自分のために絵を描き始めた たむらあやこさんが、人のために絵を描く喜びを知ったという感動のお話し「第15話 T君との思い出」の後日談です。

 

絵が好きでよかった! 絵が描けてよかった!

 

ある日ある時、このプロジェクトに、つぎのような応援コメントをいただきました。

ーーー>

たむらさんが病院で出会った元騎手が、かつて一度だけ騎乗してくれた馬の一口馬主をやっておりました。それは2006年のことでしたが、なんとその愛馬がある大学の馬術部で元気に活躍していました!ビックリしました。馬の一生は必ずしも幸せに終えられるとは限らないので…。

たむらさんのことは、以前ネットで知ったのですが、これも何かの縁なのでしょう。参加させていただきます!

<ーーー

 

早速、たむらあやこさんに連絡、応援コメントへ返答。

 

ーーー>

◯◯さん、誠にありがとうございます!T君の騎乗した馬のその後も知れて、嬉しくて涙が出ました。T君も馬も、みんな幸せになって欲しいです。by たむらあやこ

<ーーー

そうしたら、つぎのようなメッセージをいただきました。

マイネルゴーシュ

 

そして、いただいたメッセージ(騎手の名前を伏せてT騎手に編集しています)
ーーー>

たむら様

ご返信遅くなり、申し訳ございません。そしてたむらさんからのレスにとてもビックリです笑。

たむらさんの描かれた漫画を偶然拝読し、その闘病の激しさに驚きつつ、でもそれを笑いあり涙ありで乗り越える(というか受け流す?)姿に感動いたしました。
そんな中で、突然、元騎手の話が出てきて、これは「T騎手に間違いない!」と思い、頑張って生きている姿に、これまた感動とともに、少しだけ安堵しておりました。

T騎手が乗っていた馬は、マイネルゴーシュという馬です。

【マイネルゴーシュ】
http://db.netkeiba.com/horse/2002103761/

T騎手は、ただ一度だけ、2006年5月20日、新潟競馬場のレースで騎乗してくれました。

【新潟 2006年5月20日9R 4歳上500万下】
http://db.netkeiba.com/race/200604010709/

自分も見に行きたいと思っていたのですが、当方は神奈川県在住。新潟県まではなかなか…ということで、申し訳ございませんが、その時の画像はございません。
ただ、T騎手ではない時のゴーシュの画像でしたらあります。それでもよければお送りいたします。

マイネルゴーシュが今いるのは、岐阜大学の馬術部です。

【岐阜大学馬術部twitter】
https://twitter.com/gidai_bajutubu

まさに今日ゴーシュの動画をアップしてくれてました。
そしてなぜかゴーシュ本人のアカウントもあります笑。

【マイネルゴーシュ】
https://twitter.com/masshiroashige

私自身はゴーシュに会いに行っておりませんが、まだ元気だったことに驚いて、馬術部のアカウントにリプライしたことがあります。

T騎手は、1年目は11勝と、新人としてはかなり良績でした。そして2年目44勝と一気にジャンプアップ。これからという時、2007年6月に落馬事故に遭ってしまいました。何よりご本人が一番悔しいと思いますし、お母様をはじめ、ご家族の皆様のご苦労もいかばかりかと思います。
なんでも……とは気軽に申せませんが、当方がご協力できることでしたら、精一杯やらせていただきます。今後ともよろしくお願い申し上げます。

<ーーー

 

そして、次のようなメールと写真をいただきました。

 

ゴーシュのメール

 

ゴーシュ

 

ゴーシュのメッセージ


人の縁というものは不思議なものですね♪

 

よし!頑張るぞ!

 

みなさま、こんにちは、上田肇です!

 

全国の2割の病院(約1,600の医療機関)に「マンガのちから」を贈るには、あと4日で、あと65万円の支援が必要です。

 

これから最後の4日間、応援どうぞよろしくお願いします!

 

※プロジェクトで使用しているマンガ『ふんばれ、がんばれ、ギランバレー!』の絵やカットは出版社の講談社様より掲載許可を頂いております。

 

新着情報一覧へ