プロジェクト概要

まちなかデジタルサイネージ「ドンドビジョン」
パブリックビューイングでFC今治を応援しよう!

 

ページをご覧いただきありがとうございます。FC今治パブリックビューイング運営委員会です。

 

私たちは、今治市の中心市街地、大丸デパート跡地の「ドンドビ交差点」に設置された293型の大画面ビジョンで、FC今治のパブリックビューイングを2018年9月からお届けしています。

 

 

昨年は、ホーム戦以外の年間4試合でパブリックビューイングを実施し、誰でもいつでも気軽に応援していただけるよう「入場無料」とし、子どもからご高齢の方まで大勢の方に楽しんでいただけました。

 

 

今年こそJ3の舞台へ。

 

FC今治は、現在JFLに所属しており、今年こそJ3昇格を目指しています。

 

今季は、元日本代表の駒野友一選手、橋本英郎選手を始めとする新戦力の入団があり、さらなるチームの成長に注目が集まっています。

 

そこで、今年は、次の舞台へ上がるために一戦一戦を一丸となって応援できるように「アウェー戦、全戦パブリックビューイング」をしたいと思い、FC今治にも協力いただきながら、今回クラウドファンディングを実施いたします!

 

アウェー戦で直接敵地へ応援に行けないみんなの声援を集めて。

今治で誕生したチームを、J3という舞台へ。

 

私たちと一緒に応援しましょう!#行くぞJ

ご支援、応援のほどよろしくお願いいたします。

 

昨年のパブリックビューイングの様子​​​

 

昨年のパブリックビューイングの取り組み

 

FC今治は、クラブビジョンとして、「2025年にはJ1で常時優勝争いをするチームとなり、ACLで優勝を目指す。」を掲げています。


有形無形の恩恵を今治にもたらしてくれるFC今治ですが、チームが今治に根付くまでには、色んなご苦労もあったそうです。しかし、今では「今治の力!」「今治の宝!」として、多くの市民が元気や勇気をもらっています。

 

パブリックビューイングが始まったきっかけ。

 

2018年7月、このドンドビジョンのお披露目式のスピーチでの出来事でした。

 

当初予定されていたドンドビジョンのこけら落としは、台風で中止になり、そのイベントとして予定されていたFC今治パブリックビューイングも一旦は中止になりましたが、その後雨も止み、急遽お披露目式だけ開催される事になりました。

 

そのお披露目式で主催者の社長とFC今治の岡田オーナーがスピーチされたのですが、その中でオーナーが「またパブリックビューイングしてくださいよ」と言った雑談から始まりました。

 

我々、運営チームはこけら落としとパブリックビューイングが中止になった事で意気消沈していたのですが、そのオーナーの発言により開催への道が開け、喜びの声をあげる事になりました。

 

2018年10月21日ダイジェスト

 

 

パブリックビューイングで今治を盛り上げたい。

 

実際にパブリックビューイングで試合観戦したサポーターの方からは、「こんな大画面でのパブリックビューイングが開催されるとは夢にもおもわなかった!」と喜びのメッセージをいただきました。皆さん、またパブリックビューイングに来たいと言う方ばかりでした。

 

 

FC今治が誕生したことで、今治でサッカー選手を夢見る子どもたちが増えています。また、シルバー層の方からは「サッカーの面白さを始めて知った」、「観戦に行くという楽しみが増えた」、「今や生きがいになっている」という声がたくさん聞かれます。

 

今までサッカーにあまり関心がなかった人も大画面でチームを応援する事でサポーター、今治市民の一体感が生まれていくのではと思っています。また、今治の中心市街地にある芝っち広場がパブリックビューイングで盛り上がることは、今治市の活性化にもなると考えています。

 

スポーツリズムを通じたまちづくりが全国各地で進められていますが、私たちはこのアウェイ戦のパブリックビューイングで「するスポーツ」だけでなく、「みるスポーツ」「ささえるスポーツ」の醍醐味を世代を超えて伝えていきたいと思っています。

 

3/17(日)13時アウェー開幕戦キックオフ
サポーターの応援をひとつに。

 

2018年は、惜しくもJ3昇格を逃してしまいましたが、我々運営チームも皆でJ3に上がるんだ!と言う思いでパブリックビューイング開催に向けて準備をしてきました。

 

そして、来たる3月17日(日)。

2019シーズン 第1節。

新たなチームでの今シーズンアウェイ開幕戦がキックオフとなります。

 

 

基本スケジュール

 

 

これからもパブリックビューイングを続けたい!


FC今治のパブリックビューイングでは、FC今治のグッズ販売や地元のB級グルメ屋台なども出店され、お祭りのような賑いのなかサポーターの方たちが熱い思いを選手たちに届けています。


サポーターだけでなく家族や仲間の絆を深める場としても親しまれ、今治にこれまでなかった新しい風景を創りあげています。

 

こうした一体感を醸成し、サッカーを通したまちづくりを応援していきたいと、これまで企業努力で入場無料を貫いてきました。しかし、アウェイ戦のネット回線料や現地での撮影費などを鑑みると継続が困難な状態がやってきます。

 

そこで、FC今治にご協力をいただきこのクラウドファンディングを実施することになりました。

 

1つ1つの小さな想いが大きな応援となってFC今治の力になると信じています。


今治の宝であり、まちづくりを支え続けてくれるFC今治。アウェイで戦う彼らをパブリックビューイングで応援するために、ご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

 

▪︎FC今治の選手からメッセージ

 


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)