今回は、アラムバーグヘルプセンターのスタッフ、フォリダさんとロジナさんをご紹介します。

 

まずは、二人からの動画メッセージをご覧ください。

 

 

 

センターでは、フォリダさんが読み書きや簡単な計算に加え、歌やゲーム、刺しゅうなど、さまざまなことを教えています。ロジナさんはフォリダさんの補助をしたり、センターに通う少女の送り迎えをしたりしています。雇用主によっては、行き帰りの付き添いを条件に、少女がセンターへ通うことを許す場合もあるためです。

 

また、フォリダさんやロジナさんは、少女たちが働く家に足を運び、教育の重要性や子どもの権利などについて雇用主と話をし、個別の啓発活動を行っています。

 

 

ヘルプセンターや家事使用人の少女への教育支援のことをもっと知りたい方は、ぜひプロジェクト概要や他の新着情報をご覧ください!

 

プロジェクト概要

料理を学ぶことも生活するために必要なこと

家事使用人の少女たちからご挨拶♪

裁縫トレーニング、これからの生活に向けて

ヘルプセンターでは文字から学びます

新着情報一覧へ