プロジェクト概要

自己を肯定することの大切さを、絵本を通して子どもに伝えたい。キャメルンシリーズの13作目となる「魔女っ子ナイル 進級の巻」を今年の夏に出版したい!

 

絵本作家の空羽(くう)ファティマと申します。世界各国を旅して得た多様な価値観と、41歳で出産した娘の育児体験を通して感じた命の大切さを「愛と命と希望」をテーマに絵本キャメルンシリーズを通して、8年前から幼稚園や小中学校、PTAや地域の育児支援の会やレストランなど、さまざまな場所で朗読&講演会を行っています。

 

シリーズは現在までに12作を出版しており、いじめや自己否定感で苦しみ自殺を考えがちな10代の子供達に、学校で朗読コンサートとして音楽の生演奏と絵を映しながら「命の大切さと日々の尊さ」を伝え、『生まれてきてよかった』とママも子供も心から言える社会になることが、私たちの願いです 。今回本シリーズの13作目となる、「魔女っ子ナイル 進級の巻」を作成致します。原稿はほぼできておりますが、出版費用が不足しております。

 

13作目となるこの本を出版するためにも、皆様ご協力頂けないでしょうか。

 

2015年に開催した東北支援チャリティー朗読コンサートにて
右から、ピアニストのもっこ、ダンサーのてんこ、私空羽です。

 

 

「生まれてきてよかった」と心から思ってほしい。

 

キャメルンシリーズを通して、子供たちには「あなたの命はかけがえのない宝物」だということを。そして、自分を責めがちな大人には、心の深呼吸の仕方を、いかに自分自身を受け入れ自信を持つかをストレートに伝え、多くの人から共感を得て頂いてます。

 

講演をしに学校に行って生徒に質問をすると、好きな食べ物さえも人目を気にして答えることもできません。そんな子供達に自分の想いを口にすること、表現する大切さ、あなたはあなたのままでいいんだよ、と伝える本を作りたいです。

 

魔女っ子ナイルのひとり旅

 

 

キャメルンシリーズの中にある「魔女っ子ナイルシリーズ」では子ども達に

"勇気"や、"自信"とは何かを伝えています。

 

今までも子供達は魔女っ子ナイルの姿に自分自身を重ねながら、1作目の「魔女っ子ナイルの一人旅」で自信をもつことの大切さを学び、続編の「ナイルとちびっこくじら本物のくじらに会いにいく」では、ナイルに魔法を教えるポケットに住むちびっこうさぎ(なぜか名前はくじら)と共に、憧れの海に住む本物のクジラに会いにいき、くじらの背にのり数々の冒険の旅に出発し、絵本を生きていく上で力になることを1つ1つ学んで成長していくことができたと思います。今回出版したいのはその3作目に当たる本です。

 

 

ストーリー

 

魔女っ子ナイルの幼稚園のポケットには年少さんのときに初歩的な魔法を教えるちびっ子ウサギが入っているのですが、進級した子供達は、もう少し難しい魔法を教えてくれるホワイトリトルモンキーという白いおさるがポケットに入っている制服に、着替えなくてはなりません。

 

「大好きなちびっ子ウサギと別れるなんて絶対にいやだよう!」

 

と泣くナイルに先生は

 

「ちびっ子ウサギは小さくなる魔法位しか教えられないのよ。みんなと同じことができなくてもいいの?」とナイルを必死に説得しようとします。それでもナイルは自分にとっても一番大事なものを守ろうとしてそれでいいと言い切ります。そんなナイルに困り果てながらも先生は「自分は一度だってこんなにまっすぐに欲しいものは欲しいと主張したことがあるだろうか」と自らをふりかえり、そんなナイルをうらやましく思いながら泣けてくる自分に驚いてしまうのです。

 

そしていつしかそんなナイルを応援したい気持ちになり、自分がフォローして魔法の勉強の足りないところは教えようと考えました。そして・・・・・

 

キャメルンシリーズ 1作目の「ラクダのキャメルン空を飛ぶ」

 

 

自分を開放して、言いたいことを言えるようになってほしい

 

この話は娘が幼稚園の進級の時に幼稚園に行きたくないと言い出したことがきっかけで、できたお話です。娘は、「今は行かないけどやめたくはないの。お休みしてるだけ」と言います。私は、娘を無理に幼稚園に行かせたくなかったので、先生にありのままを伝え、お休みさせて下さいお話しました。

 

すると、先生に「嫌なことをしない子になっていいのですか?」と言われ、私は不思議に思い、「幼稚園というのいやな所なのですか?」と聞きました。先生はむっとして普通の子はちゃんと通えるものだと話されました。

 

「フツー」って何なのだろう?「ちゃんと、」って何だろう?そんな気持ちが頭の中を思いめぐり、そしてこの本ができました。

 

先生が家まで、娘を説得しにきて下さった時に、本を読んで頂きました。すると先生はワンワン泣いて、娘が心配して先生の背中をなでて慰めていました。

「先生、娘は大丈夫です。何も心配いりません。先生こそ、自分に優しくしてあげて下さいね。」と言うと先生は素直にうなずき、にっこり笑って帰っていきました。それから娘はしばらくして、元気に幼稚園に通いました。

 

全ての絵本には、物語にあったオリジナル音楽をバックにした朗読CD付きです!

 

キャメルンシリーズを通して、自分の意見を言えない子供や大人が、どんどん開放されたらとても嬉しいです。

 

今後とも、応援のほどどうぞよろしくお願い致します。

 

〜〜・〜〜・リターンについて・〜〜・〜〜

 

・サンクスメール

 

・制作される本にお名前掲載

 

・朗読CD付きの絵本(今回作成)

 

・作者空羽ファティマのイラスト入りポストカード1枚

 

・魔女っ子ナイルシリーズ第一弾&第二弾
(サイン付き)
 

・演奏者付き!朗読コンサート
※交通費別途
※所要時間:1時間〜2時間
※朗読内容:リクエスト
※場所は出来る限りご要望にお答え致します!

 

 


最新の新着情報