ご無沙汰しております!援農キャラバン主宰の牛飼です。

今年も和歌山県海南市下津町でのミカン収穫作業の援農が始まりました。

現在は先発組の5名が現地入りをし、収穫のお手伝いをさせて頂いています。

 

 

最も忙しくなるのは11/15頃からで、キャラバン隊員も16名まで増える予定です。

やっぱり一番嬉しいのは農家さんが「今年も助かるわ~」と喜んでくれていることです。

農家さんにとっては一年間大切に育ててきたミカンを収穫する大切な時期でもあり、一年の収入が決まる緊張感のある時期でもあります。

 

そこに「人手」の不安を抱えていては普段の仕事も手につきません。

「援農キャラバン」は団体で援農することにより、来年も再来年も安定的にお手伝いさせて頂き、「人手」に対する不安を軽減することで、作物の世話や前向きな農業計画を立てるお役に立てたらと考えています。

もっともっと「援農」という文化が広がり、農家さんの人手不足が解消されていくといいですね。

 

「援農キャラバン」は農家さんの農繁期の人手不足を解消するとともに

「援農」という言葉を広げていくために頑張ります!

 

今後ともご支援、ご協力を頂きますよう、よろしくお願い致します!

 

一般社団法人Vコミュニティ

牛飼勇太

 

新着情報一覧へ