今回は山梨県甲府市の支援者の望月和文様からの応援メッセージ

今回はシニアの雇用と若者の雇用の調和やバランスについてメッセージを頂きました。感謝すると共にここも重要だと感じました。

以下メッセージ

ご縁様こんばんは。いつも情報提供ありがとうございます。シニアの雇用の必要性ということですが、現状多少の病気を抱えていることは当然ですが、お元気なシニアの方々が増えていらっしゃいます。私の友人で60歳で退職をされたばかりの方々は今は65歳までの就職の延長がありますので、職場でのいろいろの不満を抱えながらも経済的には余裕があり、羨ましく思える部分もあります。技術職であれば、長年のスキルがありまだまだ現場で重宝されると思います。営業・事務職であれば、長年築いた人脈を利用し若者に負けない業績を着実に伸ばすこともできると思います。企業側にすればシニアの人件費を落とし、雇用できるのですから、企業にとっても有利と思いますが、それに頼り過ぎるとと若手の育成ができず、若者の就職の機会も奪い社会全体としては困ったものです。これからの若者は肩車で超高齢化社会の老人の年金を払っていかなければならず、シニアが出しゃばり過ぎると若者がかわいそうですよね。ここはひとつ提案ですが60歳以上あるいは65歳以上に限るシニア従業員のみの企業を興したらどうでしょうか?そこで職種はいろいろあると思いますが、それぞれ培ってきたスキルが活かせるシニアによるシニアのための起業を。具体的な構想が追い付かなくてすみません。 クラウドファンドの成功をお祈りします。頑張って下さい。