まさぴさん、応援ありがとうございます、春が来たみたいで、うれしいです。
きょうは、第9期の説明会にタイムトラベル。
振付ラボのプレゼンテーションは、蓄光派の百さんが行いました。
 
9期ファイナルを山のぼりにたとえて説明しています。
写真は、その時の百さんの熱さでくもっています。
のぼり方はいろいろ、そのときどきにひろがる景色をながめながら頂上をめざす。
しかし、頂上ってなんなんでしょう。
体力もペースもみんなちがうスクール生、今はどのあたりまで来ているのか・・・
 
スクールに、多くの人が参加するようになって、スタッフの仕事量も増えました。
チーフディレクター風姫のサブとして、フォローを担当してきました。
無理難題を言っても、「いいですよ~」
仕事の先を読み、足りないところを補ってくれた。
ファイナルは肩の荷をおろし、コーディネーターとしてラボる。
3期が終了した時にフォーラムを開催したことがあります。
スタッフが多いに苦労したことを語りました。
光がさすと影ができる、実際にやってみて知ることは貴重です。
 
蓄光派は、萩原りぼんさん、石井トミイさん、百さんの3人。
時にじっとしてエネルギーをためる、そういう時の横顔はなかなかいい。