プロジェクト概要

【目標金額達成のお礼とネクストゴールについて(2月2日追記)】


予想よりもはるかに速いスピードで多くの方にご支援頂いたおかげで、

プロジェクト開始から3日目で目標金額の55万円を達成することができました。

皆様からのご厚情、心より感謝申し上げます。


想像をはるかに超えてお寄せ頂いたご支援、応援メッセージに勇気付けられると共に、身の引き締まる思いでおります。

 

そして、大変心苦しいのですが
今回、初めてのクラウドファンディング挑戦ということで、

第一目標は手が届きそうな金額に設定をさせていただいておりました。 


しかし、ダンススタジオのオープンにはまだまだたくさんのお金が必要になります。
引き続き内装や家具を購入するのにお金が必要なのと

 

プレ・オープンをしてみてから新調した空調では防寒が不十分な

部分があることもわかりました。


少しでも皆様に快適にご利用いただけるように防寒対策も

していきたいと考えております。

 

そこで次の目標金額(ネクストゴール)として

150万円を設定させて頂きました。

 

残りの募集期間があるなかこの勢いを止めることなく、そして1人でも多くの方に、

このプロジェクトのことを知ってもらい、

ペアダンスの楽しさや沼津の良さ、

そしてエルパシートのことを知っていただきたいと考えております。


そして1人でも多くの方の小さな一歩を踏み出すきっかけになれたら幸いです。

 

お願いばかりで大変恐縮ですが、
引き続き最後まで応援のほど、宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

 

▼自己紹介

はじめまして。プロジェクトの発起人、小泉奈々美と申します。現在、静岡県沼津市でダンススクール「COLORIDO(コロリード)」を主宰しています。

 

 

 

2017年に沼津へUターンをし、現在は沼津でサルサを教えながらダンスで街を元気にしようと活動しています。

 

この度いろいろなご縁とたくさんの方のご協力を得て沼津の新仲見世商店街にダンススタジオ兼カルチュアルスタジオ

EL PASITO (エルパシート)

をオープンすることになりました。

 

EL PASITOイメージ

エルパシート完成予定図

 

 

エル・パシートは

-ダンスで人と人が繋がる場所

-様々な文化と出会える場所

-皆さんの”小さな一歩”を後押しする場所

 

にしたいと考えております。

 

昨年11月にエル・パシートをプレ・オープンし、現在ダンスレッスンやイベントを行っておりますが、広く多くの方々にエル・パシートを使っていただけるようにするにはもう少し設備を整えたり、内装を綺麗にしないといけません。

 

そこでグランドオープンを前にはじめてのクラウドファンディングに挑戦することになりました。

 

ぜひ、皆様のご支援を宜しくお願い致します。

 

 

 

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 

 

少し長くなりますが、プロジェクト立ち上げへの想いを説明させていただけたらと思います。

-----------------------------------------------------------------

▼目次

【1】都内のIT企業で働く中、体調不良に

【2】沼津の魅力再発見

【3】運命の物件との出会い

【4】脱サラしてダンス講師へ

【5】新たな挑戦!「エルパシート」オープンへ向けて

【6】エルパシートと「未知へ一緒に」

【7】資金の使い道

【8】リターンについて

【9】最後に

-----------------------------------------------------------------

 

【1】都内のIT企業で働く中、体調不良に

 

私は沼津市で生まれ育ち大学を機に横浜へ移り、大学生活と社会人生活の10年以上を横浜や東京で過ごしました。

 

都内のIT企業で勤務する傍ら空き時間に大好きなダンスを教える生活をしていました。

仕事もダンスもプライベートも忙しく毎日をこなすように生きていた当時、

どんどん心と体の余裕がなくなっていくのを感じていました。

原因不明の左半身の痛みに悩まされること数年、どの病院に行っても原因がわからず鎮痛剤を出されるだけ、でも山のような業務をこなすために

痛みをこらえて働く日々。

 

そんな中、2016年6月に体調を崩しついに手術を受けました。

病院のベッドの上で術後の思うように動かない体の重みを感じながら

今後の人生このままでいいのかな?

本当に自分のやりたいことは何だろう。

 

と考えていたのを今でも覚えています。

 

 

【2】沼津の魅力再発見

 

退院後、長年パーキンソン病と闘っている父にもっと親孝行がしたかったのと、

私も術後の一人暮らしが心細かったので頻繁に地元の沼津に帰るようになりました。

 

沼津と横浜を行き来しているうちに、子供の頃には当たり前で気づかなかった

沼津の良さに改めてたくさん気づくようになりました。

 

美しい沼津の景色

Photo by Andy Warfield

 

蛇口をひねれば新鮮で綺麗な富士山の雪解け水が出てきます。

沼津港でとれる美味しい魚介類、地元で育つ新鮮なお野菜。

何よりも沼津の人がとても優しくて

沼津にUターンをしたいな。将来子供を育てるならこういった場所がいいな。

と思い始めている自分がいました。

 

また、兼ねてから考えていた沼津にダンスで人と人を繋ぐ場所を作りたい!

という思いが日に日に大きくなり、気がつくと時間さえあれば沼津の不動産屋さんを

回っていました。

しかしながらダンススタジオにできる物件は限られており

なかなか条件に合う物件が見つからない日々。

 

 

そんな中、沼津市で開催されたリノベーションスクールというイベントに参加しました。

 

 

【3】運命の物件との出会い

 

リノベーションスクールは沼津にある遊休不動産の新しい使い方、周辺エリアの魅力・価値を高める事業プランをチームメンバーと3日間で考え、最終的に不動産オーナーに対して提案するというイベントでした。

 

リノベーションスクールの様子

 

 

私が担当した物件は沼津市の新仲見世商店街にある

「テレビのイマイ」さんの2階にある

当時は倉庫となっている物件でした。

 

倉庫

倉庫だった頃の様子        

 

あまりに大きな物件に他のメンバーは大きすぎるね。

と呟く中で、私にはこの物件が以前から温めていたダンススタジオのアイディアを実現するのにぴったりな物件だと感じました。

 

 

また、物件の詳細資料を確認したところ

補足資料についていた3Fの間取り図に

「ダンスホール」

と書いてあるのを発見し、運命の物件のように感じました。

(後から聞いたところオーナーの今井さんのお父様が以前こちらでジャズダンス教室を営んでいたそうです。)

運命を感じたダンスホールの文字

 

 

そんな訳で私たちは「おどる商店街」と称しダンスで

街を元気にするプランを提案し、オーナーの今井さんにもとても喜んで頂けました。

 

公開プレゼンの様子

 

【4】脱サラしてダンス講師へ

 

その後私は会社を辞め、沼津に本格的にUターンをし、ダンスを本業として空きスタジオを借りサルサのレッスンを始めました。

並行して「おどる商店街」のプロジェクトも進めていたのですが、3日間で立てたプランの実現には紆余曲折がありなかなかうまくいかないのが現状でした。

 

 

様々な理由で「おどる商店街」は諦め、自分にできることに集中しようと

大好きなダンスを教えること、ダンスで地域を盛り上げるイベントを開催することに注力し、たくさんのレッスンとダンスイベントを企画しました。

 

COLORIDO 最初のレッスン

初めはたった5人の生徒さんからスタートしたダンススクールCOLORIDO

 

 

大人が本気で遊ぶ時間!をテーマに企画したラフティング x サルサイベント

 

 

ふんどし部

東京から株式会社ふんどし部さんを招いてのサルサ x マッスルイベント

 

 

カチンバ

念願の沖縄からサルサバンドKachimba4を招いてのイベント

 

 

フラッシュモブ

沼津新仲見世商店街でズークのフラッシュモブ

 

 

そしてただひたすら働き続けた1年半後、

自分でも半信半疑だったダンスだけで生計を立てることができるようになっていました。

 

そしてちょうどその頃、沼津の家守会社「レーンスケープ」さんから、もう一度今井さんの物件に挑戦してみないか?

と声をかけて頂きました。

 

 

【5】新たな挑戦!「エルパシート」オープンへ向けて

 

一般社団法人レーンスケープさんは沼津の家守会社。

沼津の遊休資産を持つオーナーさんと私のように、何か事業を始めたい事業者をマッチングし、オーナーさんと事業者の間に入り円滑に話を進めてくださります。

 

また個々の物件だけで考えずエリアとエリアをつなぎ事業を仕掛けていくことで

街の回遊性を高め、小さなエリアからまち全体に広がるようにと活動をされています。

 

現に、今井さんの物件があるエリアの周りにも

ゲストハウス蔵の上、新仲見世商店街のNUMAZU DESIGN CENTERなど、レーンスケープさんが手がけた物件が数件あり、この小さなエリアが盛り上がって来ております。

 

今井さんの物件は、1人でやるには広すぎる物件、リスクもたくさんある。

新仲見世商店街の真ん中にある物件でたくさんの人の思いや期待のつまった物件。

正直、私1人では難しいと感じました。

 

 

でも、ここで挑戦しなかったらずっと後悔が残る。

やらなくて後悔するくらいなら

失敗してもいいから、まずはやってみよう!という気持ちに変わりました。

 

家守会社レンスケープさんの取り組みが特集された広報沼津

(広報沼津No.1582 9月1日号 2ページ掲載)

 

ダンスだけで生計を立てたいと思った時も。

周りからは本当に大丈夫なの?

無理じゃないの?と言われました。

でも、自分のやりたい気持ちを信じて勇気を出して一歩踏み出してみたら

毎日大好きなダンスを踊れ、ダンスを通してたくさんの人を笑顔にでき、本当に幸せな日々を送っています。

 

今度の新たな挑戦も不安でいっぱいですが、

勇気を出して一歩踏み出せばきっとその先の世界が見えてくると信じています。

 

そんな思いも込めて

この場所は

「El Pasito(エル・パシート)」

と名付けました。

 

エルパシートとはスペイン語で小さな一歩の意味。

 

誰でも何か新しいことをするのは不安でとっても勇気がいます。

でも勇気を出して一歩踏み出してみると

たくさんの方が手を差し伸べてくれたり、

たくさんの仲間ができたり、

一歩先の世界が見えてきます。

 

もちろん、最初から全てうまくいくことなんてなかなかありません。

でも一歩踏み出して、うまくいかなくても

なぜうまくいかないんだろう?

と考えることでまた次の世界が見えてきます。

 

最初から大きなことをしようとしなくてもいい。

ちょっと小さな一歩を踏み出す勇気をお手伝いする場所。

そんな場所になれば。

と考えています。

 

私がリノベーションスクールや家守会社レーンスケープさんにちょっと背中を後押ししてもらい

一歩踏み出せたように、

今度はこの場所が皆さんの”小さな一歩”を後押しする場にしていきます。

 

 

【6】エルパシートと「未知へ一緒に」

 

エルパシートはダンススタジオ兼カルチュアルスタジオ。

現在はプレ・オープン中で私が教えるサルサ・キゾンバ・ブラジリアンズーク等のペアダンスレッスンに加え、

アルゼンチンの先生が教える英語deヨガやアクロヨガのレッスンも行っています。

 

アクロヨガ

アクロヨガレッスンの様子

 

また日本の伝統を海外の方や若い世代に伝えていくためのイベントやレッスンも随時行っています。

書き初め

年始に行った書き初めイベント

家族づれはもちろん様々な国籍・世代の方が参加してくださりました。

 

外国のダンスを習うということはその国の歴史、言葉、食べ物、様々な文化をも学ぶことになります。

 

私はダンスを通して海外の文化に触れ、自分の視野が広がりました。

また海外へ出たことによって日本の良さに改めて気づくことも多くありました。

 

エルパシートでは、まだ日本ではあまり知られていない少しマイナーだけれど

奥が深い遠い遠い国の民族ダンスや、一部健康マニアの方にしか知られていないフィットネス、知る人ぞ知る日本に古くから伝わる伝統。

そんな少しマイナーだけれど皆さんの人生をより面白く、豊かに、

ちょっと素敵にしてくれるレッスンを提供していきます。

 

新しいことにチャレンジするのは、きっと誰だって不安ですが、
エルパシートが、そんな不安を取り除き、
皆さんの人生がもっと素敵になる”小さな一歩”を後押しをしていきたいと思います。

 

同時に、エルパシートで一緒に小さな一歩を踏み出し、

自分の得意なことを仕事に

変えていきたいという先生方も募集しています。

 

私は六本木、横浜、沼津の三箇所でマイナーなダンスの教室を立ち上げ

広げていく活動をしてきました。

新しい場所で新しいことを始めるのは本当に大変で、

生徒さんが集まるまで、教室を認識してもらうにはたくさんの時間と労力が必要で

時に悔し涙を流すことも、心が折れそうになってしまうことも何度もありました。

 

でも、その経験やノウハウが今回のエルパシートの立ち上げにいかせたし、

これからエルパシートでレッスンやイベントを始める方の

お役にも立てると自負しております。

 

エルパシートはただ場所を貸すだけのレンタルスタジオではなく、

どうやったら皆さんのレッスンやイベントがたくさんの人の目に止まるか、

みなさんの思いが人に伝わるか、そんなことを一緒に考え、寄り添って

一歩踏み出した先の笑顔を共有していく場所にしたいと考えております。

 

 

【7】資金の使い道

現在プレ・オープン中のエルパシート。

 

家守会社レーンスケープさんのご協力、

ペンキ塗りなどを手伝っていただいた皆さんのご協力で

空調、照明、フロアの改修などダンススタジオに必要な最低限の改修と

音響や鏡などの備品は揃えることができました。

ペンキ塗りの様子

 

しかしながら、レンタルスタジオとして街の皆さんにもっと快適に

利用していただくためにはもう少し改修をしたり、

家具を買い揃えなくてはいけません。

 

今回、皆さまからいただくご支援につきましては、

以下に充てさせていただく予定です。

 

トイレの洗面台の改修:約4万円
テーブル・ソファー・収納など・家具一式:約24万円

看板等:約5.8万円

イベント用のプロジェクター、スクリーンの購入:約7万円

クラウドファンディング手数料:7.2万円
返礼品の費用・送料:約7万円

計55万円

 

ご支援頂いたお金は以上の内容に大切に使わせて頂きます。

 

【8】リターンについて

 

リターンは、レッスンやイベントチケット、クラウドファンディング限定のトートバック、エルパシート利用券、支援者一覧プレートにお名前を記載させて頂く一口オーナーなど3000円〜5万円までの様々なラインナップをご用意しています。

 

ご協力・応援をよろしくお願い致します!!

 

 

【9】最後に

私が教えているサルサダンスは、男女のペアで踊るダンスです。

ペアダンスは常に相手のことを気遣いながら踊る

”思いやりのダンス”

 

 

踊っているうちに自然とコミュニケーションが生まれ

みんなの心の距離がぐっと近づきます。

 

老若男女、国籍、関係なく様々な人と踊れます。

親子で踊るもよし、お友達と楽しむもよし、夫婦やカップルで踊るのもよし、
外国に旅行に行った時に全く見知らぬ人とたとえ言葉が通じなくてもサルサを一緒に踊ることもできます。

 

そして相手が助けてくれるので一人ではできないことも可能になります。
例えば、耳が聞こえなくても相手がリズムを伝えてくれれば音楽に合わせて踊れますし
目が見えなくても相手がリードをしてくれれば踊ることができます。

 

そんなたくさんの素敵な可能性を秘めたペアダンス

ペアダンスで繋がる笑顔の輪はどんどん広がっていくと信じています。

 

エルパシートをオープンする新仲見世商店街は小さな商店街ですが、

個性的で魅力的なお店が多く私も大好きな商店街です。

古くからある老舗のお店と、最近少しずつ若者が空き店舗に

新しいお店や事務所を開き活気が出てきているエリアでもあります。

 

近い将来、新仲見世商店街のアーケードの下で音楽とダンスと皆さんの笑顔あふれるイベントができたら嬉しいです。

 

私にできることは微力ですが、少しでも街の活気づけになれば。

と考えています。

 

小さなことでいいのでチャレンジをし続ける大人の姿を地域の子供達にも見てもらいたい。

みんなの”小さな一歩”がたくさん集まったら

きっとさらに魅力的な街になると思います。

 

まだまだ未熟な私ですが、

エルパシートを皆さんと一緒に作り上げていきたいです。

私の夢に賛同していただけましたら、どうかお力添えを頂けましたら幸いです。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・プロジェクトの終了要項

2019/3/30までにエルパシートをオープンさせたことをもって、プロジ
ェクトを終了とする。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 


最新の新着情報