プロジェクト概要

 

 

 

2度挑戦をするも、どちらも1回戦で涙をのんできた。

 

「挑戦するからこそ笑顔になれる」を

今年こそこのメンバーで。

 

 

 

 

 

地域と共に「叶える」JFL昇格
挑戦するから笑顔になれる!

 

はじめまして。小倉隆史です。これまでプロサッカー選手として14年間プレーし、引退後は解説やタレント業をした後、JリーグクラブのGM兼監督を経験してきました。

 

そんな中で、前理事長であり現クラブアドバイザーの中田(現J2京都サンガFC監督)が、「世界に通じ、子ども達が夢見る、地域に溶け込むクラブ」という、地元三重に素晴らしい理念とビジョンを持ったクラブ創りをしていることに共感しました。その後、自分自身も関与したいという思いで家族と共に三重に移り住み、腰を据えてクラブ創りに取り組んでいます。

 

現在は理事長としてクラブ運営や地域との関わりを深めながら、ヘッドコーチとして現場にも立っています。

 

FC.ISE-SHIMAは、2012年に地域活性化の象徴として設立されてから、「2022年までに、三重県・中南部地域からJリーグ入り」を目指し、多くの挑戦を重ねてきました。

 

今年こそ、サポーターの皆さまと共に、想いを力に変え、アマチュアチームの最高峰となるJFL参入を実現したいと思っています。今回はそのための第一歩として全国社会人サッカー選手権大会で優勝を目指します。

 

一人でも多くのファンサポーターと挑みたい。チームの本気の思いに、一人でも多くお力を貸していただけますと幸いです。

 

 

 

FC.ISE-SHIMAとは

 

私たちは、三重県中南部地域6市10町(伊勢市、志摩市、鳥羽市、松阪市、尾鷲市、熊野市、大台町、大紀町、多気町、玉城町、南伊勢町、明和町、度会町、紀宝町、紀北町、御浜町)を本拠地とする社会人サッカークラブです。現在、Jリーグ加盟を目指し活動しています。

 

2012年志摩市商工会が地域活性化の具体案を協議する「志摩経済サミット」にて、前理事長であり現クラブアドバイザーである中田一三氏(現J2・京都サンガFC監督)がスポーツと自然環境を生かす町づくりを提案し、多くの方の賛同を得てFC.ISE-SHIMAを立ち上げ地域活性化の象徴として位置付けることになりました。

 

「2022年までに、三重県・中南部地域からJリーグ入り」を目指す社会人サッカークラブとして「スポーツを通じて三重県・中南部地域に夢と感動を創出し人づくり・まちづくり・自然に貢献する」を理念として活動をしています。

 

2018シーズンホーム最終節後

 

 

JFL昇格をかけた戦い!
全国社会人サッカー選手権大会
出場決定

 

全国社会人サッカー選手権大会は、全国5,000チームの中から予選を勝ち上がった32チームによるトーナメント戦で実施されます。最長で5日間の連戦となり、3位以内に入賞することができれば、JFL参入戦である「地域チャンピオンズリーグ」に出場することができます。

 

 

この「全国社会人サッカー選手権」には、過去2度本大会に出場するも、どちらも1回戦負けの悔しい思いをしています。

 

アマチュアクラブである私たちがこの大会で優勝し、JFL参入戦の出場権を獲得するためには、試合をする上での選手の環境向上(移動手段、滞在期間、栄養補助、メディカルサポートスタッフなど)が非常に重要になります。

 

5連戦というサッカー界では非常に珍しい大会形式のため、チームマネジメントが勝敗に直結します。

 

移動手段や滞在期間などは選手のコンディションを向上させ、試合でベストなパフォーマンスを発揮することに繋がります。また、栄養補助やメディカルサポートスタッフ配置は、5連戦という非常に過酷な大会においてコンディション回復やケガの予防に非常に効果を発揮します。

 

環境を向上させ、目標である優勝や試合結果に直結する本プロジェクトにご支援いただくことで、皆さまと共に戦い、共に目標を「叶える」ことに繋げていきます。

 

ぜひ皆さまと共に、地域の夢を叶える熱い戦いに臨みたいと思っています。

 

■大会詳細

・大会名:全国社会人サッカー選手権大会

・大会日程:2019年10月11日(金)〜10月16日(水)

・大会方式:32チームによるノックアウト方式(勝ち抜き戦)

 

2019シーズンホーム開幕戦ゴール後

 

 

祈願のJFL昇格を叶える

 

本プロジェクトが成功することができれば、JFL参入への一歩に繋がるでと信じています。

 

現在、ホームゲーム時には1,000名を超えるサポーターの来場をいただき、非常に多くの方のご支援がいただけるクラブになりました。

 

JFLに昇格することで、さらにレベルの高く、熱い戦いが地元の皆さまの感動や日常の活力になり、また多くの子ども達に夢を与えることが出来ます。クラブと共に地元の子ども達は世界を目指し、地域になくてはならない生活の一部にクラブが存在する。そんな未来を我々は今本気で叶えるため挑戦しています。


このクラウドファンディングへの挑戦はそのための第一歩となります。どうか背中を押していただき、一緒に未来への一歩を踏み出したいと思っています。

 

どうか、ご支援・拡散のご協力をよろしくお願いいたします。

 

■チーム実績

2012年

三重県リーグ2部からスタート

2013年

三重県リーグ2部にて優勝

2014年

三重県リーグ1部へ昇格

2014年

三重県リーグ1部にて2位

2014年

東海社会人サッカートーナメント大会で勝利

2015年

東海社会人サッカーリーグ2部に昇格

2015年

東海社会人サッカーリーグ2部にて2位

2016年

東海社会人サッカーリーグ1部に昇格

 

 

 

メンバー紹介-大会に向けた意気込み-

 

■金守監督

はじめまして、監督の金守智哉です。私はプロサッカー選手として10年間プレーし一度は引退したものの、前理事長 中田の熱い想いとビジョンに共感し、地元伊勢で現役復帰し2年間選手としてプレーしました。

 

2017年に引退した後は当時監督を務めていた前理事長 中田に代わり監督に就任し、選手と同様、仕事をしながらサッカーに取り組んでいます。

 

プロサッカー選手として目にしてきた光景と賑わいを地元に創り、地域の子供達が夢や目標を持って成長することができる場所を創りたいと考えております。

 

Jリーグ参入を目指し、本年のJFL昇格を必ずや実現する為、皆さまの熱い応援と温かいご支援の程、宜しくお願い致します。

 

■真野キャプテン

初めまして、キャプテンの真野直紀です。
 

日頃からパートナー企業の皆さま、サポーターの皆さまのご支援とご声援、本当に感謝しております。今年もチーム一丸となり、「JFL昇格」に向けて闘っております。
 

この度、10月に行われる全国社会人サッカー大会出場の切符を厳しい予選を勝ち抜いて手にすることができました。どのような試合でも皆さまの想いや声は僕達に届いており、それを背負って闘える幸せな環境でサッカーができていると思います。

もちろん切符を手にして満足している選手は1人もいません。全員がこの大会、リーグ戦、そしてその先も全て勝ち獲る強い気持ちを持っています。

 

今回クラウドファンディングという形で、少しでも皆さまのお力を貸して頂けたらと思います。魂込めて闘いますので、熱いご支援を宜しくお願い致します!!

 


本プロジェクトのリターンのうち、【お名前掲載】に関するリターンの条件詳細については、リンク先(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)