プロジェクト概要

県外からの移住者で、和歌山県の串本町の「紀州備長炭」の伝統文化を守りたい!

 

はじめまして。任意団体echoesの赤川あゆみと申します。私たちは全員他県から越してきた移住者です。住んでいく中で紀州備長炭に惹かれ伝統文化をなくしてはいけないと思い、また串本町を盛り上げたいと思い、任意団体echoesを立ち上げました。

 

縁あって区のもっている窯を紹介していただきました。窯は、草が生えていて窯の屋根も落ちています。そこで、この度は紀州備長炭を作るために窯を修復しようと考えています。

 

修復は自分たちで行いますが、修復に必要な材料費が100万円程不足しております。みなさま、私たちの活動を応援していただけませんか?

 

(取材の時の写真)

 

 

友達が住んでいた串本の遊びにきて、

その魅力にはまってしましました。

 

友達が住んでいる串本に遊びに来たところ、海も山も川も綺麗でとても気に入り、引っ越してきました。他にも実家がある者もいれば、徒歩で旅をしているうちにそのまま居ついてしまった者、全員理由はバラバラですが、きっと串本町に呼ばれたのだと思います。ほとんどが30代で、小学生までの子供がいる家庭が多いです。大阪・奈良・茨城・熊本・高知からの移住者です。

 

 

もともとは窯元で修行をしていましたが、

縁あって区から窯を紹介してもらいました。

 

元々ある窯元で修行をさせてもらってたのですが地元の有権者さんが私達の活動を見てこれからもっと串本町を若い人達に盛り上げてほしいと区の持っている窯を紹介してくれました。串本町の方々のおかげで今回窯を借りれる事になりました。

 

(借りた時の窯の様子)

 

 

紀州備長炭に惹かれ伝統文化をなくしてはいけない!

 

紀州備長炭にはたくさん用途があります。紀州備長炭は無数のとても小さな孔が空いており、孔は水や空気を通しやすく、浸透性・保水性・通気性を高めるという性質があります。その無数の孔はすべて炭の表面に通じているため、炭の表面積は大変広く、吸着力に優れています。このことから、お水や空気の浄化に使ったり、燃やしても火持ちが良く、臭いがない為、焼き物料理に最適です。また燃える時に遠赤外線を放ち水分を発しないため、料理の表面がぱりっと焼けうまみを逃さないので、お料理がよりおいしく召し上がっていただけます。

 

(とても熱いので、えぶりで掻き出すしている時の様子です) 

 

 

他にも多孔質で保水性に優れ、土の透水性を高める働きが高いので、土壌改良の資材としても使用できます。農薬や化学物質のように環境に悪影響を及ぼすことがありません。

 

実際に私たちはお水の入ったペットボトルに入れたり、お風呂に入れたり、玄関に置き脱臭・湿気取りなどに使用していますが、お水はまろやかになり、体はより温まり、日々、紀州備長炭のすばらしさを実感しています。

 

(窯出しの最中)

 

 

窯の整備にかなり時間がかかっています。

最初は草刈りから始まりました。

 

何年か前まで使用されていた窯なので草が生え窯の屋根も落ちています。

またゴミも多く、最初は草刈りやゴミの撤収から始めました。現在は窯の周りの整地や作業小屋作りなどをしています。串本町にある以前使われていた窯を修繕し、作業小屋を作り、私たちechoesが紀州備長炭を製炭します。

 

(以前はこんなにも周りが荒れていました)

 

(いまではこれほど綺麗になりました)

 

 

窯を本格的に修復するためには、修復する材料費等の費用が合わせて100万円不足しております。どうか、お力を貸していただけませんか。

 

窯を修繕するために、赤土やセメントの購入や、重機のレンタル費用や紀州備長炭の原木の購入などあわせて100万円足りません。修復は自分たちでなんとか行いたいとおもっていまので、それに必要な費用をお手伝いいただければと思っています。紀州備長炭を焼く製炭師が高齢化と若手不足で生産が減少しています。失われつつある伝統を守り、野放しの山を間伐し山を守り、串本町が盛り上がる事によって、地域活性化に繋がると思いますので、ぜひこの活動を続けていきたいです。

 

(写真では軽く運んでいるように見えるウバメガシ。

実は水に沈むほどとても重たいのです)

 

こんなにすばらしい伝統文化を絶やしてはいけないと思っています。また、私たちがこのように行動することで串本町を盛り上げるお手伝いができればと思い実行しています。よろしくお願い致します。

 

 

 

・紀州備長炭

 

・干物

 

・紀州うめどりもも肉

 


最新の新着情報