プロジェクト概要

 

 

愛知県刈谷市の高校で代々受け継がれてきた「応援合戦」を世界の舞台で!
青春応援団 我無沙羅 が今年の7月パリで開催される

JAPAN EXPO でパフォーマンスを披露します。

 

 

ページをご覧いただきありがとうございます。

青春応援団 我無沙羅 代表の杉浦哲弥です。

 

私たちは「応援合戦」が学校の中でしか見られないことに気づき、こんなにも熱く感動できるパフォーマンスなのになんてもったいない!という想いから、「青春応援団 我無沙羅」を2003年に結成しました。以降、地元愛知県刈谷市を活動の拠点に「応援合戦」の魅力を伝えるべく活動を続けています。

 

活動を続ける中で、地元では当たり前だった応援合戦がまったく知られておらず、初めて見る方からは、驚きと感動の感想をいただく機会が増えてきました。応援合戦を知らない人にもっと知ってもらいたいという思いが強くなるとともに、いつの日か海外の人にも見てもらえたら・・、と夢を描くようになりました。

 

そしてついにご縁が繋がり、フランスパリで開催されるJAPAN EXPO出演というチャンスをいただきました。しかしメンバーは学生が多く、パリへ渡航する費用を捻出することが困難です。そこで私たちの存在と活動を知っていただき、少しでもご支援を頂けたら、という想いでこのクラウドファンディングに挑戦することを決めました。

 

 

 

ご覧頂いた方からの「生きる力をもらった」という感想は、強く私たちの心に残りました。

からこそ、「応援合戦」の文化に光を当てたい。

 

これまで地元のイベントを中心に演舞を披露する活動してきましたが、地元以外での活動も増え、特に、2013年11月に福島の介護施設へ慰問した際に利用者の方から「生きる力をもらった」とお言葉を頂戴したことは、ただ演舞を披露する以上に、僕らの活動が見てくださる方に応援として意味を成すことを強く実感することができました。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

2016年2月「あなたのために叫ぶ舞台〜Message from Gamushara〜」として、初の舞台公演を行い800名を超える方にご来場いただくことができました。アンケート結果から、10〜70代もの幅広い年齢の方々からご好評をいただくことができ、強く手応えをつかむことができました。

 

見て頂いた方からの感想をご紹介させていただきます。

気迫?オーラ?伝わってくる想い? うまく言葉できませんがとにかく涙が止まりませんでした。 よく「元気をもらった」等と言いますが、確実にそれより上だと思います! 「自らの生き方はこれでこれで良いのか?」を突きつけてきます。 これまで以上に毎日を真剣に一所懸命生きようと思いました。 まさしく”青春”は時期ではない!生き方です。ありがとう! (47歳、主婦の方の感想)

 

よさこいや、他のジャンルのパフォーマンスに応援合戦は負けてなんかいない。「応援合戦」というカテゴリがもっと認知されていいはず。

 

そして2016年8月愛知県名古屋市で開催された、観客動員200万を数えるにっぽんど真ん中祭り40人以下の部で大賞をいただくことができました。

 

◆◇ 第18回にっぽんど真ん中祭り ファイナルU-40部門大賞演舞 ◇◆

 

この経験から、応援合戦が他のジャンルにも引けを取ることなく、日本の文化の一つとして、胸を張って紹介できるのでは、という思いが日増しに強くなりました。学校という閉ざされた中で脈々と踊り継がれるスタイルは、独自性を持って全く他のジャンルのパフォーマンスと一線を画していると思います。

 

間違いなく地元に根ざした文化であるにもかかわらず、閉鎖された環境の中でしか見られない希少性。だからこそ、もっと外の世界に発信して、知ってもらうべき価値があると思うのです。


 

7月パリで開催される「JAPAN EXPO」へ出演し、海外の方にも見てもらいたい!

 

今回ご縁が繋がり、一般社団法人ジャパンプロモーション様からJAPAN EXPO出演のお話をいただきました。JAPAN EXPOといえば、ヨーロッパ最大級のジャパニーズカルチャーのイベント。海外の方に直接応援合戦を見てもらえるまたとない機会、そして日本のパフォーマンス文化のひとつとして「応援合戦」を世界にアピールできる絶好の機会と捉えています。この出演を機に応援合戦の認知を獲得しより広く活動の幅を広げていけたらと考えています。

 

 第18回 Japan Expo  

 会場/パリ ノール ヴィルパント見本市会場  
 会期/2017年7月6〜9日  

(会期中に5回のステージで演舞披露をする予定です)
 

しかし、メンバーは学生中心となっており、学業とバイトと両立させながら活動しているメンバーが大半です。全てが実費手配となるJAPAN EXPO出演にあたり、スケジュールは確保できても金銭的な面で見送らざるを得ないメンバーもいるのが実情です。そこで、ここまで読んでくださった皆さんへお願いになりますが、可能であれば学生メンバーの渡航費として温かいご支援を願えないでしょうか。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
 

日本中の応援合戦文化に火をつける。

「応援合戦」を、日本を代表する文化に。

 

はじめは、単純に応援合戦がやりたい、というシンプルな想いでした。そこからさらに応援合戦は見てくださる方に「応援」として感動を伝えられるパフォーマンスであることを知りました。そして一生懸命になることがどこかカッコ悪いという空気を吹き飛ばすだけのエネルギーが、応援合戦にはあります。どこまでも泥臭く、人臭く、若者がぶつかり合いながら演舞を作り上げていく姿はまさに青春そのものです。

 

高校時代、形こそ違えど応援合戦を経験したことのある人も必ずいらっしゃると思います。うちの地域ではこうだった、など各地の隠れた応援合戦をぶつけ合い、讃えあえるような、おらが町の応援合戦をぶつけ合える全国大会ができたらどれだけ面白いでしょう。

 

応援合戦を通じて各地から元気を発信し、日本中がつながることもできるのではと思います。さらにそれぞれの地区のパフォーマンスが新たな観光資源として地域活性化へとつながることも期待できます。

 

「応援合戦」という懐かしくも新しい文化の掘り起こしと創造を目標とし、その足がかりとして道を拓くために今回プロジェクトを立案させていただきました。私どもの活動を少しでも知っていただき、お気持ちばかりでもご支援をいただけますと幸甚の極みです。どうぞよろしくお願い致します。

 

青春応援団 我無沙羅

代表 杉浦 哲弥

Mail  gamushara@live.jp

HP  http://seishun.wixsite.com/gamushara
FB  https://www.facebook.com/gamushara.info/

Twitter  @gamushara_info
 

 


このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)