プロジェクト概要

 

 モンゴル・ゴビ砂漠緑化プロジェクト始動 

この夏!『冒険家』風間深志がモンゴルへ!

 

 皆さん、はじめまして。NPO法人地球元気村の村長、風間深志(かざましんじ)と申します。私は地球元気村の村長ですが、肩書きは『冒険家』です。今まで冒険家として、いずれもオートバイにて、エベレスト6,005m地点、北極点、南極点に到達するなど、誰もやったことのないチャレンジをしてきました。そんな大自然の核心部分に迫る冒険の末に、自然の中での人間の生き方や日常の大切さを学んできました。そして1988年に、「人が”元気”に生きるためには、”元気”な自然との調和が一番大切」という価値観を元に、友人たちと『地球元気村』を立ち上げました。

 

 活動の一環として訪れたゴビ砂漠で、砂漠化によりモンゴルの遊牧民達の自然と調和して生きるというライフスタイルが崩れ始めていることに気づきました。そこで、2年前からモンゴルのゴビ砂漠の植林活動を行っています。

 

 本格的に緑化プロジェクトを行うために、今年の8月30日~9月8日の10日間で現地へ行き、砂漠の環境でも育つ樹種植え、「井戸」を掘り散水装置の設置を行います。ぜひみなさまも私の活動にご協力いただきたいです。よろしくお願い致します!

 

世界中を冒険しながら、自然の強さと儚さを身を持って学んできました。

 

「大自然と接する機会が少ない障がい者の方にも、冒険の世界に触れてほしい」

そこから、地球元気村とモンゴルのつながりが生まれました

 

 障がい者の方にも冒険の世界に触れる機会をつくるために、日本から比較的近い国で、極力人工物が少ない圧倒的な大自然を探しました。そこで、モンゴルの南に広がるゴビ砂漠が目に留まったのです。2013年、車椅子等の障がい者と健常者で一団を組んだ私たちは、ラクダに荷物を積んでキャンプを繰り返しながら砂漠を旅しました。日中は空と大地だけの世界を、ラクダという生き物を乗り物に進み、夜には天の川が天空に橋を架ける夜空の下で暖かい焚火を囲む。自分達以外の人工物が一切無い世界では、私達が地球とともに生きる一つの生命体であることを誰しもが疑いようなく理解する、真の「人と自然の調和」がありました。

 

2013年「車椅子に乗る障がい者にも冒険を!」と
障がい者と健常者が一緒にゴビ砂漠をラクダで旅しました。

 

私たちにとっては、厳しくも楽しいひと時の冒険の舞台であったゴビ砂漠。
しかし、当地に生きる人々はその拡大に苦しんでいたのです。

 

旅の中で、急激な砂漠化が進むモンゴルの危機的状況を知りました。

皆さん、地球の自然は近年どのように変わったのでしょうか?

 

 緑が減り、砂漠が増え、海は汚れ、大気は濁り、海氷は溶けて、残念ながら悪化する一方です。その中でも、同じアジアの国であるモンゴルは、近年地球温暖化に起因する国土の急激な砂漠化が深刻な地域の一つです。特に、ゴビ砂漠の中を移動しながら生きる遊牧民の状況は過酷で、家畜の餌となる地表の草木は激減し、地下水は涸れ、千年以上続いてきた彼らの営みが途絶えてしまうほど危機に瀕しています。私は地球元気村の活動を通じて、「人間は自然と調和しながら生きるべきだ!」ということを提唱し続けてきました。モンゴルの遊牧民達は、地球上で最もそれを実践している人達だと思っています。だからこそ、そのライフスタイルを脅かす昨今の温暖化と砂漠化に立ち向かうべく、2年前からモンゴルのゴビ砂漠の緑化活動に取り組んでいます。

 

厳しい自然の中にも、慎ましい生活と懸命に生きる命があります。

 

この子の将来が幸せであってほしいと願う親の気持ちは、
どんな国どんな地域でも同じです。

 

モンゴルの砂漠化の最大の要因の一つは地球温暖化です

そして、日本二酸化炭素の排出量は、世界第5位です!


 また、春を中心に大陸の砂が風にのって日本へ飛来する「黄砂」という現象がありますが、この砂のほとんどはゴビからやってきます。そのゴビの砂漠化が進めば進むほど、日本は黄砂の被害に苦しめられるという結果です。


 砂漠化を引き起こす要因は様々ですが、最大の要因の一つは地球温暖化に伴う気温上昇による、植物の成長阻害や降水量の減少があります。地球温暖化は、二酸化炭素などの温室効果ガスによって引き起こされますが、日本は世界全体の二酸化炭素の約4%を排出しており、これはなんと国別では中国、アメリカ、インド、ロシアに次いで世界で第5番目に多い数字です。つまり、ゴビの砂漠化に対して、日本は決して無関係ではいられない立場にあるのです。

 

全国地球温暖化防止活動推進センターウェブサイト
(http://www.jccca.org/)より

 

私たちが送る豊な生活の「ツケ」によって、すぐお隣の国で失われている命があります。
それを食い止める具体的な行動を、一緒に起こしましょう。

 

この夏、モンゴル・ゴビ砂漠の緑化プロジェクト本格的始動!

 

 これまでの活動は、モンゴルの現状確認や、施設周辺への植林が中心でしたが、今年より、このモンゴル・ゴビ砂漠の緑化プロジェクトを本格化して下記のようにに取り組みたいと思います。そこで、2016年8月30日〜9月8日の10日間で現地へ行き、私たちの手でゴビ砂漠に確実に苗木を植えて、日本の皆さまの気持ちを地球の緑へと移します。そして、ゴビ砂漠があるドルノゴビ県や植林をするウランバドラフ村と、本植林プロジェクトの協定・契約内容をしっかり締結します。

 

「ちゃんと育つ」樹種 

 

 ゴビ砂漠における植林活動は、これまでも様々な団体が取り組んできました。しかし、一定の成果を上げるには至っておりません。うまくいかない理由は、気候・風土に合った「ちゃんと育つ」樹種を選んで植えていないこと、植えた後の維持管理ができていないことが考えられます。同じ失敗を繰り返さないために、私たち地球元気村は有識者による事前調査を念入りに行い、ニレの木やアスペンなど砂漠での活着率が高い樹木を選定して植えていきます。

 

ご支援で購入した苗木は、私たちが現地の人々と協力して、一本一本大切に植えてきます。

 

​​ 水の確保として「井戸」を掘り太陽光で駆動する散水装置を設置 


 肝心の散水装置は、村の人々と協力しながら井戸を掘り、太陽光発電で駆動する水汲み上げポンプを設置して、自動散水のインフラを確立していきます。これにより乾燥や蒸発が激しい砂漠でも、根まで届く充分な水を与え続けることができます。
また、村の幼稚園や小学校の校外活動や学習の一環として、苗の成長を見守り、観察してもらうように確実な指導を行います。

 

2015年は幼稚園にも植林をしました。
当地ドルノゴビ県の県知事も私たちを応援してくれています。(風間の後ろの男性)

 

資金の使い道


プロジェクト実行には総額385万円程の費用が必要となり、このクラウドファンディングを立ち上げさせて頂きました。

 

①苗木購入金額:150,000円
②苗木運搬金額:50,000円
③散水装置設置費用:1,800,000円
④苗木および散水装置の年間維持管理費:300,000円
⑤支援者リターン関係費:850,000円
⑥プロジェクト成立時手数料:706,860円
※差額については自己負担

 

どうか、できる範囲で構わないので

温かいお気持ちで私たちを応援していただけないでしょうか。
 

一昨年の植林時の一枚。
右から風間、ドルノゴビ県知事、JICAスタッフ

 

モンゴルの心強い協力者の方々

 

そしてこの植林をより確実に遂行していくために、モンゴルの有力者や有識者の方々にもご協力を頂きます。もちろん、全員私と親交がある方々です。

 

(左)駐日モンゴル国大使館 L・ダワージャルガル参事官
(右)言語博士 / モンゴル日本関係促進協会理事長S・デムベレル博士

 

(左)ゴビ砂漠があるドルノゴビ県 P・ガンクヤング県知事
(右)ゴビ砂漠の中にあるウランバドラフ村のB・ガンゾリック村長

 

最後に、風間深志から皆さまへお伝えしたいこと

 

 自分で言うのも恥ずかしいのですが、私が冒険家として成し遂げたてきたこれまでの功績によって、当地の県知事や村長さんの全面的協力と信頼関係を得ているからこそ、可能なパートナーシップだと思っています。この信頼の絆に背くようなことは決してあってはならないと、心に留めています。この夏、私はモンゴルへの3回目の植林を行ないますが、その地に日本の人々の、優しい気持ちも携えて、植えてきたいと思っています。

 

大切なのは、チャレンジしてみようと思うこと。

夢を持ち、そしてはじめの一歩を踏み出すこと。

それが私が冒険で得てきた「道しるべ」です。

 

 誰もが夢を見る権利を持っています。誰かが夢を見なければ、この青い地球が本当の自然を取り戻す日は来ないと思っています。これを見てくれているあなたに、その「誰か」となる少しの勇気があるならば、私と一緒に『地球の緑を取り戻す夢』を見ようではありませんか。

 

この絵にあるような立派な木だって、きっと育ててみせます!

 

私は、人間と地球の未来をこの先もずっと考え続けていきます。
どうか、多くの皆様の深いご理解とご協力を、心よりお願い申し上げます!

 

リターンについて

 

1,000円 のリターン

 

・ゴビ砂漠に苗木1本を(9月に地球元気村が植林に行きます)
・風間深志からのお礼メッセージメール

 

 

5,000円 のリターン

 

・ゴビ砂漠に苗木2本を(9月に地球元気村が植林に行きます)
・風間深志からのお礼メッセージメール
・プロジェクトオリジナルステッカー
・ゴビ砂漠の貴重で美しい写真集

 

 

 10,000円 のリターン

 

・ゴビ砂漠に苗木3本を(9月に地球元気村が植林に行きます)
・植林場所に立てるボードにお名前を記入
・地球元気村ホームページ内に支援者としてお名前を掲載(希望者のみ)
・風間深志からのお礼メッセージメール
・プロジェクトオリジナルステッカー
・ゴビ砂漠の貴重で美しい写真集

・プロジェクトオリジナルTシャツ(沢野ひとしデザイン+モンベル製)

 

 

 30,000円 のリターン

 

・ゴビ砂漠に苗木5本を(9月に地球元気村が植林に行きます)
・植林場所に立てるボードにお名前を記入
・地球元気村ホームページ内に支援者としてお名前を掲載(希望者のみ)
・風間深志からのお礼メッセージメール
・プロジェクトオリジナルステッカー
・ゴビ砂漠の貴重で美しい写真集
・プロジェクトオリジナルTシャツ(沢野ひとしデザイン+モンベル製)
・帰国後の報告パーティーへのご招待

(風間深志、モンゴル大使館の関係者、植林ツアー参加者と交流できます)

 

 

50,000円 のリターン

 

・ゴビ砂漠に苗木10本を(9月に地球元気村が植林に行きます)
・植林場所に立てるボードにお名前を記入
・地球元気村ホームページ内に支援者としてお名前を掲載(希望者のみ)
・風間深志からのお礼メッセージメール
・プロジェクトオリジナルステッカー
・ゴビ砂漠の貴重で美しい写真集
・プロジェクトオリジナルTシャツ(沢野ひとしデザイン+モンベル製)
・帰国後の報告パーティーへのご招待
(風間深志、モンゴル大使館の関係者、植林ツアー参加者と交流できます)
・植林後の成長・管理の写真や動画を毎月1回メール等で配信いたします

 

 


最新の新着情報