プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

世界"No.1"の発酵都市を実現させたい

 

 

私たち(代表:京野健幸、共同代表本村拓人)は秋田県湯沢市を中心に地域の再生を目的とした株式会社reblue(リブル)を経営マネジメントしています。リブルはre:brew(=再醸造)をコンセプトに、住宅や建築などの遊休不動産、老舗企業の商品やサービス、そして古くからその地域に受け継がれてきた風習や伝統を巧みに活かしながら、その地域の個性を引き立て醸す、そんな活動を続けています。

 

発酵。それが、活動の舞台となる湯沢市の強烈な個性の一つです。このイベントの目的は、この発酵を核として新たな産業を創出すること。そして、イベントを通じて関わった多くの人が、Fermentators(個性を醸す人)として発酵都市・湯沢の地域づくりに関わり始めることにあります。

 

 

 

発酵人口を増殖させる「Fermentators Week」

 

私たちが手掛けるのは、名付けて「Fermentators Week(以降、FW)」。じっくりと発酵というテーマに触れていくために、2018年11月3日から11日、1週間以上に渡り開催します。「FW」では「呑む、遊ぶ、食す、学ぶ、巡る、聴く、買う」の7つのテーマで、発酵を五感で深掘りできるコンテンツとして展開していきます。

 

 

“呑む” SAKE

5年目を迎える「JOZOまにあくす」がセレクトする秋田・東北中心の流通限定の日本酒やこだわりの国産ワイン、地元羽後麦酒の樽生ビール、日本酒や甘酒を使ったオリジナルカクテルなど、100種を超える「マニア」なお酒をご用意。

 

“遊ぶ” WORKSHOP

神秘的なプロセスである発酵という現象を、アートと工作を通じて可視化していくアミューズメントを設けます。小さなお子様から好奇心を忘れかけた大人まで、ときにはアーティストと共に、無垢な気持ちで発酵の正体をつかんでいきます。

 

“食す” FOOD

11/3からは毎晩、人数限定の"発酵人晩餐会"が繰り広げられます。湯沢市を中心とした各地域ならではの食材や調味料、秘伝のレシピを使ってシェフが調理した美食を、ペアリングした美酒とともに食します。

 

“学ぶ” CONFERRENCE

秋田はもちろん、東北6県から選りすぐりの発酵人と共に、発酵の未来とクリエイティブ産業としての発酵の可能性を探究します。海外からもスペシャルゲストを誘致し、最先端の発酵の現場における実験と実践に迫ります。なお、会場は、日本のモダニズム建築を牽引した白井晟一氏の数少ない建築の一つでもある湯沢酒造会館を一般公開して利用します。

 

“巡る” TOUR

湯沢市周辺を、“発酵”をテーマにしたツーリズムで巡ります。11/9 には、岩崎 地域のご家庭を舞台に、代々秘伝のお手製発酵料理と地酒を堪能しながら、 地域に流れる発酵の歴史を深める食べ歩き・飲み歩きの機会もご用意。

 

“聴く” MUSIC

11/9、20 時よりメイン会場となる秋田銘醸 旧岩崎蔵にて「発酵 x 音楽」を 題材に、東北各地の鼓動に浸るナイトイベントを開催。現在湯沢でTRA」を主宰する兼子洋平氏がプロデュースを担当。

 

“買う” SHOP

秋田・東北の発酵グッズやコラボ商品、アート作品などを一挙に公開します。湯沢市近郊の農業生産者達が丹精込めて栽培された野菜の漬物やいぶりがっこ、稲庭うどん、発酵アイスなど、屋台と共に魅せ場を作ってお待ちしております。

 

——— そしてあなたは発酵の虜となる。

 

 

発酵都市として世界に記憶される湯沢へ

 

 

個性的地域は一夜にしてならず。「FW」がどんなに素晴らしいイベントになったとしても、また、この機会から新たな事業が生まれたとしても、継続性なしには地域にとっては価値あるきっかけになりませんし、より際立った個性には当然なり得ません。

 

これまでの経験からも、一過的な催しでは地域外の訪問者はおろか、地域内の共感やサポートも得られることはできません。

 

11月3日からはじまる「FW」は、最終的に、企画・運営・実施という三段階のプロセス自体を、”発酵都市”という切り口を世界に発信するまちづくり・個性づくりの根幹を成す活動へと昇華させていきたい、そう考えています。

 

個性のない地域は、いつか消えゆく運命にあります。逆に言えば、個性が発揮される地域には、世界中から人や情報が集まり得るということでもあります。

 

発酵は湯沢の個性であると同時に、発酵というプロセスには、湯沢がより個性を醸していくための多くのインスピレーションがあるはずです。このイベントを通じて、関係者一人一人の個性と想像力が持続的に醸成されていくことが、地域が生き長らえることにつながると考えます。

 

 

 

私たちの想い

 

最後に、私たち(リブル)が、なぜそこまでの想いを持っているのかをお伝えします。

 

代表である京野は、婿養子として酒造所や味噌醤油醸造が山積する湯沢へ7年前に移住、県南屈指のホテルの運営に携わる傍ら、地域のお祭りやその他の行事にも積極的に関わっています。5年前からは「JOZOまにあくす」と名付けた、日本のお酒の深みと旨みを提案するイベントを代表として支えています。

 

共同代表である本村は、小規模な地域開発を専門に計画・実行するプロジェクトを中国、インド、東北地域にて展開、小規模でありながらも地域の創造性を圧倒的に引き上げる”クリエイティブ・ワン・ブロック”(=創造区)の企画・設計・運営を専門としています。

 

2017年3月よりヤマモ味噌醤油醸造元/高茂合同合名会社7代目・高橋泰氏と共に発酵を切り口としたインバウンド(観光ツーリズムの開発)を進めています。2018年3月には旧醸造試験所第一工場(東京王子)で開催されたF3(Fermentation Future Forum)にて、日本が誇る発酵業界の先駆者と共に複数の分科会にファシリテーターとして参画しています。

 

7年間湯沢市でホテルや宿泊業を営んできた京野と120カ国以上を渡り歩きながら国内外の地域づくりに勤しんできた本村。この2人の経験が行きついた一つの結論があります。「どんな地域であっても、個性を十二分に強調させることで遠方からの旅行者や移住者を集めることができる。そして、その中核を担うのは、その地域の顔となる”個人”の他にありえない」つまり、地域資産とは人であり、それ以上でも以下でもないのです。

 

だからこそ、私たちは一人一人の個性を醸し、独自のビジョンや夢を語り、前向きに思考をすることで特色ある地域が生まれていくことに貢献したい。そして、発酵というその地域にあった素材と味を追求することが、ひいては日々の生活の鮮やかさを醸し出すことにつながるはず、そう考えています。

 

 

 

イベントスケジュール

 

■World Fermentators Summit/ 世界発酵人会議(湯沢酒造会館にて)


東北選りすぐりの発酵人と共に、発酵の未来とクリエイティブ産業としての可能性を探究するカンファレンスです。海外からもスペシャルゲストを誘致し、最先端の発酵の現場における実験と実践に迫ります!
11月3日 10:00-17:00
11月4日 10:00-17:00


*前売チケット:READYFORリターン限定先行受付中

 


■Fermentators Dinner/ 発酵人晩餐会


湯沢市内各地や近隣市町村を巡り、各地域ならではの観光資源や食文化に触れながら、発酵ソムリエが選ぶ美酒を交えて東北の有名シェフと共に食す晩餐会です!


11月3日 17:30〜19:30 ‘発酵×日本酒×セリ’(湯沢酒造会館近隣にて)
11月4日 14:00〜20:00 ‘発酵×チーズ×ビール’(雄勝郡羽後町地域にて)
11月5日 14:00〜20:00 ‘発酵×アウトドア×温泉’(湯沢市皆瀬地域にて)
11月6日 14:00〜20:00 ‘発酵×川連漆器×稲庭うどん’(湯沢市稲川地域にて)
11月7日 11:00〜20:00 ‘発酵×麹×女性’(横手市十文字・増田地域にて)
11月8日 14:00〜20:00 ‘発酵×いぶりがっこ×イタリアン’(湯沢市雄勝地域にて)
11月9日 11:00〜20:00 ‘発酵×郷土料理×味噌醤油’(湯沢市岩崎地域にて)


*前売チケット(地域に根ざした体験+ディナー):READYFORリターン限定先行受付中

 


■Fermentators Reception(秋田銘醸株式会社旧岩崎蔵にて)


メイン会場のお披露目となるレセプションパーティーののち、「発酵 x 音楽」を題材に東北各地の鼓動に浸るナイトイベントを開催!


11月9日 18:00〜19:30 レセプションパーティー ※招待制

11月9日 20:00〜     ‘発酵×音楽’ Fermen Music Night ※前売チケット10/1販売開始予定

 


■Fermentators Festival/ 発酵人感謝祭(秋田銘醸株式会社旧岩崎蔵にて)

 

発酵を食べて、呑んで、体験するお祭りのような2日間です。お酒は、今年5年目を迎える「JOZOまにあくす」がセレクトする秋田・東北の流通限定酒を中心とした日本酒やこだわりの国産ワイン、地元羽後麦酒の樽生ビール、日本酒や甘酒を使ったオリジナルカクテル・ノンアルコールカクテルなど、100種を超える「マニア」なお酒をお楽しみいただけます。さらに、発酵にまつわるワークショップイベントがあったり、発酵フードや発酵グッズ等のお店も勢ぞろい!


11月10日 12:00〜20:00
11月11日 12:00〜18:00


*前売りチケット(イベントオリジナルグラス+日本酒8杯相当の引換券付き):READYFORリターン限定先行受付中

<出品予定日本酒銘柄>
田酒・陸奥八仙・赤武・南部美人・一白水成・山本・ゆきの美人・新政・春霞・千代緑・阿櫻・まんさくの花・爛漫・福小町・両関・小野こまち・楯の川・山形正宗・十四代・上喜元・くどき上手・秀鳳・日輪田・伯楽星・阿部勘・山和・飛露喜・ロ万・冩楽・一歩己・廣戸川・黒龍・作・義侠・澤屋まつもと・雨後の月・醸し人九平次・手取川・笑四季・磯自慢・悦凱陣・風の森・東洋美人・金雀・加茂金秀・田中六五・七田・鳳凰美田・出雲富士 etc...

 

 

会場について  

 

本イベントでは、歴史的・文化的に価値がありながらも、現在は使用されていないような施設や場所を中心に会場として活用し、本イベントを通してそういった資源を「発酵」させていきます。

 

■カンファレンス会場:湯沢酒造会館

1959年、地元の酒蔵が共同で出資し建てられた建物。湯沢市にゆかりのある建築家であり、日本のモダニズム建築を牽引した白井晟一氏の数少ない作品の一つ。

 

■メイン会場:秋田銘醸株式会社旧岩崎蔵

1889年に創業した「峰廼旭」の酒蔵を秋田銘醸が買い受け、岩崎蔵として日本酒を醸し、各種表彰を受けるとともに1万石の製造能力を誇ってきた。酒造りを終えて約20年が経っているが、当時の酒蔵の様子が色濃く残っている。

 

 

 

資金の使い道について

イベント実施に向けて、皆さまからのご支援は以下の費用の一部に充てさせていただきます。

 

■メイン会場(秋田銘醸株式会社旧岩崎蔵)整備費

・内装工事・装飾費 320万円

■カンファレンス登壇者謝金 50万円

■ミュージックナイト運営費 100万円

■広告宣伝費 100万円

■備品購入費 80万円                    

 

合計650万円

 

 

リターンの種類

 

私たちを応援してくださる皆さまに、17種類のリターンをご用意しております。

 

【参加できない方へ】気軽に応援コース 3,000円

・記録物にお名前掲載(希望者のみ)&お礼のメール

 

【参加できない方へ】おすすめギフトセットで応援 10,000円
・イベントオリジナル日本酒1本
・湯沢市岩崎が誇る味噌醤油2蔵のおすすめ商品セット
・記録物にお名前掲載(希望者のみ)&お礼のメール


【11/10-11に日帰り参加の方へ】Fermentators Festival チケット 5,000円
・11/10-11 Fermentators Festival(発酵人感謝祭)チケット1枚
・記録物にお名前掲載(希望者のみ)&お礼のメール


【11/10-11に日帰り参加の方へ】Fermentators Festivalチケット+おすすめギフトセット 10,000円
・11/10-11 Fermentators Festival(発酵人感謝祭)チケット1枚
・選べるギフトセット(日本酒 or 味噌醤油 or 発酵フード&ドリンク券)
・記録物にお名前掲載(希望者のみ)&お礼のメール


【11/10-11に1名1泊2日でお越しの方へ】Fermentators Festival チケット+ホテル宿泊セット 20,000円
・11/10-11 Fermentators Festival(発酵人感謝祭)チケット1枚
・11/10 湯沢ロイヤルホテル1名宿泊(シングル朝食&送迎付き)

・記録物にお名前掲載(希望者のみ)&お礼のメール


【※女性限定※11/10-11に1泊2日でお越しの方へ】Fermentators Festival チケット+発酵ホステル宿泊セット 20,000円
・11/10-11 Fermentators Festival(発酵人感謝祭)チケット1枚
・11/10 Hostel & Bar CAMOSIBA 1名宿泊(ドミトリー/朝食付き)
・選べるギフトセット(日本酒 or 味噌醤油 or 発酵フード&ドリンク券)

・記録物にお名前掲載(希望者のみ)&お礼のメール


【11/10-11に2名1泊2日でお越しの方へ】Fermentators Festival チケット+ホテル宿泊セット 30,000円
・11/10-11 Fermentators Festival(発酵人感謝祭)チケット2枚
・11/10 湯沢ロイヤルホテル2名宿泊(ツイン朝食&送迎付き)
・記録物にお名前掲載(希望者のみ)&お礼のメール

 

【11/10-11に1泊2日で温泉も楽しみたい方へ】Fermentators Festival チケット+温泉宿泊セット 30,000円
・11/10-11 Fermentators Festival(発酵人感謝祭)チケット1枚
・11/10 湯の宿元湯くらぶ1名宿泊(和室朝食&送迎付き)

・記録物にお名前掲載(希望者のみ)&お礼のメール

 

【出店したい方へ】11/10-11 Fermentators Festival ブース出店コース 30,000円
・11/10-11 Fermentators Festival メイン会場でのブース出店
・Fermentators Festival(発酵人感謝祭)チケット2枚

・記録物にお名前掲載(希望者のみ)&お礼のメール

 

【出店したい方へ】11/10-11 Fermentators Festival ブース出店+11/9レセプションパーティーご招待セット 50,000円
・11/10-11 Fermentators Festival メイン会場でのブース出店
・11/10-11 Fermentators Festival(発酵人感謝祭)チケット2枚
・11/9 Fermentators Reception(発酵人レセプションパーティー)2名様ご招待

・記録物にお名前掲載(希望者のみ)&お礼のメール


【READYFOR支援者限定】11/9 Fermentators Receptionご招待+11/9 ホテル宿泊+11/10 Fermentators Festival チケットセット 30,000円

・11/9 Fermentators Reception(発酵人レセプションパーティー)1名様ご招待
・11/9 湯沢ロイヤルホテル1名宿泊(シングル朝食&送迎付き)

・11/10 Fermentators Festival(発酵人感謝祭)チケット1枚

・記録物にお名前掲載(希望者のみ)&お礼のメール


【READYFOR支援者&女性限定】11/9 Fermentators Receptionご招待+11/9 発酵ホステル宿泊+11/10 Fermentators Festival チケットセット 30,000円
・11/9 Fermentators Reception(発酵人レセプションパーティー)1名様ご招待
・11/9 Hostel & Bar CAMOSIBA 1名宿泊(ドミトリー/朝食付き)
・11/10 Fermentators Festival(発酵人感謝祭)チケット1枚
・選べるギフトセット(日本酒 or 味噌醤油 or 発酵フード&ドリンク券)
・記録物にお名前掲載(希望者のみ)&お礼のメール


【READYFOR支援者限定】11/9 Fermentators Receptionご招待+11/9 温泉宿泊+11/10 Fermentators Festival チケットセット 50,000円
・11/9 Fermentators Reception(発酵人レセプションパーティー)1名様ご招待

・11/9 湯の宿元湯くらぶ1名宿泊(和室朝食&送迎付き)
・11/10 Fermentators Festival(発酵人感謝祭)チケット1枚

・記録物にお名前掲載(希望者のみ)&お礼のメール

 

Fermentators Dinner / 発酵人晩餐会フリーパスチケット 100,000円  


Fermentators Week全日程フリーパスチケット 200,000円 


【参加できない方へ】発酵人を巡る旅  200,000円

・京野または本村が発酵人を巡る旅をコーディネート、ご案内します。

 

■World Fermentators Summit (世界発酵人会議)に登壇するLaJomon 代表の熊谷太郎さんがセレクトする希少酒2本のギフトセット  20,000円

 

 

※上記はリターンの概要になります。リターンの詳細は別途ご確認ください。

 


最新の新着情報