READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

【豪雨災害復興】岡山県の農家を応援!ミニタルトプロジェクト

代表取締役 三宅昭士

代表取締役 三宅昭士

【豪雨災害復興】岡山県の農家を応援!ミニタルトプロジェクト
支援総額
25,000

目標 800,000円

支援者
4人
残り
終了しました
募集は終了しました
5お気に入り登録5人がお気に入りしています

5お気に入り登録5人がお気に入りしています

プロジェクト本文

▼ミニタルト専門店 STYLEって何?

 こんにちは!フレッシュタルトのお店STYLEの代表取締役 三宅昭士です。

 STYLEは洋菓子店の中でもオリジナリティを際立たせる岡山県のタルト専門店。タルトの製造販売を行っています。現在2018年10月オープンの問屋町テラスにある新店舗を含む計4店舗を経営しております。

 

直径4.7cmのミニタルトは全国的に見ても珍しいスイーツ!一度に沢山の味を楽しめます。

 

 主力商品ミニタルトは直径4.7cm、搾りたての蒜山ジャージー牛乳を使用したベースクリームに、種類豊富なフルーツを中心とした素材の組み合わせは365通り以上。毎日違った味が楽しめ、岡山ならではの味をアピールしています。

 

 

ジャージークリームを堪能できるように、タルト生地の上に直接たっぷり詰め込んでいます

 

 

 タルトは独自の製法でコーティングをしており、長時間経過してもサクサクとした食感。


 断面図を見てもわかる通り、ジャージークリームをたっぷりと詰め込んでおり、ダマンド生地(アーモンドクリーム)を取り除いているため、沢山食べてもしつこさがありません。

 

 

一つ一つが手作りで、取り扱う種類は365種類以上。店頭では約30種類を並べています。

 

 

▼ミニタルトにこだわる理由

 岡山県は「くだもの王国」として名高く、特に清水白桃、マスカット、ピオーネについては生産量全国一であり(※平成30年1月作成岡山県農林水産部資料(P17ページ参照))、海外でも岡山ブランドとして高く評価されています。

 

 岡山県への県外観光客や外国人観光客が多い中、岡山の素材を伝えられる機会は豊富です。しかしながら、一度に何種類もの特産品であるフルーツを口にしてもらうこと、お土産として持って帰っていただく事は難しいのが現状です。

 

 フルーツは加工品となっているものも多く、生鮮品として取り扱われる事も少なくなってきている現状であり、かつ若い世代を中心にもっとフルーツを身近に感じてもらいたいという想いもあります。

 

 

 ミニタルトであれば、豊富な岡山の美味しいフルーツを、手軽な価格で一度に沢山食べていただく事が可能です。一度に美味しく、たくさん食べられる。同時に、種類豊富なフルーツを味わってもらう事は、まだ広く知られていないフルーツの全国発信に繋がります。こうした理由から、岡山の素敵な素材を届けたいという想いで日々ミニタルト作りに励んでいます。

 現在も岡山産の食材を中心にアイテムを増やしており、隠れた食材も掘り起こしています。

 

 

▼豪雨災害をタルトで復興支援!

 平成30年7月、西日本を中心とした、全国的に広い範囲の集中豪雨により、岡山県でも大きな被害が発生しました。その中で弊社が取引をしている農家様も打撃を受けました。

 

 

 

 河川の氾濫による町の冠水により、平成最悪の水害と呼ばれるこの豪雨で受けた影響は大きく、農家様もぶどうの木が浸かる等被害は大きなものでした。
 そうした被害の中、木自体は浸水しても、ぶどう自体は浸水せず、無傷の状態でした。

 影響が出ないように迅速に出荷したぶどうは、想定している出荷時期よりは早く、かつ一度に出荷状態となったために大量に余ってしまうものとなりました。
 

 

 出来る限り、ぶどうをありのままの姿で皆さんの口元に運びたい。という農家様の想いを汲み、弊社も店頭で農家様のぶどう販売の手助けとなればと、店頭販売協力も行いましたが、水害のイメージもあり思うように売れません。

 

 このままでは農家様が愛情をこめて育てた美味しいぶどうが、消費者の口元に届かぬまま廃棄されてしまいます。「ありのままの形で届けたい」という農家様の想いや、日頃お世話になっている農家様の困った状態をなんとかして解決したい、助けてあげたいという想いが、今回このプロジェクトを立ち上げるキッカケとなります。

ぶどうのミニタルト

 

 本来売れるはずだったぶどうが、被災のため余剰在庫となってしまいました。農家様の想いの詰まった素敵な素材でタルトを作り、クラウドファンディングで全国の支援者様と協力して、岡山の被災農家様を支援していくことが出来ればと思い、推進していきます。

 支援頂いた資金は、製造原価となるぶどう購入費に充て、農家様への還元に致します。

 

▼リターン品について

 被災により余剰在庫となってしまった、農家様の想いの詰まったぶどうを使用してミニタルトを造ります。また、当店の人気商品も一緒に沿えたタルトセットをお送りいたします。ぶどう以外のタルトについて紹介します。

 

 当店一番人気のタルトで、生クリームをたっぷり練り込んだ口どけの良いチョコレートを使用。一口で食べる事により、最初はクリームの味を楽しみ、最後にチョコの風味を楽しむ事が出来るタルトです。
 生チョコを食べたくてもまとまったものを買うしか方法が無かったという今までの常識を覆す商品であり、欲しい数分(1個~)、生チョコを楽しむという味わい方が出来ます。
 

 

 独自製法で作られた果実感たっぷりのベリークリームとカシスとクランベリーの甘酸っぱさが融合した女性に人気のタルトです。

 

 

 岡山県井原市で採れる蜜のあふれ出てくる安納芋と、たっぷりジャージクリームでできたタルトはどこか懐かしく、こころあたたまる味です。

 

 上記3つのタルトと、農家様の想いの詰まったぶどうタルト20個セットにてお送り致します!!

 

 

 

 直径18㎝、5~6人で食べていただける大きなタルトはたくさんのフルーツがのっていてお誕生日やお祝いごとに人気です。支援額が大きいリターンにはこちらのタルトも添えてお送りいたします。

 

 

▼さいごに

 私の生まれ育った岡山県は2018年住みたい都道府県1位(Jタウン研究所調べ)に選ばれました。

 

 温暖な気候の岡山は食材の宝庫で、特にフルーツは特産が多くあります。岡山特産のおいしい食材を多くの方に食べていただくことを願って日々ミニタルトを作っておりますが、豪雨災害により岡山のフルーツも多くの被害を受けた事を知り、少しでも早い復興と安定を目指してこのプロジェクトを立ち上げました。

 

 この度の豪雨災害は多くの被害をもたらしましたが、岡山県民として何か出来る事はないかと考えた次第です。

 

 いち早い復興を目指して、被災地の復興にお力を頂ければと思います。わたくも丹精込めて一つ一つのタルトを作り、お届けしてまります。どうぞよろしくお願い致します。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2019年5月31日までにミニタルト2000個、フルーツタルト40個のタルト作りをしたことをもってプロジェクトを終了とする。
製造開始予定日:2019/04/01
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

もっとみる
プロフィール
代表取締役 三宅昭士
代表取締役 三宅昭士
中学生の頃からものづくりが好きで、大阪の辻製菓専門学校卒業後は、 街のお菓子屋さんに就職しました。岡山へ帰郷後は会社員なども経験し 30代半ば、「誰かの幸せをお手伝いできる仕事」をしたいという想いから、 2015年にお店を設立しました。 「年間365種類以上のバラエティあふれるラインナップ」「たべやすさ」 「かわいらしさ」を特徴に日々新商品の開発に力を入れています。 1999年 辻専門洋菓子学校卒業      大阪府の洋菓子店に勤務、会社員も経験 2015年 個人事業として洋菓子製造販売を開始 2017年 法人化により弊社代表取締役就任

リターン

5,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

ミニタルトセット

 農家応援ミニタルトのぶどうタルト8個に加え、通常当店で取り扱っている商品12個を合わせた、計20個のミニタルトを送付します。

ミニタルト 20個セット内訳
・ぶどう8個
・生チョコ4個
・カシス&クランベリー4個
・蜜芋4個

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年4月

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

ミニタルトセット+フルーツタルト6号

 農家応援ミニタルトのぶどうタルト8個に加え、通常当店で取り扱っている商品12個を合わせた、計20個のミニタルトと、6号サイズのフルーツタルトを送付します。

ミニタルト 20個セット内訳
・ぶどう8個
・生チョコ4個
・カシス&クランベリー4個
・蜜芋4個

フルーツタルト 6号 1個
※(実際はフルーツの5割がぶどうになります)

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年5月
プロフィール
代表取締役 三宅昭士
代表取締役 三宅昭士
中学生の頃からものづくりが好きで、大阪の辻製菓専門学校卒業後は、 街のお菓子屋さんに就職しました。岡山へ帰郷後は会社員なども経験し 30代半ば、「誰かの幸せをお手伝いできる仕事」をしたいという想いから、 2015年にお店を設立しました。 「年間365種類以上のバラエティあふれるラインナップ」「たべやすさ」 「かわいらしさ」を特徴に日々新商品の開発に力を入れています。 1999年 辻専門洋菓子学校卒業      大阪府の洋菓子店に勤務、会社員も経験 2015年 個人事業として洋菓子製造販売を開始 2017年 法人化により弊社代表取締役就任

あなたにおすすめのプロジェクト

めざせ!本郷のまち【100人】のサポータープロジェクト

NPO法人街ing本郷(まっちんぐほんごう)NPO法人街ing本郷(まっちんぐほんごう)

#地域文化

累計支援者数
11人
継続会員数
2人

巨大落花生『おおまさり』を名物に!四街道市活性化プロジェクト

横山武 代表理事横山武 代表理事

#地域文化

5%
現在
15,000円
支援者
3人
残り
13日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの相談をする