子供たちが住む家は木造の長屋風のつくりだったり、小さな家が密集している
住宅地帯のため、いつも火災の危険にさらされています。

 

 

先日もある子供の家の一帯で火災が起き、住宅は全焼、家財道具や子供の学用品、

洋服、 カバンなどもすべて焼失してしまいました。
 

その家族は現在もテント暮らしを続けています。

夫婦と子供二人の4人家族で3畳ほどのスペースしかありません。
しかもテントですのでプライベートも保たれてはいません。

 

 

こんな生活を送っている子供ですが、毎日元気に学校へ通っています。


彼女は小学校4年生。
今回のプロジェクトで、支援したいと考えている子供のひとりです。 

新着情報一覧へ