READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録

Empower African Girls!

Sumiko Saito

Sumiko Saito

Empower African Girls!
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は2月8日(月)午後11:00までです。

支援総額

457,000

目標金額 1,000,000円

45%
支援者
64人
残り
13日
64人 が支援しています
富澤妙子
富澤妙子さんが2時間前に支援しました
永原 孝雄
永原 孝雄さんが10時間前に支援しました
Yuk
Yukさんが21時間前に支援しました

応援コメント
富澤妙子
富澤妙子2時間前素晴らしいですね。 私も少しだけ応援させて頂きます。素晴らしいですね。 私も少しだけ応援させて頂きます。
永原 孝雄
永原 孝雄10時間前教育は希望です。一人でも多くの子どもが幸せになることを願っています。教育は希望です。一人でも多くの子どもが幸せになることを願っています。
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
0お気に入り登録
0人がお気に入りしています
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は2月8日(月)午後11:00までです。

0お気に入り登録
0人がお気に入りしています

プロジェクト本文

*Google translation works on all the pages.

 

Our Goals

 

We are currently trying to support girls in Burkina Faso through local scholarships, school reconstruction, and public education. Many of the girls just dream of going back to school. Part of the money collected will go directly to the girls who are forced to quit because of their families’ financial situation while some parts will be allocated to rebuild a school to support girls. Another part will go to logistics, that is, the computers' room aiming at giving vocational training to the selected girls. Your support is urgently needed and remember that there is no small contribution.

 

私たちは今、ブルキナファソの女の子たちを現地の奨学金、学校再建、公教育を通じて支援しようとしています。多くの女の子たちはただ学校に戻ることを夢見ています。集まったお金の一部は、家庭の経済状況のために学校をやめざるを得ない女の子たちに送られ、一部は女の子たちを支援するための学校の再建に充てられます。一部は、選抜された女の子たちに職業訓練を与えることを目的としたコンピュータールームなどの支援に充てられます。あなたの支援は差し迫って必要であり、決して小さなご支援ではないことを忘れないでください。

 

For ¥20,000 (≒$200), one girl can go to school for a year, which could change her life. 

2万円で、1人の女の子が1年間学校に通うことができ、これをきっかけに人生を変えられる可能性があります。

 

Child Marriage

 

児童婚

 

Child marriage is driven by gender inequality and the belief that women and girls are somehow inferior to men and boys. In Burkina Faso, child marriage is also driven by:

・Level of education: Girls with no education marry at a younger age than those who have completed secondary school or higher.

・Poverty: Girls living in Burkina Faso’s poorest households have a lower median age of first marriage than those in the richest households.

・Traditional customs: Litho involves girls being exchanged and married off between families. Sometimes such agreements take place as early as the birth of the girl. Pog-lenga is still practiced among some Mossi and Bissa ethnic groups and involves brides bringing nieces to wedding ceremonies as an additional girl to be married, either to the groom or a family member or friend.

・Violence against Girls: Some girls in Burkina Faso are threatened with violence or banishment if they do not accept a marriage. Some feel pressured to marry because of financial agreements made between families. The subsequent guilt and potential loss of money and social status coerce many girls into agreeing to marry.

 

児童婚は男尊女卑の考えに基づいて行われていますが、ブルキナファソでは、次のような理由もあって児童婚が進められています。

・教育レベル:教育を受けていない女の子は、中等学校以上を卒業した女の子よりも若い年齢で結婚している。

・貧困:ブルキナファソの最貧困世帯に住む女の子は、最富裕世帯に住む女の子よりも初婚年齢の中央値が低くなっている。

・伝統的な習慣:Lithoを通じて家族間で交換され結婚する女の子がいる。 女の子が生まれてすぐにそのような合意がなされる時もある。Pog-lengaという習慣はモシ族とビッサ族の一部の民族で今でも実践されており、新郎、家族、友人のいずれかと追加で結婚する女性として、花嫁が結婚式に姪を連れてくることがある。

・少女に対する暴力:ブルキナファソの一部の女の子は、結婚を受け入れない場合、暴力または追放の危機にさらされる。家族間の金銭的合意のために結婚を強いられる場合もある。罪悪感と金銭的、社会的地位損失の可能性を感じ、多くの女の子は結婚に同意せざるを得なくなる。

 

Source: girlsnobribes “child-marriage/burkina-faso”, 1 feb 2018

https://www.girlsnotbrides.org/child-marriage/burkina-faso/

 

About Lompo Miyemba

 

Hello. I am Lompo Miyemba and I am 29 years old. I was born and grew up in Burkina Faso. At the age of 22, I lost my dad which was a very difficult moment in my life. I understood that self-resilience is the key to any success in this life. I then worked much harder at university in Burkina Faso where I graduated from linguistic and foreign languages studies. After my graduation, I thought of a way of paying back to my society what it has given to me during my tough times. For me, the best way to do it is to support women and girls. I then realized that the most vulnerable people in society are women and girls who face many problems including female circumcision, early or arranged marriages, low representation in the decision-making body. These reasons made me join an orphanage school of girls in 2014. In that school, my key responsibilities included:

- Teach English as a second language

- Provide advice to the orphans

- Organize theater and sketches to raise awareness in the local communities

- Organize and plan cultural activities

こんにちは。LompoMiyemba 29歳です。 私はブルキナファソで生まれ育ちました。22歳の時父を亡くして人生の辛い瞬間を過ごし、自己回復力が人生の成功の鍵であると理解しました。その後、ブルキナファソの大学で懸命に学び、言語学・外国語学を修め卒業しました。卒業後、私は大変な時期に社会が私に与えてくれたものを、社会に還元する方法を考えました。一番の方法は、女性を支援することだと思いました。そして、社会で最も弱い立場にあるのは女性、すなわち女子割礼、早婚や(意思に反した)見合結婚、意思決定機関での代表の少なさなど、多くの問題に直面している彼女たちであることに気づきました。 そこで2014年から女子孤児院に勤めました。その学校で私は主に以下を担当しました。

 ・第二言語としての英語教育

 ・孤児へのアドバイス

 ・劇場やスケッチの組織を通じた地域社会への意識啓発

 ・文化活動の組織、計画

During my four years at the center, I developed some strong affection and love for my young students. However, I knew that I needed to grow individually in order to fully help the most vulnerable in my community. And I thought of coming to Japan for two reasons. First of all, Japanese education is one of the best in the world to my mind. Secondly, I came to Japan to grow my network with Japanese people since I see them as the most reliable among the developed countries. During my stay in Japan, I have been lucky to learn Japanese culture, business, and mostly the beautiful people. I then got a master's degree in international relations in Niigata. My busy schedule at school did not stop me from learning the basics of the Japanese language.

 

孤児院での4年間を通じて、小さな生徒達に対し強い愛情が芽生えました。でも、社会で最も弱い立場にある人を本当に助けようと思ったら、自分が成長する必要があると分かっていました。そして、2つの理由で日本に来ようと思いました。まず第一に、日本の教育は世界最高水準だと思います。第二に、先進国の中で一番信頼できると思う日本人とのネットワークを深めたいと思いました。日本に滞在中、私は幸い日本の文化、ビジネス、そして何より素晴らしい人々と知り合うことができました。そして、新潟で国際関係の修士号を取得しました。学校生活で忙しくても日本語の基礎を学ぶことはやめませんでした。

 

Why your help is needed?

 

なぜサポートが必要か

 

“Educate a girl is to educate a nation”, meaning that girls’ empowerment has a direct impact on economic growth. Below, I will explain to you why girls’ education matters:

-Educate girls increases economic growth

-Girls’ education leads to better wages and jobs for women

-Girls’ education saves the lives of children and their mothers

-Girls’ education leads to smaller and more sustainable families

-Girls’ education results in healthier and better-educated children

-Girls’ education reduces rates of HIV/AIDS and malaria

-Girls education reduces the rate of child marriage

-Girls’ education empowers women and increases their political leadership

 

「女子教育は国を教育すること」つまり女子のエンパワーメントは経済成長に直接影響を及ぼします。様々な理由から女子教育は重要なのです。

女子教育は

・経済成長を促進します
・女性の収入増加、より良い職業につながります
・子供と母親の命を救います
・より少人数で持続可能な家庭を築くことにつながります
・より健康で教育水準の高い子供を生みます
・HIV / AIDSとマラリアの発生率を低下させます
・児童婚の割合を減らします
・女性のエンパワーメントにつながり、女性の政治的リーダーシップを高めます

 

“Around the world, we see that better-educated women are often better able to make and implement decisions and choices, even where gender norms are restrictive. In all regions, women with more education also tend to marry later and have fewer children. Enhanced education is a key reason why children of better-educated women are less likely to be stunted: educated mothers have greater autonomy in making decisions and more power to act for their children’s benefit”. All in all, helping girls having access to education will help them escape from most of the problems they face in life.

 

「世界中、ジェンダー規範が制限されている場所でも、教育水準の高い女性の方が、意思決定や選択を行い、実行する能力が高いことが見受けられています。全ての地域で、教育水準の高い女性は結婚が遅くなり、子供が少なくなる傾向があります。教育の強化が主な鍵となり、教育水準の高い女性の子供たちは発育不全の割合が低くなっています。教育を受けた母親は、意思決定の自律性が高まり、子供たちの利益のために行動する力が高まります。」つまり、女子の教育機会を支援することで、女の子は人生で直面するほとんどの問題から逃れることができるのです。

 

Current situation in Burkina Faso

 

ブルキナファソの現状

 

Burkina Faso is a landlocked state located in West Africa with six neighbors frequently in the conflict, including Mali on the north, D’Ivoire on the West, Benin, and Niger on the East, Ghana on the South, and Togo. Mali has been facing some insurgent groups on the north for years and lost 2/3 of its territory in 2013. Cote D’Ivoire has also experienced some ethnic and socio-political violent movements for years. As for Niger, Tuareg rebels since 2000 have been challenging the central government. Burkina Faso which used to the only peaceful country in west Africa has lost this status in April 2014. Since then, the state is challenged by armed groups which affect many sectors mainly education. Currently, a total of 848,329 people is internally displaced within the country. Over 2.1 million people are also expected to require urgent life-saving humanitarian support in food/nutrition. Like in any conflicting area girls and women are the most impacted. Thousands of schoolgirls are left without education due to the huge number of schools closed. This situation has exposed many girls to many problems including early or forced marriages, rapes, female genital mutilation to name only few. Urgent action needs to be taken and everyone’s contribution is highly appreciated. 

“It is easier to build strong children than to repair broken adults”.

 

ブルキナファソは西アフリカに位置する内陸国であり、北のマリ、西のコートジボワール、東のベニン、ニジェール、南のガーナ、トーゴを含む6つの隣国が頻繁に紛争に巻き込まれています。
マリは何年にもわたって北部でいくつかの反乱グループにさらされており、2013年にその領土の2/3を失いました。コートジボワールはまた、何年にもわたり民族的、社会政治的暴力運動を経験しました。 ニジェールに関しては、2000年以来トゥアレグ反政府勢力は中央政府に反抗してきました。西アフリカで唯一平和な国であったブルキナファソは、2014年4月に平和を失いました。それ以来、ブルキナファソは武装集団にさらされ、主に教育など多くの分野が影響を受けています。現在、国内で合計848,329人が国内避難民となっています。また、210万人を超える人々が、食糧/栄養に関する緊急の救命人道支援を必要とすると予想されています。他の紛争地域と同様に、女性が最も影響を受けます。膨大な数の学校が閉鎖されたため、何千人もの女子校生が教育を受けられずにいます。一部の例を挙げると、早期または強制結婚、レイプ、女性性器切除など、数々の問題にたくさんの女の子がさらされています。緊急の対応が必要であり、皆様のご協力を心からお待ちしております。

「壊れた大人を修理するよりも強い子供を作る方が簡単なのです。」

 

Source: Free Afrik Re-Armer la gouvernance securitaire, December 2018

 

 

So, if you really think like me that women and girls are the most beautiful creatures on earth and should be treated fairly and taken care of, join me on my journey in giving what you have to make vulnerable girls' dreams come true. 

 

女性と女の子は地球上で最も美しい存在であり、公平に扱われ大切にされるべきだと私が信じているように、あなたにもそう思っていただくことができましたら、はかない少女の夢を叶えるために、どうか私の旅に参加していただけますでしょうか。

 

Source: Human Rights Watch, 26 May 2020 “Leur combat contre l’education”

 

The picture below is a very memory. As you can see, the school was burnt down by armed in eastern Burkina Faso which left students mostly girls without education.

 

下の写真はとても心に残っています。ご覧のとおり、ブルキナファソ東部で武装集団によって学校が全焼され、ほとんどの生徒、主に女の子たちが教育を受けられなくなりました。

 

 ATTAQUE TERRORISTE AU BURKINA : L’ÉCOLE PRIMAIRE DE NEMENA BRÛLÉE, IBurkina, 22 June 2020

 

Second sad event

 

二つ目の悲しい出来事

 

Here is another school burnt by the same non identified armed men in eastern Burkina Faso. It is sad to say that one teacher has lost his life in this attack.

 

これは、ブルキナファソ東部で同じく身元不明の武装集団によって焼かれた別の学校です。悲しいことに、この攻撃で一人の教師が命を落としました。

 

ATTAQUE TERRORISTE AU BURKINA : L’ÉCOLE PRIMAIRE DE NEMENA BRÛLÉE, IBurkina, 22 June 2020

 

All the kids need right now is just going back to school, get the minimum of education to pursue their dreams. But unfortunately, their school remains closed.

 

子供たちが今必要としているのは、学校に戻って、夢を追いかけるための最低限の教育を受けることだけです。しかし残念ながら、子供たちの学校は閉鎖されたままです。

 

 

True stories from school girls

 

女子生徒の実話

 

“I was in class when the terrorists came. ... They fired a shot, and we all fled to save ourselves,” said Boureima S. (not his real name), a 14-year-old student at the time. “Afterwards, when we went back there, I saw they had burned the principal’s motorcycle... the [school’s] office... and the students’ notebooks.”

 

「テロリストが来たとき、私はクラスにいました。  ...彼らは発砲し、私たちは身を守るために逃げました。」と当時14歳の生徒であるBoureima S.(仮名)は言いました。「その後、私たちがそこに戻ったとき、彼らが校長のバイク... [学校の]オフィス...そして生徒達のノートを燃やしたのを見ました。」

 

Attacks have caused extensive fear-induced withdrawals from schools, as well as long-term psychosocial consequences for students. “Many students don’t even want to look at a school again,” said one teacher. “The attack [on my school] really disturbed me... I don’t have the spirit to go back to school,” said a former student.

 

攻撃は、恐怖によって学校からの広範囲にわたる撤退、ならびに生徒に長期的な心理社会的影響を引き起こしました。「多くの生徒は、学校をもう二度と見たくないのです」とある教師は言いました。「(私の学校への)攻撃で本当に動揺しました...私には学校に戻る気力がありません」と元生徒は言いました。

 

ATTAQUE TERRORISTE AU BURKINA : L’ÉCOLE PRIMAIRE DE NEMENA BRÛLÉE, IBurkina, 22 June 2020

 

My school got closed after terrorist attacks in January 2019. At least 47 people were killed according to governmental sources. My heartfelt wish right now is to resume school.

Rose*, 17 years old

 

私の学校は2019年1月のテロ攻撃の後で閉鎖されました。政府筋によると、少なくとも47人が殺されました。今の私の心からの願いは、学校を再開することです。
ローズ*、17歳

 

When girls don’t go to school, they are exposed to any kind of violence in society including child marriage. That is why as adults, we should make sure that girls have equal access to basic education.

 

女の子は学校に行かないと、児童婚を含む社会のあらゆる種類の暴力にさらされます。そのため、私たちは大人として、女の子が基礎教育に平等にアクセスできるようにする必要があります。

 

I am 17 years old. On January 31th, my grandfather sent me to another village to attend his brothers’ funeral. Actually, this was a lie, instead he had organized a forced marriage for me. I was brought to the home of the man I had never met before and whom I was supposed to marry. What I feared most happened in his bed. I was crying day and night. I did not know him, did not want a husband, did not want him. What I wanted was to go back to school. On February 19th, I managed to escape. I went straight to the gendarmerie. The gendarmes referred me to the local social affairs office who have organized protection for me.

Françoise*, 17 years old

 

私は17歳です。1月31日、祖父は兄弟の葬式に出席するために私を別の村に送りました。実際は、これは嘘でした。彼は私のために強制結婚を計画していました。 私は今まで会ったことのない、結婚することになっていた男の家に連れて行かれました。私が最も恐れていたことは彼のベッドで起こりました。私は昼も夜も泣いていました。私は彼を知りませんでした、夫を望んでいませんでした、彼を望んでいませんでした。私が望んでいたのは学校に戻ることでした。2月19日、なんとか逃げ出しました。 私は憲兵隊に直行しました。憲兵は私を地元の社会問題事務所に紹介し、私は保護されました。
フランソワーズ*、17歳

 

Francoise's case is not an isolated one in Burkina Faso. In fact, according to recent reports in Burkina Faso, 52% of girls are married before their 18th birthday and 10% are married before the age of 15. According to UNICEF, Burkina Faso has the fifth-highest rate of child marriage in the world. Other girls reported about school-related gender-based violence as a daily challenge. They are exposed to physical, psychological, and sexual violence and harassment by men on their way to school and at school by their male peers and even teachers.

 

フランソワーズのケースはブルキナファソのみで起こるものではありません。 事実、ブルキナファソの最近の報告によると、少女の52%は18歳の誕生日前に結婚し、10%は15歳未満で結婚しています。ユニセフによると、ブルキナファソの児童婚率は世界で5番目に高いです。学校関係のジェンダーに基づく暴力を日常の課題として報告した女の子もいます。彼女達は、学校に行く途中、男性による身体的、心理的、性的暴力や嫌がらせを受け、男子同級生や、更には教師による嫌がらせにもさらされています。

 

Source: UNICEF

 

Challenge

 

課題

 

Because of poverty, many African girls do not go to or finish primary school. According to UNICEF statistics, among youths 15-24 years old in Burkina Faso, the literacy rate for males is 70.5% and that of females is 52.1%. Early marriage also hinders girls from pursuing an education and gaining self-sufficiency/independence. A preference for boys' education remains dominant in many circles - with boys getting priority access to limited opportunities. This places girls at a huge disadvantage.

 

貧困のため、多くのアフリカの女の子は小学校に通ったり、小学校を卒業したりできません。ユニセフの統計によると、ブルキナファソの15〜24歳の若者の識字率は、男性が70.5%、女性が52.1%です。 早婚はまた、少女が教育を追求し、自給自足/自立を得るのを妨げます。 多くの社会では、男子教育の優先が依然として支配的であり、男の子は限られた機会に優先的にアクセスできます。これは女の子を大きな不利益にさらします。

 

 

Literacy rate, youth female (% of females ages 15-24) - Burkina Faso

Literacy rate, youth male (% of males ages 15-24) - Burkina Faso

 

Solution

 

解決策

 

This project helps girls stay in school and continue their education. Your financial support helps them fulfill their dreams. Together we are empowering girls.

-This support is closing the gender gap so more girls are able to stay in school and graduate. 

-Targeted training is provided to ensure that the girls have the life skills and mindset needed for success and continual progress. 

-Computer training, vocational, and business opportunities ensure progress towards self-sufficiency. 

-Raise awareness in the local communities through theater and sketch

-Make short movies heightening girls’ empowerment and achievements

-Provide domestic scholarships to vulnerable girls to help them continue their studies

 

このプロジェクトによって、女の子が学校にとどまり、教育を継続することができます。あなたの経済的支援で彼女たちが夢を実現することができます。私たちで一緒に女の子に力を与えられます。

・この支援により、男女格差が縮まり、より多くの女の子が学校にとどまり、卒業できるようになります。
・女の子が成功と継続的な進歩に必要なライフスキルとマインドセットを確実に持てるように、対象を絞ったトレーニングが提供されます。
・コンピューター研修、職業、およびビジネス機会で、自立に向けた進歩を確実にします。
・演劇やスケッチを通じて地域社会の意識啓発を行います。
・女子のエンパワーメントと実績を高める短編映画を作ります。
・弱い立場にある少女たちに国内奨学金を提供して、学び続けることを支援します。

 

 

My dreams for girls in Burkina Faso

 

ブルキナファソの女の子達のための私の夢

1. Helping girls overcome health barriers

2. Reducing the time and distance to get to school

3. Making schools more girl-friendly

4. Improving school quality

5. Increasing community engagement

6. Sustaining girls’ education during emergencies

1. 女の子が健康上の障壁を克服するのを助ける
2. 学校に行く時間と距離を減らす
3. 学校をより女の子に優しいものにする
4. 学校の質を向上させる
5. コミュニティの関与を増やす
6. 緊急時における女子教育の維持を実現する

 

Long-Term Impact

 

長期的インパクト

 

This project is helping girls to break out of the vicious cycle that entraps unskilled and resource-poor girls. At-risk girls are maturing into well-educated, emancipated, gainfully employed, and self-sufficient women. These empowered women are the pillars of their families, communities, and the nation. When the mother of the home is educated, the health, well-being, and success of the entire family are propelled forward and transformed. Educated girls educate the entire nation we often say.


このプロジェクトは、女の子を未熟で資源の乏しい状態に閉じ込める悪循環から抜け出すのを助けています。危険にさらされている少女たちが、十分な教育を受け、解放され、有給で雇用され、自立した女性に成長していきます。こうして力を与えられた女性は、家族、コミュニティ、そして国の柱です。母親が教育を受けると、家族全員の健康、幸福、成功が推進され、変革されます。私たちは良く、教育を受けた女の子は国全体を教育すると言います。

 

Our needs to start the project

 

プロジェクト開始に必要なもの

 

- Reconstruction of the school: 2,000,000 yen

- Desktop computers for vocational training (60,000 yen × 30): 1,800,000 yen

 - Annual scholarship for school girls (20,000 yen × 100 girls): 2,000,000 yen 

- Commission for Readyfor: 132,000 yen

 Total: 5,932,000 yen   

*We are first trying to collect a part of the scholarship by Readyfor.

With the scholarship, we can solve girls' financial problems for a year, and during that time, we will raise awareness of the local community and change the awareness of their parents, and lead to a sustainable educational environment thereafter.

 

・学校再建費用:2,000,000円
・職業訓練用デスクトップコンピューター(6万円×30台):1,800,000円
 ・女子生徒の年間奨学金(2万円×100人):2,000,000円 

・Readyfor手数料:132,000円

合計:5,932,000円

※まずは奨学金の一部からReadyforで資金調達しようとしています。

奨学金があれば女の子たちの経済的問題を1年間解決することができ、その間地域社会の意識啓発を行うことで、親たちの意識を変え、その後の持続的な教育環境へと繋げていくことができます。

 

 

 

【プロジェクト終了要項】

オープン完了予定日    2021年12月31日

建築・改修場所    Katriyar, Ouagadougou, Burkina Faso BP: 557 Ouagadougou 09

建築・改修後の用途    Repair the school to make it accessible to students
学校を学生が通える状態に修復する

その他    
・ Scheduled implementation month: December 2021
・ Details: Admission, start class

Of the amount required to execute this project, the difference from the target amount of crowdfunding will be covered by own funds and donations other than crowdfunding. (As of November 21, 2020)
If crowdfunding succeeds but the difference cannot be secured as planned, we plan to reduce the scale. We are considering sending the students to other schools if the school reconstruction fee is insufficient, and reducing the number of students to accept if the scholarship is insufficient (one student can be accepted for every 20,000 yen).

<女子学生の受け入れについて>
・実施予定月:2021年12月
・実施内容:入学、授業開始
・想定している助成先:経済的理由で通学ができない女子生徒を対象とします。
・助成先の決定方法:奨学金を受け取り続けるためには、学校での成績、態度などの条件を設定します。
・適切に助成先を決定できる理由:現地の教育制度についての知識や関与度合いに基づき、生徒の選抜が可能です。

本プロジェクト実行の為に必要な金額のうち、クラウドファンディングの目標金額との差額分に関しては、自己資金、クラウドファンディング以外の寄付金で賄う予定です。(2020年11月21日現在)
クラウドファンディングが成立したにも関わらず、上記計画通り差額分を確保できなかった場合、規模を縮小して実施を予定しております。学校再建費が足りない場合は他の学校に女学生を送ること、奨学金が足りない場合は受け入れ学生人数を減らすことを検討しています(2万円につき1人受け入れ可能)。

プロフィール

東京外国語大学英語科卒。 平日は永田町でM&Aアドバイザリー業務に従事。 学生時代からプログラミングスクールDIVE INTO CODEのアフリカ展開をサポートしており、DIVE INTO CODEのインターン生として来たLompoと知り合う。 本プロジェクトではLompoの夢を叶えるためクラウドファンディングに協力、ページ管理と和訳を担当。

リターン

1,000

Empower African Girls! ¥1,000

Empower African Girls! ¥1,000

プロジェクト実行者であるLompoからの感謝のメッセージをお送りします。(メールにて、齋藤の和訳付)

We will send you a thank you message from Lompo, the project organizer. (by email, with Japanese translation by Saito)

支援者
14人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年2月
このリターンを購入する

3,000

Empower African girls! ¥3,000

Empower African girls! ¥3,000

プロジェクト実行者であるLompoからの感謝のメッセージをお送りします。(メールにて、齋藤の和訳付)

We will send you a thank you message from Lompo, the project organizer. (by email, with Japanese translation by Saito)

支援者
11人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年2月
このリターンを購入する

5,000

Empower African Girls! ¥5,000

Empower African Girls! ¥5,000

プロジェクト実行者であるLompoからの感謝のメッセージをお送りします。(メールにて、齋藤の和訳付)

We will send you a thank you message from Lompo, the project organizer. (by email, with Japanese translation by Saito)

支援者
10人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年2月
このリターンを購入する

5,000

30 Minutes Online MTG

30 Minutes Online MTG

Lompoとの30分のZoom MTGを設定します。
プロジェクトへの理解を深める質問などしながら、自由にディスカッションできる場にしたいと思います。
※日時は調整可能です。

We will set a 30 minutes Zoom meeting with Lompo to freely discuss asking questions to understand the project more.
* Date & time adjustable

支援者
6人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年6月
このリターンを購入する

10,000

Empower African Girls! ¥10,000

Empower African Girls! ¥10,000

プロジェクト実行者であるLompoからの感謝のメッセージをお送りします。(メールにて、齋藤の和訳付)

We will send you a thank you message from Lompo, the project organizer. (by email, with Japanese translation by Saito)

支援者
13人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年2月
このリターンを購入する

10,000

Post Your Name

Post Your Name

支援者様のお名前・団体名を学校ウェブサイトに掲載します。
※掲載時期は変更される可能性があります。予めご了承ください。
※このリターンに関する条件の詳細については、リンク先
 (https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

We will post the name of you or your organization on the website of the school.
* Please note that the posting time is subject to change.
* For more information on the terms and conditions for this return, please see "リターンに関するご留意事項" from here (https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix).

支援者
7人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年6月
このリターンを購入する

10,000

1 Hour Online MTG

1 Hour Online MTG

Lompoとの1時間のZoom MTGを設定します。
プロジェクトへの理解を深める質問などしながら、自由にディスカッションできる場にしたいと思います。
※日時は調整可能です。

We will set an hour Zoom meeting with Lompo to freely discuss asking questions to understand the project more.
* Date & time adjustable

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年6月
このリターンを購入する

20,000

Empower African Girls! ¥20,000

Empower African Girls! ¥20,000

プロジェクト実行者であるLompoからの感謝のメッセージをお送りします。(メールにて、齋藤の和訳付)

We will send you a thank you message from Lompo, the project organizer. (by email, with Japanese translation by Saito)

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年2月
このリターンを購入する

20,000

Video letter

Video letter

女の子からのビデオレターをお送りします。

We will send you a video letter from the girls.

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年6月
このリターンを購入する

50,000

Empower African Girls! ¥50,000

Empower African Girls! ¥50,000

プロジェクト実行者であるLompoからの感謝のメッセージをお送りします。(メールにて、齋藤の和訳付)

We will send you a thank you message from Lompo, the project organizer. (by email, with Japanese translation by Saito)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年2月
このリターンを購入する

50,000

Online MTG & Activity Report

Online MTG & Activity Report

・Lompoと女の子たちとの1時間のZoom MTG
※日時は調整可能です。
・プロジェクト活動レポート(電子媒体)
・支援者様のお名前・団体名を学校ウェブサイトに掲載(掲載許可をいただいた方のみ)
※お名前を入力していただくことで、掲載許可をいただいたとみなします。掲載をご希望でない場合は入力欄に「掲載不要」とご記入ください。

-An hour Zoom meeting with Lompo and the girls
* Date & time adjustable
-Project activity report (electronic medium)
-We will post your name or organization on the website of the school (with your permission)
* By entering your name, we will consider it as permission. If you do not want, please enter "NO".

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年6月
このリターンを購入する

100,000

Empower African Girls! ¥100,000

Empower African Girls! ¥100,000

プロジェクト実行者であるLompoからの感謝のメッセージをお送りします。(メールにて、齋藤の和訳付)

We will send you a thank you message from Lompo, the project organizer. (by email, with Japanese translation by Saito)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年2月
このリターンを購入する

100,000

Online MTG, Activity Report, T-shirts

Online MTG, Activity Report, T-shirts

・Lompoと女の子たちとの1時間のZoom MTG
※日時は調整可能です。
・プロジェクト活動レポート(電子媒体)
・スクールTシャツ
・支援者様のお名前・団体名を学校ウェブサイトに掲載(掲載許可をいただいた方のみ)
※お名前を入力していただくことで、掲載許可をいただいたとみなします。掲載をご希望でない場合は入力欄に「掲載不要」とご記入ください。

-An hour Zoom meeting with Lompo and the girls
*Date & time adjustable
-Project activity report (electronic medium)
-School T-shirts
-We will post your name or organization on the website of the school (with your permission)
* By entering your name, we will consider it as permission. If you do not want, please enter "NO".

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年6月
このリターンを購入する

プロフィール

東京外国語大学英語科卒。 平日は永田町でM&Aアドバイザリー業務に従事。 学生時代からプログラミングスクールDIVE INTO CODEのアフリカ展開をサポートしており、DIVE INTO CODEのインターン生として来たLompoと知り合う。 本プロジェクトではLompoの夢を叶えるためクラウドファンディングに協力、ページ管理と和訳を担当。

あなたにおすすめのプロジェクト

NEXT GOAL挑戦中

小豆島の子ども・若者支援の一つとして、「移動」を支えたい!

岡 広美岡 広美

#医療・福祉

100%
現在
1,006,000円
支援者
79人
残り
25日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする