従来モデルではArduinoをベースとし、その上に自社基板を重ねることでレーザー加工機を動かしていましたが、 この新型基板では自社開発の一体型となり、CPUの処理速度も大幅に向上しました。

 

 

 

細かい話をすれば新型の一体型基板によるメリットは様々あります(例えば生産における歩留まり率の改善など、、)が、 ユーザーの皆様にとって一番のメリットはラスター加工(画像データをもとに一行ずつ刻印するような加工)において、これまでよりも速く・キレイに加工できるようになることです!

 

例えば、このヒョウの写真を木材板に刻印したもの。 これまでの旧基板ではこの鮮明さで刻印するにはレーザーヘッドのスピードを500mm/min程度のかなり低速で加工する必要がありました

 

 

 

より速いスピード(例えば2,000mm/min)でやろうとすると、基板の処理スピードが追い付かず、以下のように図柄が荒れてしまっていました

 

 

 

しかし、この新型基板では、、、!

 

 

 

2,000mm/min比較的速いスピードでも一定の鮮明さを実現することができるようになります。

 

(「2,000mm/minのスピードで新旧基板で刻印」)

 

「旧型基板」と「新型基板」の比較動画を御覧ください。

 

 

 

本プロジェクトは、当初の予想を上回る大反響を頂いたこともあり、7月中の発送を実現するためには少しの時間も無駄にできない、正直申し上げてギリギリの状況が続いていますが、この新型基板を搭載したFABOOL Laser Miniを皆様の手元に1日でも早くお届けできるように、引き続き気を引き締めて生産等進めてまいります!

 

今後ともご支援のほどよろしくお願いします。

 

新着情報一覧へ