READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

一度諦めた実店舗再オープンに挑戦!那須に健康志向のカフェを

町のパン屋 ふくら 店長 淺野晃子

町のパン屋 ふくら 店長 淺野晃子

一度諦めた実店舗再オープンに挑戦!那須に健康志向のカフェを
支援総額
155,000

目標 1,000,000円

15%
支援者
14人
残り
27日
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
5お気に入り登録5人がお気に入りしています
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(AllorNothing型)。支援募集は11月19日(火)午後11:00までです。

5お気に入り登録5人がお気に入りしています

プロジェクト本文

一度はあきらめた実店舗を大好きな那須でもう一度開きたい!

 

こんにちは。町のパン屋ふくら店長の淺野晃子(あさの・あきこ)と申します。進学のため上京した際、アルバイト先で飲食業の楽しさに気づき、そこから飲食業界まっしぐらで進んできました。

 

その後、ヒトの身体も心も、食べたもので育つと思っているため、土に近いところで子育てをしたくて那須に引っ越し、那須でも食に関わる仕事をしたいと思い、鶏を自分で買ってみたり、材料にもこだわったパンを提供するため、2年半実店舗を営業していました。しかし、当時5人の母でもあり、子育て真っ最中だったため、店をあけていることができなくなり、不本意ながら閉店することになってしまいました。

 

しかし、そのまま諦めることはできず、移動販売のパン屋をはじめ、早5年が経ちました。こだわりの新鮮な卵、栃木県産の小麦粉、無農薬の野菜で作るパンは絶品です!わざわざ私のパンを購入するために足を運んでくれるお客様も多く、屋号(町のパン屋ふくら)も広まってきました。

 

その中で、「やっぱり実店舗を持ちたい…」という思いが消えずにあります。また、私生活で子どもにかける時間が減ってきて余裕ができてきたので、このタイミングを逃してはいけない!と思い、2019年12月16日に、小さな規模で飲食店を開こうと決意しました。

 

目指すのは「大人の秘密基地」です。私が大好きなこの那須の土地で、林の中にポツンとある不思議な空間でみなさまにのんびりしていただきながら、こだわりのごはんを召し上がっていただきたいと思っています。

 

ぜひ、こだわりでいっぱいのカフェレストラン開業に、みなさまのあたたかなご支援をよろしくお願いいたします!

 

 

 

こだわることはとことんこだわる、
子育てに追われてても自分で願ったことは叶える!

 

那須を移住地に選んだのは、新幹線通勤ができることと、子どもの教育環境に適していると思ったからです。那須は、土と緑に囲まれ、避暑地のため夏は暑い日が数日でとても過ごしやすく、雪もそれほど降りませんがスキー場へは40分ほどで行ける、本当に魅力でいっぱいの土地です。

 

引っ越してから、5人の子育てに追われながらも2年半実店舗「町のパン屋ふくら」を営業していました。しかし、子どもが大きくなるにつれ、養鶏、農業、飲食業、育児、家事に追われ、5時に起床し、家事をこなしながら子どもたちを送り出し、養鶏・農業の作業をし、また夕方から4時間かけて5箇所送迎を行い、夕食の準備をこなし、、という日々の中で店の経営を続けるのは不可能でした。

 

 

その後、自宅側に機材を搬入して営業許可を取得し、イベントなどでの不定期出店を続けてまいりました。そうして、家事・子育てと飲食業を行って早くも5年が経ち、わざわざ私のために足を運んでくださるお客様も多く、やっぱり実店舗を持って、こだわり抜いた空間・食事を提供したい!と思うようになってきました。

 

子どもも大きくなり、私生活でも子どもに割く時間が減ってきて余裕ができたため、追いかけたい私の夢をもう一回挑戦してみてもいいのではないかと思い、今回の挑戦に至りました。

 

家族はまたママが何かするつもりでいると不思議そうにしています。ただ子どもたちはお客様にとてもかわいがっていただいて大きくなったので、日常にお客様がいても普段とかわらないかなと思います。むしろ私が常に家の近くにいることを喜んでくれるはずです。

 

愛する子どもたち。すっかり大きくなりました。

 

 

国有林に隣接する緑豊かな環境の中で、
のんびりくつろげるカフェレストランを作りたい

 

今回の挑戦では、2019年12月16日に、自家農園にコンテナカフェのオープンを目指します。

 

■店舗詳細

店舗名:ふくら

形態:コンテナのリノベーションをDIYします。広さは20坪ほど

席数:20席程度

営業時間:金・土・日・月・火曜日,11時〜17時まで

 

食材へのこだわり

こだわりをかたちにするため、卵は自分で鶏を買っていたり、新鮮な野菜を提供するために、畑を借りて野菜を育てています。また、できる限り国産の素材を選び、高くても化学調味料や保存料などの添加物が極力入っていないものを使用するため、全粒粉に関しては地元の無農薬栽培の粉を農家さんから直接買っています。

 

イーストを使う方が早くて安価で安定はしていますが、天然酵母の方がおいしいと思うので、一晩発酵させて天然酵母のパンを焼いています。砂糖はキビ砂糖、塩は海水塩、卵は自家採卵、牛乳は那須の低温殺菌牛乳を使っています。

 

鶏舎が敷地の中にあるので、産みたての有精卵や地元の小麦粉を使ったパン、健康な鶏肉、自家菜園の野菜を使った素材の味を楽しめるご飯屋さんとして気軽に立ち寄っていただきたいです。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

提供予定のメニュー

食パン、菓子パン、惣菜パン、クロワッサン、フランスパン、焼き菓子はマカロンやパイ。クリスマスの時期は、シュトーレンとクグロフを焼きます。惣菜パンは中身からすべて手作りなので、手間がかかりすぎてあまりしませんが、出すと常に完売しています。

 

また、パンに限らず調理ものはうちの鶏でスープをとったラーメン、肉をタイカレーとチキンパイにしたり、本当におなじみのお客様方をお呼びしてこっそり焼き鳥パーティーなどもしたいと考えています。

 

 

店舗周りの環境

店舗予定地はアユ釣りの名所とされる清流那珂川の上流域のそばにあります。昭和天皇が愛した赤松林と国有林の間に位置していて、キジの親子やキツネ、野ウサギも頻繁にみることができます。遊歩道の終点にあるので原生林の散策の拠点にしていただき、車の音が全くしない林の中にポツンとある不思議な空間でぼーっとしていただきたいです。

 

内装

内装のコンセプトは自分でできることは自分で行い、営業が始まってからも手を入れていきたいので、訪れるたびに何かが変わっているわくわく感を感じていただけるといいな、と思います。「大人の秘密基地」みたいな場所を目指します。

 

お客様からの声

お客様からは本当に嬉しい声をいただいています。

 

「ここのパンじゃないと食べた気がしないのよね。」

「今まで食べてきたクロワッサンはなんなんだと思う。」

「うちの姪はここのぶどうパン以外のぶどうパンは食べません。」

「化学調味料が入っていないからか、ラーメン食べても胃もたれしない。」

 

私のこだわりがみなさんの感動に繋がっていくように、これからも頑張っていきたいと思います。

 

 

 

母になっても、ほしい未来は自分でつくれる!

 

私はこのプロジェクトを通して、身内が近くにいなくて子どもがたくさんいるという不利な条件でも、自分が願ったことは叶うということ、仕事は自分で作り出すことができるということを日々頑張るお母さんたちに伝えていきたいです。

 

私は那須が大好きなので、ここにずっと住んでいきたいなと思っています。子育てが落ち着いてきたら、いずれはラーメン屋やフルコースを出すようなレストランをしたいと考えています。そして、子どもが家を出ていったら、農家民宿かゲストハウスをしたいです。

 

私のこれからの大きな夢の一歩としてカフェレストラン設立へのご支援を、どうぞよろしくお願いいたします!

 

 


本プロジェクトのリターンのうち、【お名前掲載】に関するリターンの条件詳細については、リンク先(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

もっとみる
プロフィール
町のパン屋 ふくら 店長 淺野晃子
町のパン屋 ふくら 店長 淺野晃子
元パン屋です。那須の林の中に住んでいます。店舗は持たずにイベント中心に販売しています。おいしい卵が欲しくて鶏を飼い始めました。元気な鶏の産んだ卵はおいしいです。 お客様のご要望で実店舗と飲食店を構えることにしました。できるだけ添加物の少ない身体に優しいたべものをのんびりした空間で楽しんでいただきたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

リターン

5,000

お気持ちコース

■お礼のメッセージ

※いただいたご支援金は、リターン費用がかからない分、サービス手数料を除いて全て活動内容に活用させていただきます(寄付控除の対象にはなりません)

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年3月
このリターンを購入する

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

お得なパンのセット

■お礼のメッセージ
■お得なパンのセットを2回お送りいたします。
*内容(予定):シュトーレン、クグロフ、ぶどうパン、日持ちする焼き菓子

※画像はイメージです。

支援者
6人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年3月
このリターンを購入する

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

カフェでの利用できる割引券

■お礼のメッセージ
■カフェでの利用できる割引券1,000円×10
※有効期限:2020年4月1日〜9月30日

支援者
5人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年3月
このリターンを購入する

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

カフェオープン応援コース

■お礼のメッセージ
■カフェの壁にお名前掲載(大きさ:小・任意)

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年3月
このリターンを購入する

30,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

カフェオープン応援コース

■お礼のメッセージ
■カフェの壁にお名前掲載(大きさ:中・任意)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年3月
このリターンを購入する

50,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

カフェオープン応援コース

■お礼のメッセージ
■カフェの壁にお名前掲載(大きさ:大・任意)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年3月
このリターンを購入する
プロフィール
町のパン屋 ふくら 店長 淺野晃子
町のパン屋 ふくら 店長 淺野晃子
元パン屋です。那須の林の中に住んでいます。店舗は持たずにイベント中心に販売しています。おいしい卵が欲しくて鶏を飼い始めました。元気な鶏の産んだ卵はおいしいです。 お客様のご要望で実店舗と飲食店を構えることにしました。できるだけ添加物の少ない身体に優しいたべものをのんびりした空間で楽しんでいただきたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

あなたにおすすめのプロジェクト

指宿発!本のある空間を届けるブックカフェ号の運行にご支援を!

NPO法人 本と人とをつなぐ「そらまめの会」NPO法人 本と人とをつなぐ「そらまめの会」

#地域文化

累計支援者数
66人
継続会員数
20人

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの相談をする