皆様からの温かいご支援のおかげで、「庭園いろどりプロジェクト」の当初の目的はもとより、もっと患者さんやご家族の方々が喜んでいただけるような素敵な庭園にしよう! と、イメージもどんどん膨らんできております。

 

 実は、この「庭園いろどりプロジェクト」ですが、下記のエピソードから生まれたものなのです。

 --------  --  --------  --  --------  --  --------  --  -------  --  --------

 

 ある日、中村 友里也(ゆりや)様という、当院で治療を受けられた患者さんのお嬢様からご支援のお申し出がありました。お話を伺うと、がんで亡くなってしまったお父様と当院においてのあたたかな家族の思い出、仲の良いご姉弟とお父様、お母様との素敵なエピソード、そして当院に対するもったいないくらいの感謝の想いをお伝え頂きました。

 

また、お父様をがんで亡くした悲しみを乗り越え、ご本人が海外で実施しているチャリティランニングのイベントにおいて、がんで苦しんでいる患者さんが、ご家族や親しい人と思い出になるような時間を作れるものに何か支援したいというご提案がありました。

 

チャリティランニングイベントの様子(サンディエゴ)

 

   --------  --  --------  --  --------  --  --------  --  -------  --  --------

 

 素敵なご提案をいただき、当院において何度も検討を重ねた結果、ご本人がお父様と素敵な思い出をたくさんつくられたという屋上庭園を、四季折々の花で彩り、多くの入院患者さんがリフレッシュしたり、ご家族と笑顔で語らい合える素敵な庭園にしようとなり、「庭園いろどりプロジェクト」が始まりました。
 
 友里也様と弟様
お二人は、ランニングクラブのウェブサイトも立ち上げて、がん研究会の支援をしてくださっています!
 
   --------  --  --------  --  --------  --  --------  --  -------  --  --------
 
  皆様の温かいご支援とお気持ちを無駄にすることなく、いつまでも患者さんやそのご家族の方々の記憶に寄り添えるような素敵な庭園にしたいと、プロジェクトメンバー一同さらに気を引き締めております。