プロジェクト概要

南相馬市では、東日本大震災の際の原発事故により、居住区の移転を余儀なくされ、地域の人々の繋がりが分断されてしまいました。南相馬の人々が再び集える機会を作り、また以前のように人と人との繋がりを取り戻してほしい。そんな思いで、クリスマスコンサートを開催しています。今回のクラウドファンディングでは、皆様にクリスマスコンサートの開催にご協力いただければと思っております。どうぞよろしくお願い致します!

 

 震災から立ち上がった福島の人々に最高のコンサートを!

 

はじめまして。特定非営利法人オペレーション・ブレッシング・ジャパン(以下、OBJ)広報担当の渡邉と申します。私たちの団体は、アメリカのオペレーション・ブレッシング・インターナショナルを母体とし、世界39カ国において医療扶助・飢餓救済および災害時の救援活動とその復興支援プロジェクトを展開しています。

 

今年7月5日に発生した九州北部豪雨災害に伴い、被災地支援活動を行った際にも、家屋清掃の備品費や、スタッフ・ボランティアベースの維持費などが必要になり、クラウドファンディングを行いました。みなさまのあたたかい支援により、無事達成させることができました。本当にありがとうございました!(前回のクラウドファンディングはこちら

 

今回のクラウドファンディングでは、年に一度12月に行うファミリー・クリスマスコンサートへ、支援活動を通して出会った福島のご家族や子ども達をぜひ招待したいと思っています!未来を創るこどもたち、支える親、その上の世代と家族やコミュニティを応援するイベント彼らに届けるため、みなさまどうかお力をお貸しください!

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
今日本のゴスペル界で最も注目を集めている若手ディレクター中山栄嗣率いる実力派ゴスペルクワイア

 コミュニティが分断された福島。もう一度ひとつになるために

 

東日本大震災以降、私たちは福島で子どもと高齢者を中心とした復興支援活動を続けてきました。

 

OBJは、南相馬市において、原発事故によって分断されたコミュニティを復活させるため、仮設住宅で手芸教室や体操教室を実施したり、「子どもの心のケア」の一環として、月3回のアートセラピー活動を行ったりするなど活動を続けています。

 

南相馬市内の児童クラブにおいて、オリジナル万華鏡作りをしました


県内の除染作業も進み、ここ南相馬市も震災前の7割まで人口が回復しましたが、一度原発事故によって分断されてしまった市民の繋がりは、簡単に修復されるものではありません。仮設住宅では、住民が減って自治会が解散に追い込まれたり、生活再建に踏み出しにくい高齢者が多く取り残されたりする一方で、災害公営住宅では原発事故で避難した世帯が、慣れない地域であらたな人間関係づくりに直面し、いずれもコミュニティの維持が課題となっています。

 

市内の生涯学習センターにて行われた手芸教室

 

南相馬市の子どもを対象にしたアートプログラムに参加したお子様の親御さんからは、

震災をきっかけに知り合いの子ども達が他県へ避難してしまったので、子ども同士で遊ぶ機会が本当に少なくなりました。どうしても遊びたい時には、車で遠い道のりを運転して他県へ行かなければならなかったんです。

でもプログラムを通して、同年代の子ども達と遊べる身近な場所を見つけることができました。また以前のように、放課後子ども達が安心して遊べる環境ができて、本当に助かっています。

というメッセージをいただきました。子どもたちは、震災前まで毎日遊んでいた友達になかなか会えない、と言った状況がまだまだ続いていますが、そんな中なんとか子どもたちが集い、遊べる場所が作れればと思い活動しています。

 

今回このコンサートに招待するのは、支援先の仮設住宅に住んでいる高齢者やそのご家族、また私たちのプログラムに参加してくれている子ども達と保護者です。今までの支援活動の中で出会ってきた方々と一緒に特別な時間を共有し、地元住民同士が交流をすることで、新しい地域の繋がりが生まれ、復興への活力となればと思いこのコンサートを立ち上げました。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
NHKステージイベントで活躍する歌のおねえさんが会場を盛り上げます

 

 福島の皆さんに、特別なクリスマスコンサートで心を癒して欲しい

 

一昨年から開催しているクリスマスイベントですが、今年は定員1,000名、市内大規模施設の大ホールを貸し切った大型クリスマスコンサートとなっております。今回のプロジェクトでは、みなさんからご支援をいただき、開催場所の会場利用費、当日参加者にお渡しするプレゼントを購入させていただきます。

 

震災から6年が経った今、被災地に必要とされているのは人と人が繋がれる場を用意することです。参加される福島の皆さんが一緒になって感動を共有することで、地域とのつながりを肌で感じてもらい、勇気と元気を持ち帰っていただければ幸いです。


しかし、国際NGOの弊団体は、支援者の方々の寄付によって活動を支えられているため、継続的な被災地支援を確実に行っていくためには、皆様からのご協力が必要です。どうか皆様ご支援いただければ幸いです。

 

バルーン世界大会ステージ部門のチャンピオンによる圧巻のパフォーマンスが行われます

 

■ファミリークリスマスコンサートin南相馬

 

日時:2017年12月9日(土)

タイムライン:
開場→16:00
開演→16:30
終演→19:30

 

会場:南相馬市民文化会館ゆめはっと大ホール
定員:1000名
入場料:無料(※整理券の申し込みが必要です。)

 

内容:
第1部は子ども達が楽しめるステージ、第2部では大人も楽しめるステージと2部構成のコンサートです。世界でも活躍するバルーンアーティストなど、本格的なエンターティナーを招きます。第2部のステージでは弊団体の復興支援活動としてスタートした南相馬初の市民ゴスペルクワイアRISE UP(ライズアップ)が登場します。
被災地で市民自ら希望の歌を歌い上げます。

またこのクワイアを応援する目的で、福島いわき市と宮城県仙台市でステージへの参加者を集めるためのゴスペルワークショップを開催し、当日は総勢100名が舞台に登場するフィナーレを演出します!

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
今回のクリスマスコンサートのポスターです

 震災に負けない!特別なひと時を通じて生まれるコミュニティの再生

 

福島県の沿岸部にあるここ南相馬市は、原発事故の影響で市内3つの区のうち福島第一原発に近い小高区の全域と、市の中心部がある原町区の一部に避難指示が出されていました。その避難指示が一部を除いてほとんど解除されたのは、つい昨年のことです。

失われた人間関係と時間を修復していくため、住民の懸命な努力が現在も続いています。私たちオペレーション・ブレッシング・ジャパンもその地域の人々の輪に加わり、このクリスマス・コンサートを通して、住民の方々に未来を生きる元気と希望を届けていきたいと願っております。

 

このクリスマス・コンサートを通して、皆様の温かいお気持ちを届けて頂けたら幸いです。福島をますます明るく、活気あふれたものにするため、皆様是非ご協力をお願いいたします!

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
 

 Ready forの支援だけで受け取れる、当団体オリジナルのノベルティをリターンをお送り致します!

リターン


3,000円:感謝の気持ちを込めたサンクスメール
5,000円:クリスマスイベントの写真を添えたサンクスレター、当団体オリジナルステッカー
10,000:サンクスレター、当団体オリジナルスタッカー、当団体オリジナルクラフトノート
30,000円:サンクスレター、活動報告書にお名前を記載します

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)