族館だけでなく、エビとカニの水族館のこともぜひ知っていただきたいと願っております。

 

こんな面白い生き物がいるんだな、そんな生き物を間近に見られる水族館があるんだな、ということをお子様がおうちに帰ってご家族にお話しされることが増えればスタッフとしても嬉しい限りです。

 

このプロジェクトを通して、多くの方に巡回水族館を知っていただき、この活動について共感してもらうことでご支援を賜り、そのご支援、ご協力を通して巡回水族館の要となる新しい車を購入したいと思います。

 

そして、待ってくださっている多くの施設に赴き、巡回水族館を多くの方に楽しんで頂けるように努力したいと思っています。また、巡回水族館を通して、多くの方に生き物や自然に興味を持っていただき、慈しむ心を育んでもらえるよう、活動を続けていきたいです。

 

 

 

 

リターンのご案内

 

〇Tシャツの柄紹介〇

 

左:エビカニ大集合(カーキ) / 右:ザリガニ(白)

 

左:タカアシガニとゆかいな仲間たち (インディゴ)/ 右:タカアシガニとゆかいな仲間たち (白)

 

〇イラスト色紙の生き物紹介〇

 

⚫️べーすけ作

左:オオタマオウギガニ / 右:イソギンチャクモエビ

 

⚫️文系作

左:ジャノメガザミ / 右:ヤシガニ

 

⚫️HONDA作

左:セミエビ / 右:トゲアシガニ

 

⚫️ちだ作

左:オオカイカムリ / 右:マルソデカラッパ

 

 

〇巡回水族館の実施条件について〇

 

 

 

すさみ町立エビとカニの水族館よりご挨拶

 

平井 厚志|すさみ町立エビとカニの水族館 館長

 

 

好奇心を揺さぶる生き物がもつ不思議な魅力。そんな魅力を少しでもたくさんの人に伝えたい、少しでも生き物を身近に感じてもらいたいとの想いで当館はこれまで様々な取り組みを行ってきました。しかし水族館でいくらイベントや珍しい生物を展示してもすべての人に満足していただけるものではありませんでした。なんとかこの生き物たちがもつ不思議な魅力を、水族館に来ることができない人や子供たちに届けられないかとの想いからはじまったのが、当館の巡回水族館です。

 

開催当初は子供たちがどのような反応をするのか不安もありました。しかしはじめは恐る恐る触っていた子供たちが時間とともに弾ける笑顔と好奇心に満ちた眼差しを見せてくれるようになりました。そして子供たちだけでなく見守る先生や保護者が一緒に触れ合いを楽しみ、楽しそうな笑顔を見た時に、生物の魅力を直接届けることできる確かなものとして確信を持つことができました。
 

順調に開催を重ね好評をいただいていた巡回水族館ですが、新型コロナウイルスの流行により2020年からは開催を自粛することが多くなり、さらには水族館の入館者数も激減するなど厳しい経営状態が続いていました。そのような中でようやく流行が落ち着き、開催に向けてたくさんのお声掛けをいただいていた矢先に、要となる生物や水槽を輸送する車の老朽化が進み、一刻も早い買い替えを余儀なくされています。
 

これからも巡回水族館を通してたくさんの子供たちに生き物の魅力を届けたいと思っておりますので、ぜひご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

すさみ町立エビとカニの水族館 飼育スタッフ一同

 

 

当館では2014年から巡回水族館を行っています。毎年約20件ほどの施設からお声をかけていただき、今日に至るまで活動を続けることができました。これもひとえに「子供たちに笑顔を届けたい」「楽しみながら生き物に興味を持ってもらいたい」「生き物と触れ合うことで慈しみの心が芽生えてくれたら」という当館の思いに共感し、活動を応援してくださっている方々のおかげだと考えております。

 

今回、プロジェクトを通して多くの方に「すさみ町立エビとカニの水族館」の「巡回水族館」について知っていただけたら幸いです。今後の活動のためにご支援よろしくお願いいたします!!

 

 

応援メッセージのご紹介

 

池浦 国男 様|熊取みどり幼稚園 園長

 

 カメ、エビ、カブトガニ、サメ、ヒトデなど普段見ない生き物だけに、どきどきしながら触っていました。「気持ち良い」「かわいい」などと言いながら、貴重な体験をすることが出来、喜んでいました。陸の生き物と触れ合える移動動物園は、よくありますが、海の生き物と触れ合える巡回水族館は珍しく、みんな興味津々でした。

 

和歌山県立南紀支援学校 職員の皆さま

 

本校は肢体不自由の障がいのある子どもたちが通う特別支援学校です。毎年、すさみ町立エビとカニの水族館の「巡回水族館」に来ていただいています。様々な障がいのある子どもたちは、なかなか生き物と接する機会が少なく、巡回水族館は子どもたちにとって経験を広げる貴重な機会となっています。

 

スタッフの皆さんは、洗面器やたらいなどにエビやカニ、魚たちを入れてくれたり、ウミガメの赤ちゃんの直接触らせてくれたりして、子どもたちが少しでも生物と関われるようにと工夫して下さり、感謝しています。もちろん、大喜びの子もいれば、苦手な子もいます。それでも、初め生き物を怖 がっていた子どもも、年々関われるようになっており、成長を感じます。コロナ禍の折、校外に出かける機会も少なくなっていますが、そんな中でも来ていただいた時は、これま で以上に生き物たちを見る子どもたちの目は輝いていました。


これからも子どもたちとともに、エビとカニの水族館からの生き物たちがきてくれることを楽しみに待っています。今後とも宜しくお願いいたします。

 


留意事項

▽ご支援の前に、利用規約(https://legal.readyfor.jp/guidelines/others/terms_of_service/)を必ずご一読ください。

▽ご支援確定後の返金やキャンセルは、ご対応致しかねますので、何卒ご了承ください。

▽ご支援完了後のお届け先の変更はできません、お間違いのないようご注意ください。
▽ご支援完了時に「応援コメント」としていただいたメッセージは、本プロジェクトのPRのために利用させていただく場合がございます。あらかじめご承知おきください。

▽ご支援に関するご質問はこちらをご覧ください。

※本プロジェクトのリターンのうち、【お名前掲載】に関するリターンの条件詳細については、こちらのページの「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

プロジェクト実行責任者:
すさみ町立エビとカニの水族館(株式会社ネイチャーネットワーク 松田 猛司)
プロジェクト実施完了日:
2022年10月31日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

すさみ町立エビとカニの水族館が巡回水族館で使用する車を購入します。 頂いた金額は全て車代とクラウドファンディング諸経費として使用します。

プロフィール

すさみ町立エビとカニの水族館

すさみ町立エビとカニの水族館

紀伊半島の南西部のすさみ町にある世界でも珍しいエビとカニをメインとした地元密着型の水族館です

リターン

5,000+システム利用料


オリジナルのおハガキで応援

オリジナルのおハガキで応援

・メールでのお礼のメッセージ
・活動報告の広報誌(PDFにて送付)
・お礼のおハガキ(写真はイメージです)

支援者
13人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年2月

10,000+システム利用料


オリジナルグッズ詰め合わせで応援

オリジナルグッズ詰め合わせで応援

・メールでのお礼のメッセージ
・活動報告の広報誌(PDFにて送付)
・お礼のポストカード
・オリジナルグッズ詰め合わせ(缶バッチ・マグネット・ポストカードのセット)

支援者
12人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年2月

10,000+システム利用料


無料招待券で応援

無料招待券で応援

・メールでのお礼のメッセージ
・活動報告の広報誌(PDFにて送付)
・お礼のポストカード
・すさみ町立エビとカニの水族館 無料招待券5枚(1枚2名様まで)

===
無料招待券の期限は設けておりませんが、万が一、やむを得ない事情によりすさみ町立エビとカニの水族館のご利用が困難となった場合にも、ご返金は致しかねますので何卒ご了承ください。

支援者
18人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年2月

15,000+システム利用料


年間パスポートで応援

年間パスポートで応援

・メールでのお礼のメッセージ
・活動報告の広報誌(PDFにて送付)
・お礼のポストカード
・すさみ町立エビとカニの水族館 年間パスポート+アクリルキーホルダー付き

===
年間パスポートの有効期限は発行から1年間です。(作成時には顔写真が必要です)万が一、やむを得ない事情によりすさみ町立エビとカニの水族館のご利用が困難となった場合にも、ご返金は致しかねますので何卒ご了承ください。

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年2月

20,000+システム利用料


オリジナルTシャツで応援

オリジナルTシャツで応援

・メールでのお礼のメッセージ
・活動報告の広報誌(PDFにて送付)
・お礼のポストカード
・スタッフおすすめの生き物の水槽にお名前掲示(希望制)
・オリジナルグッズ詰め合わせ(缶バッチ・マグネット・ポストカードのセット)
・オリジナルTシャツ(サイズ:S・M・L、柄:4種類からお選びください)

===
※ Tシャツの柄は4種類からお選びいただけます。(エビカニ大集合(カーキ)・ザリガニ(白)・タカアシガニ(インディゴ)・タカアシガニ(白))詳しくはプロジェクトページ「リターンについて」をご覧ください。

支援者
22人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年2月

20,000+システム利用料


バックヤードツアーで応援

バックヤードツアーで応援

・メールでのお礼のメッセージ
・活動報告の広報誌(PDFにて送付)
・お礼のポストカード
・スタッフおすすめの生き物の水槽にお名前掲示(希望制)
・バックヤードツアー(1組5名様まで、2歳以下のお子様は人数に含みません)
===
バックヤードツアーはバックヤードのご案内+ウミガメやリクガメ等と触れ合えるツアーを予定しています。実施期間は2022年10月〜2023年6月を予定しています(年末年始、ゴールデンウィークは除く)。2022年9月中に別途詳細をご案内します。

支援者
4人
在庫数
15
発送完了予定月
2023年2月

30,000+システム利用料


生き物イラストミニ色紙(オオタマオウギガニ or イソギンチャクモエビ)

生き物イラストミニ色紙(オオタマオウギガニ or イソギンチャクモエビ)

・メールでのお礼のメッセージ
・活動報告の広報誌(PDFにて送付)
・お礼のポストカード
・スタッフおすすめの生き物の水槽にお名前掲示(希望制)
・オリジナルグッズ詰め合わせ(缶バッチ・マグネット・ポストカードのセット)
・生き物イラストミニ色紙(136mm×121mm、スタッフ・べーすけの作品です)
どちらかお好きな生き物をお選びください。(写真は作風を示すイメージです)
A:オオタマオウギガニ
B:イソギンチャクモエビ

支援者
1人
在庫数
4
発送完了予定月
2023年4月

30,000+システム利用料


生き物イラストミニ色紙(ジャノメガザミ or ヤシガニ)

生き物イラストミニ色紙(ジャノメガザミ or ヤシガニ)

・メールでのお礼のメッセージ
・活動報告の広報誌(PDFにて送付)
・お礼のポストカード
・スタッフおすすめの生き物の水槽にお名前掲示(希望制)
・オリジナルグッズ詰め合わせ(缶バッチ・マグネット・ポストカードのセット)
・生き物イラストミニ色紙(136mm×121mm、スタッフ・文系の作品です)
どちらかお好きな生き物をお選びください。(写真は作風を示すイメージです)
A:ジャノメガザミ
B:ヤシガニ

支援者
1人
在庫数
4
発送完了予定月
2023年4月

30,000+システム利用料


生き物イラストミニ色紙(セミエビ or トゲアシガニ)

生き物イラストミニ色紙(セミエビ or トゲアシガニ)

・メールでのお礼のメッセージ
・活動報告の広報誌(PDFにて送付)
・お礼のポストカード
・スタッフおすすめの生き物の水槽にお名前掲示(希望制)
・オリジナルグッズ詰め合わせ(缶バッチ・マグネット・ポストカードのセット)
・生き物イラストミニ色紙(136mm×121mm、スタッフ・HONDAの作品です)
どちらかお好きな生き物をお選びください。(写真は作風を示すイメージです)
A:セミエビ
B:トゲアシガニ

支援者
0人
在庫数
5
発送完了予定月
2023年4月

30,000+システム利用料


生き物イラストミニ色紙(オオカイカムリorマルソデカラッパ)

生き物イラストミニ色紙(オオカイカムリorマルソデカラッパ)

・メールでのお礼のメッセージ
・活動報告の広報誌(PDFにて送付)
・お礼のポストカード
・スタッフおすすめの生き物の水槽にお名前掲示(希望制)
・オリジナルグッズ詰め合わせ(缶バッチ・マグネット・ポストカードのセット)
・生き物イラストミニ色紙(136mm×121mm、スタッフ・ちだの作品です)
どちらかお好きな生き物をお選びください。(写真は作風を示すイメージです)
A:オオカイカムリ
B:マルソデカラッパ


支援者
2人
在庫数
3
発送完了予定月
2023年4月

50,000+システム利用料


給餌動画を1種類お届け

給餌動画を1種類お届け

・メールでのお礼のメッセージ
・活動報告の広報誌(PDFにて送付)
・お礼のポストカード
・スタッフおすすめの生き物の水槽にお名前掲示(希望制)
・生き物の豆知識と給餌風景を撮影した動画を1種類お届けします。
お好きな生き物を1種類お選びください(ウツボ・甲殻類・ペンギン・リクガメ)

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年4月

300,000+システム利用料


あなたのもとに巡回水族館を!

あなたのもとに巡回水族館を!

・メールでのお礼のメッセージ
・活動報告の広報誌(PDFにて送付)
・お礼のポストカード
・スタッフおすすめの生き物の水槽にお名前掲示(希望制)
・出張巡回水族館 ※

===
※巡回水族館はすさみ町から陸路で片道3時間程度の場所限定です。2022年10月〜11月、2023年3月〜6月までの平日の日程で調整いたします。2022年9月中に別途詳細をご案内します。)詳しい条件はプロジェクトページ「リターンについて」をご覧ください。お伺いする生き物の指定はできかねますので、ご注意ください。

支援者
0人
在庫数
5
発送完了予定月
2023年4月

500,000+システム利用料


終生パスポートで応援

終生パスポートで応援

・メールでのお礼のメッセージ
・活動報告の広報誌(PDFにて送付)
・お礼のポストカード
・スタッフおすすめの生き物の水槽にお名前掲示(希望制)
・オリジナルグッズ詰め合わせ(缶バッチ・マグネット・ポストカードのセット)
・すさみ町立エビとカニの水族館 終生パスポート(1口1名用)

===
終生パスポートの期限は設けておりませんが、万が一、やむを得ない事情によりすさみ町立エビとカニの水族館のご利用が困難となった場合にも、ご返金は致しかねますので何卒ご了承ください。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年2月

3,000+システム利用料


【リターンの不要の方向け】純粋応援3000円

【リターンの不要の方向け】純粋応援3000円

・メールでのお礼のメッセージ
・活動報告の広報誌(PDFにて送付)


支援者
42人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年2月

10,000+システム利用料


【リターンの不要の方向け】純粋応援1万円

【リターンの不要の方向け】純粋応援1万円

・メールでのお礼のメッセージ
・活動報告の広報誌(PDFにて送付)
・お礼のポストカード


支援者
33人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年2月

30,000+システム利用料


【リターンの不要の方向け】純粋応援3万円

【リターンの不要の方向け】純粋応援3万円

・メールでのお礼のメッセージ
・活動報告の広報誌(PDFにて送付)
・お礼のポストカード
・スタッフおすすめの生き物の水槽にお名前掲示(希望制)


支援者
4人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年2月

50,000+システム利用料


【リターンの不要の方向け】全力応援5万円

【リターンの不要の方向け】全力応援5万円

・メールでのお礼のメッセージ
・活動報告の広報誌(PDFにて送付)
・お礼のポストカード
・スタッフおすすめの生き物の水槽にお名前掲示(希望制)


支援者
2人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年2月

100,000+システム利用料


【リターンの不要の方向け】全力応援10万円

【リターンの不要の方向け】全力応援10万円

・メールでのお礼のメッセージ
・活動報告の広報誌(PDFにて送付)
・お礼のポストカード
・スタッフおすすめの生き物の水槽にお名前掲示(希望制)


支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年2月

プロフィール

紀伊半島の南西部のすさみ町にある世界でも珍しいエビとカニをメインとした地元密着型の水族館です

あなたにおすすめのプロジェクト

車いすユーザーの社会参加を応援する!WheeLog!サポーター のトップ画像

車いすユーザーの社会参加を応援する!WheeLog!サポーター

織田友理子(一般社団法人WheeLog 代表)織田友理子(一般社団法人WheeLog 代表)

#医療・福祉

継続寄付
総計
107人

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする