大変お世話になっております。

Eight Goodという組織の発起人かつ共同代表の井下田 淳です。

さて、まずは、本日を持ちまして目標であった100万円を達成いたしましたことをご報告させていただきます。

 

まさか残り3日の今日中に達成できるとは思っていませんでした。

未だ実感が湧きません。感情のままに文章を書いています。

 

これまで、ご協力してくださった全ての皆さん、本当にありがとうございます。

そして、まだ期間はありますので、引き続きご協力お願い致します。

 

そして、このクラウドファンディングの達成は、僕らの目指す社会の実現にとって、小さな一歩でしかありません。しかし、僕らにとっては大きな一歩となったことは間違いありません。この一歩から助走をつけ、走り出し、そして走り続けられるように1日1日を大切に精進していきます!

 

今日は、このクラウドファンディングという活動を通して得た色々な想いをこの場で綴らせて貰おうと考えています。

 

まず、今回のプロジェクトは、「フードロス」という社会問題の解決に向けて、学生が側を掲げることを一番の目的としていました。

僕らの中でも、このプロジェクトを実現する上での課題はまだまだ多いことは実感しており、改めて社会起業というものの難しさを実感しています。

リターンの内容も考えるととてもパッションベースのプロジェクトであったかなと思っています。改めて、支援をしてくださった人たちには感謝で一杯です。

 

さあ、この後に【「クラウドファンディング」に挑戦してみてわかったこと】を書こうと文章にしていたのですが、これは期間が終わっていない今いうことではないと考え改めたので、今日は無しでお願いします!(申し訳ありません。)

 

少しだけいうと、商売でもクラウドファンディングでもなんでも、お金をいただくという行為は、この資本主義の社会において、とても尊いものであるということを改めて認識しました。

 

皆さんが僕たちに掛けてくれた価値、以上のことをどのような形であれ返したいというのが今の率直な思いです。

 

今だからこそ、ここまで少なくないお金を掛けて育ててくれた両親のありがたみとそのお金を得るためにどれだけの時間を費やしてもらっていたのかということがありありと感じられます。

 

さあ、まだ期間は終わっていません。

最後まで、頑張るとともに、プロジェクトの内容についてもより一層スピード感を持って取り組んでいきます。

 

これからも応援のほど、よろしくお願い致します!!!

 

 

新着情報一覧へ