プロジェクト概要

不登校の子ども・親に今は学校に行けなくても大丈夫だという希望の光を与えるために、元不登校の人たちとを繋ぐWebサイトをつくりたい!

 

はじめまして!こんにちは、現在はWEB媒体のライターをしている河合未緒と申します。私は、中学生時代に不登校を経験しました。社会人になり自分と同じように学校に行けない子でも勉強が出来るようにと、NPO法人の学習支援団体でボランティアをおこないました。

 

今回、過去の経験を活かし、プロジェクトでは、学校に行きたくても行けない子どもたち・その親と過去に学校に行きたくても行けなかった元不登校の人たちを繋ぐマッチングサイトを制作します。

 

皆様の熱い想いに支えられ80万円に到達することができました。ありがとうございました。ですが実際はサイトを制作するのにあと15万円が必要で、差額は実費で支払う予定です。その後もサイトを運営していくのにお金が掛かります。もう15万円を目標に10/30まで頑張りますので変わらぬご支援・ご協力のほどよろしくお願いいたします!

 

 

私は中学生の頃、不登校でした。

 

学年の中心にいた子と好きな人が被ったという些細な理由から、集団無視が始まりました。次第に友達だった子たちにも避けられるようになりました。当時は、学校の先生にも周りにも学校に馴染めない私自身が悪いと責められ、誰も味方はいませんでした。

 

何も悪いことはしていないのに、自分自身を責める日々がきました。直ぐに誰かに相談すればよかったのですが、イジメにあっているということが情けなく感じて誰にも話すことが出来ずに、精神状態はみるみる悪化しました。

 

フリースクール・病院のカウンセリングなどに通いましたが、自身の精神状態は一向に回復しませんでした。フリースクールでは居場所が見つけられる子もいますが、私は見つけられませんでした。

 

勇気をくれた美術の先生との出会い

 

居場所が見つからないまま、約3年間引きこもり生活をした後、定時制高校に進学した私ですが、ここで素晴らしい美術の先生・デッサンの先生に出会います。美術の先生方には明るくてパワフルな人間性で、物事に対する考え方を教わりました。作品を作り上げる時の高揚感などが、私の今までの生きる目的を見いだせなかった人生を変えてくださりました。1mm足りとも自信が持てなかったときに、温かい優しさや自信を頂きました。先生のおかげで、美術大学に入学ができ徐々に精神状態は回復していきました。

 

 

 

不登校の子に未来の糸口を見つける『Clue』

 

プロジェクトでは、学校に行きたくても行けない子どもたち・その親=過去に学校に行きたくても行けなかった元不登校の人たちを繋ぐマッチングサイトを制作します。

 

元不登校の人で現在は社会復帰して毎日を過ごしている人たちの時間を、今現在、学校に行きたくても行けなく悩んでいる子どもたち・その親が購入して、お話をしたり相談をしたりします。

 

プロジェクトを行うことで学校に行きたくても行けない子どもたち・その親に縦の繋がりを作ることが出来ます。また、元不登校の人たちにも忘れたい自分の過去の思い出を人の役に立たせることができ、辛い経験を換金することが出来ます。

 

(サイトのトップページのイメージ)

 

■clueのサイト概要

 

culeは不登校生と元不登校生をマッチングして、ネットで相談にのるのではなく「直接会って相談にのる」というサイトになります。

 

実際に不登校生の親御さんも、元不登校生とお話をしたいという方がたくさんいらっしゃいます。また、不登校の子は他の人には心を開かなくても同じ経験をした元不登校生には心を開くという事例がございます。

 

サイトには元不登校生の方に登録して頂きます。元不登校生が都道府県・性別・職業・不登校になった時期・きっかけなどを登録します。

 

それを現不登校生or親が検索し、似た事例の方をマッチングして実際にあってお話が出来るようにします。また、不登校生が将来なりたい職業があって、今は不登校でもこういう道を進んだらこの職業になれるというアドバイスを受けたりという活用も出来るようにします。

 

ログイン画面に関しては完全登録制になります。また、元不登校生が登録するので、現不登校生やその親御さんが登録する必要はないのでプライバシーも守られます。

 

流れを簡単にまとめると、以下の様になります。

①元不登校生がマッチングサイトに登録

⇓         
②不登校の子・その親が検索をかけ、境遇に近い人を探して申込をする

③直接会うか、電話・もしくは動画で話してアドバイスをする

 

自分と同じ思いをしている人たちを少しでも助けたい


過去の辛かった思い出に蓋をすることは簡単です。しかし、学校か家庭しか基本的にコミュニティーがない小・中学生の子たちの辛さは、同じ経験をした人意外その辛さをわかってあげれることがいません。

 

社会人になってから、学習支援団体のNPO法人でボランティアスタッフとして働きました。そこでは、無料Webサイトで勉強が出来る環境が整っていて、学校に行けなくて学習出来る最適なシステムだと感じました。

 

ただ、勉強以外のところで、心を十分にケアしてくれる環境は不足していました。どうしたらそんな状況を変えることが出来るかと考えた時、過去に自分と同じような経験をして、未来では楽しい人生・輝いている人生を送って過ごしている不登校の先輩たちに出会えていれば、少しは未来に希望を持てていたかもしれないと考え『Clue』が誕生しました。

 

 

増え続ける不登校の子どもたち

 

現在、日本の不登校の子は少子化に反比例するように約12万人と言われています。また引きこもりと言われる人の人数は約70万人でこちらも年々増加しています。そのうちの不登校が原因で引きこもりになる人たちは約15%となっています。

 

 

不登校の問題を解決するサイトを作りたい

 

「Clue」を通して学校に通えるようになる自信や勇気を持って貰えるとありがたいですが、不登校で辛い思いをしているという子たちの精神面を支えられるサイトにしていきたいです。

 

また学校に行かないという選択肢を大らかな気持ちで受け止められれるよう、不登校の子を持つ親の方にも利用して頂きたいと考えております。

最終的には不登校から引きこもりになる人の数値を減らしていきたいです。

 

プロジェクトの実現に向けてみなさまの力を貸してください。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆引き換え券について◇◆◇◆◇◆

支援頂いた方には、以下の引換券をお送りします。

・サンクスメール

 

・サンクスレター

 

・公式サイトにスペシャルサンクスとしてお名前を記載


・サイト利用初回無料権利(必要な方)


・オリジナルステッカー


・オリジナルアクセサリーorストラップ

(ストラップは星座をお選び頂けます。ご希望の場合はお名前も入れます)


・スカイツリー限定「らぽっぽ TOKYO星いも」

・出身地山口県の銘酒「獺祭」
(手に入りにくいことで有名です)


最新の新着情報