プロジェクト概要

ハイチ人の若者、クレムソンによる、ハイチの「今」とクレオール語を世界に伝えるウェブサイトの運営のための環境整備を応援したい!

 

はじめまして。田中優樹と申します。私は現在、個人で世界の貧困問題および各地で活動する団体を紹介するための活動を行なっております。
今回のプロジェクトでは、私のハイチ人の友人であるクレムソンが以前から温めてきた、ハイチで今起きていることや、クレオール語の教育コンテンツを世界に発信するウェブサイトの立ち上げを通じて、クレムソンが自ら収入を得ることを応援していきます。今回は、クレムソンが、交通環境の悪いポルトーフランスでの取材活動や広報活動を行うために、最も効率よく移動できるバイクの購入を始め、電力供給が不安定なハイチでパソコンでの作業を可能にするためのソーラーパネル式発電機などを購入します!

 

どれほど優秀であっても、ハイチでは、多くの若者が低賃金労働を余儀なくされています。ウェブサイトの立ち上げにより、クレムソンが事業主としてスタートラインに立つことができるよう、ご支援いただけないでしょうか。

 

(ソーラー電源のある家におじゃまして打ち合わせ)

 

(サイト掲載動画コンテンツ)

 

クレムソンとの出逢い


ハイチで活動する団体を調べていたところ、偶然クレムソンと知り合い、彼の紹介で、クレムソンが働いていたNPOのところへ1ヵ月間滞在させていただきました。
ハイチへ行く前から毎日クレムソンと話し、ハイチが抱える社会問題の深刻さについてもいろいろと教えてもらうことができました。また、クレムソンの能力の高さや、勉強熱心なところ、優しくて誠実な人間性にもとても魅力を感じています。

クレムソンはハイチ以外の国へ行ったことがありませんが、英語を覚え、先進国を拠点とするいくつかの支援団体で働いた経験を持ちます。支援の在り方や、ハイチが抱える問題についてよく理解しています。また、パソコンや様々なITツールを使いこなす知識を持っています。

(ハイチでの活動)
 

クレムソンの夢を阻むいくつもの障壁
 

ハイチへ滞在中もクレムソンが現地を案内してくれて、一緒に過ごしました。その中で、彼の持っている大きな夢を聞くことができました。

それは、ハイチで困っている人の支援活動を続けるために、大学へ進学して国際関係の勉強をしたい、また、そのためのお金を自分で稼ぎたいということした。
私は、彼がこの夢を叶えることができるよう、応援をしたいと思いました。

しかし。クレムソンがどれだけ優秀でも、ハイチ人であることによって、彼の前にはいくつもの障害があります。

ハイチでは、先進国を拠点とする様々な企業や団体が活動しています。これらの組織はクレムソンのような、英語とクレオール語を話すことができ、現地での様々なフィールドワークを行うことのできるハイチ人を雇用したい考えを持っています。

多くのハイチの人は、仕事がなく、国民の80%が貧困状態にあると言われています。

そんな中で、先進国の支援団体や企業はクレムソンのような人材を雇用することはしますが、低い賃金しか支払いません。

発展していく過程で、賃金の向上というのは最も下流のプロセスに位置付けられます。

ハイチ政府が法律や管理体制を整え、組織に対して働きかけることが必要なのです。
ハイチの政府機能の弱さは他の国とは比べものにならないのです。道路はぐちゃぐちゃ、人口の首都一極集中、ゴミ、悪臭、電力や水の入手困難、ボロボロの紙幣、治安の悪さなど、滞在して改めてそれを感じています。

 

(地震の傷跡が今もあちこちに残っています)

 

失敗国家ランキングワースト7位ハイチhttp://travelfortellingpoverty.blogspot.ca/2013/06/blog-post.html

 

 

状況を改善するため、クレムソンは自ら事業を立ち上げる道を選択しました。

 

先進国の団体や企業と、ハイチの人達の力関係のバランスから、良い収入を得るためには、雇用されるのではなく、自分で何かを始めるしかないとクレムソンは気付いています。現地でのヒアリングや、企業とのやり取り、コミュニティとの調整、通訳、スカイプなどを使ったミーティングへの参加、本部へのレポートや、資料の作成などを行い、忙しく働いても、彼の月収は15,000円ほどです。

自分がハイチ人でなければ、もっと良い収入を得ることができることをクレムソンは知っています。

クレムソンはNPOを辞め、個人事業主として自ら収入を生み出す機会を作っていきます。

「ハイチのことは好きだけど、ハイチ人であることによる待遇の悪さと障害の多さが悲しい」と彼が話してくれたときに、涙ぐんでいる姿に心を打たれ、自分にできることで何か手伝いたいと思いました。

クレオール語の教育コンテンツ配信とハイチで今何が起きているのかを伝えるためのウェブサイトの運営をします。

サイトはこちら

※デザインは多少変更する予定です。

 

(サイトのメインページビジュアル)

 

これは全てクレムソンが今まで温めてきたアイディアです。

 

クレオール語の教育コンテンツでは、動画でクレオール語のフレーズや発音について説明する「動画コンテンツ」、音声を配信する「PODCAST」の他に「単語リスト」や「文法」などについてまとめたものを紹介します。このクレオール語の教育コンテンツ(KSL:Kreyol as a Second Language)をメインに、ハイチでのボランティア活動や支援活動を最も頻繁に行っているUSAやカナダの団体の関係者をターゲットにアクセス数を増やしていくことを狙います。

 

サイトを訪れた人が、もっとハイチのことを知ってくれることを願い、ハイチで今何が起こっているのか(Global Haiti Action)を、同時に紹介します。特に、ハイチの社会問題や、支援、若者文化を紹介していくためのコンテンツを提供していきます。

 

(掲載予定コンテンツ)
・過去のデュバリエ独裁政権の後も続く政府の腐敗や無能さによって実現されなかった政策や失策のこと
・国際支援団体による長期の支援活動に今も依存し続けている国民のこと
・ポルトーフランスに人口が密集するようになった経緯や、その弊害
・支援活動を止めさせる動きや、地震後に避難民テントキャンプで暮らす人々を強制退去させる動きがあること
・失業者で溢れ、多くの家族が貧困に苦しんでいる一方で、国外の企業に市場を抑えられていること
・現地の人々の生活の実態や、今も続けられている支援活動の実態
・自立していくために、音楽やアートで夢を掴もうとする若者の活動
・教育を受け、ハイチを変えようとする若者、路上で車を掃除する若者のこと


 

サイトの社会的意義

 

クレオール語プログラム(KSL)によって、ハイチを訪れる人が現地の言葉を学習をすることで、現地での生活を快適なものにし、現地の人とのコミュニケーションを取ることで、その距離を縮めることを助けます。

理解の不一致による需要に合わない支援を避け、効果的で効率的な支援活動を行うことを助けます。さらに、ハイチの国内で起きている変化や、支援活動の情報を国外へ発信することで、海外の支援団体や観光客が、ハイチの実態をより正確に把握することを助けます。

 

サイトの収益化について

 

1、KSL、GHAプログラムをメインに情報の発信を継続的に行っていきます。

2、活動団体や渡航者が宿泊するホテルやゲストハウスを訪ねてフライヤーを配布するなど、広報活動を行うことでサイトのユーザー数を獲得していきます。

3、一定期間の運転の後、サイトのユーザー数や客層の実績を背景に、海外からの渡航者がよく利用するサービスを提供している会社(インターネット、ホテル、レンタカーなど)に対して営業活動を行い、サイトのスポンサー獲得を目指します。

4、podcastの有料配信や、画家でデザイナーの父親の影響を受け、Tシャツのデザインやペインティングを行うアーティストとしての一面も持つクレムソンが、Saint-FLeur's Creationでの制作物を有料販売することでも収益を得る仕組みを作っていく考えです。

 

この度、クレムソンが価値ある情報を発信し、収益を得るためのスタートラインに立ち、障壁を乗り越えるために必要なお金を、皆様のお力をお借りして集めることができれば嬉しく思っております。
 

クレムソンについて

 

(タプタプと呼ばれる乗用車の荷台で移動するクレムソン)

 

Clemson Saint-fleur

1992年12月7日生まれ

 

【学歴】

Ecole Professional of Beaux arts

アートクラス(2004-2006)

 

Centre Education neo-humanism

ITプロフェッショナルクラス(2008-2011)

     

Haitian American Institute

TOEFLクラス(2013年3月)

 

【言語】

クレオール語、フランス語、英語

      

【職歴】

Grass Roots United(災害復興支援団体)

プロジェクトコーディネーターとして本部での管理業務、解体作業計画、コレラ対策プロジェクト、クレオール語教育業務に従事。(2010-2011)

 

European Disaster Volunteer(災害復興支援団体)

マネージャーとして避難民キャンプでの排水設備管理、教育強化プログラムの管理業務に従事(2011-2012)

 

OPEN STREET MAP

GPS端末を使ったオープンストリートマップシステムの教育を受け、ハイチのマークポイントを記録管理するプロジェクトに従事。

 

Join The Journey(避難民テントキャンプで支援活動を行うNPO)

現地コーディネーターとして、マイクロファイナンス業務、移転計画、農業計画などに従事。(2012-2013)

 

クレムソンからのメッセージビデオ

 

 

支援金使用用途

 

クレムソンのインターネットとサイト構築管理費
ネット契約と、数か月分の使用料を支払っております。また、サイト構築のためのドメイン取得などの費用も立て替えております。私はこれだけ回収できれば十分です。

コンテンツ製作のための機材
映像や画像でリアリティーを伝えるために、グレードの高いカメラと周辺機器を購入します。
 

パソコンを使用するためのソーラー電源
ハイチは電力供給がとても不安定です。ソーラー電源を購入し日中でもパソコンでの作業を可能にします。
 

移動用バイク
交通環境の悪いポルトーフランスでの取材活動や広報活動を行うために、最も効率よく移動できるバイクを購入します。また、地方での支援活動や事業活動についても紹介します。クレムソンは、人口が首都一極集中している今の現状から、人口を拡散していく手段としての地方での活動の重要性をよく理解しています。
 

広告宣伝費
ウェブサイトを知ってもらうための広報活動に使います。

 

余ったお金は、ハイチで私がお世話になり、クレムソンが以前働いていたJoin The JourneyというNPOへ全て寄付します。

Join The Journeyの活動紹介用動画

 

クレムソンの挑戦を成功させることで、世界の貧困の削減を一歩進めることができます。どうか皆様、ご支援の程、よろしくお願いします。

 

私はクレムソンが収入を得るようになっても、そこから1円も貰うつもりはありません。

世界の貧困削減を少しでも前進させたいです。
自分にとってもチャレンジだと思っています。

 

(空港まで見送りに来てくれました)

 

引換券について

 

・クレムソンがSaint-FLeur's CreationとしてデザインするTシャツ
 

*引換券用にクレムソンがデザインを考えます。

 

・クレオール語教育コンテンツと特典映像を収録したオリジナルDVD

 

(クレオール語教育コンテンツ、クレムソンの活動記録などを収録予定)

 

 

・Global Haiti Infoオリジナルジャケット

 

(左胸に『GHI』、背中にロゴを入れます)

 

 

Global Haiti Info(ウェブサイト)

 http://www.globalhaitiinfo.com/

 

世界の貧困を伝える旅(facebookページ)

https://www.facebook.com/TanakaYuki123

 

Twitter (田中優樹)

https://twitter.com/YukiTanaka1


最新の新着情報