READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

テニスで日本一を経験した私がカンボジアにテニスコートを作る!

荻原雅斗

荻原雅斗

テニスで日本一を経験した私がカンボジアにテニスコートを作る!

支援総額

25,000

目標金額 1,500,000円

支援者
6人
残り
終了しました
募集は終了しました
2お気に入り登録2人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

2お気に入り登録2人がお気に入りしています
2015年03月02日 11:56

テニスコートの場所確定のための買出し

今日はテニスコート予定地へテニスコートの詳細の場所を確定させるため、場所のくい打ちをしてきました。

写真は出発の朝です。

プレイベン州はプノンペンからおよそ3時間ほどかかる田舎にあるので、朝早くでないといけません。

また今はプレイベン州に行く道の途中で舟に乗り、向こう岸まで渡らないと行けないのも理由の一つです。

この舟が乗れる車の数に制限があるため、待ち時間だけで1時間以上かかることも平気であります。

今回は待ち時間も無くスムーズに舟に乗ることができ、すぐに向こう岸まで渡ることができました。

向こう岸についてすぐ近くの市場(マーケット)へ行って、今回の杭打ちをするための必要な備品を買いました。

今回必要なものは

・100メートルメジャー

・のこぎり(杭を切断するため)

・杭(竹)

・トンカチ

・区画するためのヒモ、ビニールテープ

ここのマーケットではひとまず、トンカチ($2)・のこぎり($1.75)・メジャー($6.25)、紐($4.25)を調達しました。

これだけ揃えてなんとお値段$10ピッタリ。日本で買うとこんな安く済まないのに、物価の安さにびっくりです。

カンボジアのマーケットはいつも人が賑わっており、とても活発な雰囲気です。

今日のマーケットもすごく活気がありました。

次に杭を選ぶために近くの木材屋さんへ。

たくさんの種類の木や竹があり、丈夫さや手軽さを考え、竹の杭を使うことにしました。

竹は一本約2.5mほどあり、価格が一本$1.375。これもとても安いですね。

これを8本買い、すべてを1m間隔で切ってもらい、杭も購入できました。

以上買い物が完了し、これからプレイベンへ向かいます。

一覧に戻る

リターン

3,000

・カンボジアの農村の子どもたちの笑顔の写真
・サンクスレター

支援者
5人
在庫数
制限なし

10,000

3,000円の引換券に加えて
・カンボジア産のクロマーを使用したMade in CambodiaのテーラーブランドSui-Johのコインケース1つ

支援者
1人
在庫数
制限なし

30,000

10,000円の引換券に加えて
・本もしくはテニスコートに名前が入る権利

支援者
0人
在庫数
制限なし

50,000

30,000円の引換券に加えて
・カンボジア産のクロマーを使用したMade in CambodiaのテーラーブランドSui-Johのシャツ1着

支援者
0人
在庫数
制限なし

100,000

50,000円の引換券に加えて
・プレイベン州農村体験ツアー招待
プレイベン州の農村で子どもたちと時間をともに過ごす、通訳付き1泊2日のツアー(プレイベン州までの移動費と宿泊費が含まれる。現地までの旅費・食費などは引換券所持者の負担となります)

支援者
0人
在庫数
制限なし

300,000

50,000円の引換券に加えて
・花井プロによるテニスレッスン
(実施場所はプレイベン州のテニスコートのみで、日本でのレッスンは不可。プレイベン州までの移動費と宿泊費が含まれる。現地までの旅費・食費などは引換券所持者の負担となります)

支援者
0人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする