クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

メディアのメディアを創ろう!誤った情報に惑わされないために

楊井人文(日本報道検証機構代表・弁護士)

楊井人文(日本報道検証機構代表・弁護士)

メディアのメディアを創ろう!誤った情報に惑わされないために
支援総額
1,622,000

目標 1,500,000円

支援者
168人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
9お気に入り登録9人がお気に入りしています

9お気に入り登録9人がお気に入りしています
2014年04月08日 00:56

Gooddoに参加しました。

【毎日のクリックで日本報道検証機構を応援して頂けます!】
http://gooddo.jp/gd/group/watchdog/?md=fb


日本報道検証機構は、ソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)に参加いたしました。

上記のリンクからgooddoの日本報道検証機構のページに行き、毎日クリックをするだけで、支援金が「日本報道検証機構」に届けられます。

他にもgooddo内では日本報道検証機構の情報をご覧いただけます。
ぜひ覗いてみてください!

ご支援頂いたお金は、当機構のスタッフ雇用や調査、セミナーの開催など、報道の質を高める費用として活用いたします。

日本報道検証機構とは?
日本報道検証機構は、「GoHoo」の運営、「報道品質セミナー」の開催など、報道の正確性・信頼性の向上を促進するため活動している民間の第三者機関です。

gooddo(グッドゥ)とは?
自分の応援したい社会貢献団体を、誰でも、今すぐ、簡単に応援できるソーシャルグッドプラットフォームです。

ぜひ「クリック」「いいね!」でご協力をお願いいたします!
http://gooddo.jp/gd/group/watchdog/?md=fb

 

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

1.日本報道検証機構の賛助会員となり、「GoHoo月報」やメールマガジンなどを配信します。
2.GoHoo(新ロゴ)オリジナルステッカーをプレゼントします。

支援者
111人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

1.日本報道検証機構の一般会員となり、「GoHoo月報」やメールマガジンなどを配信します。
2.GoHoo(新ロゴ)オリジナルステッカーをプレゼントします。
3.マスコミ関係者などを講師に招き、報道のあり方を議論する「報道品質セミナー」(通常1回3000円)や「メンバーフォーラム」(活動報告会)にも参加できます。

支援者
53人
在庫数
制限なし

100,000円(税込)

1.日本報道検証機構の一般会員となり、「GoHoo月報」やメールマガジンなどを配信します。
2.GoHoo(新ロゴ)オリジナルステッカーをプレゼント。
3.マスコミ関係者などを講師に招き、報道のあり方を議論する「報道品質セミナー」(通常1回3000円)などの会員向けイベントに参加できます。
4.機構の理事会にオブザーバー参加できます。
5.サイトにお名前を掲載します(希望者のみ)。

支援者
3人
在庫数
制限なし

300,000円(税込)

1.日本報道検証機構の一般会員となり、「GoHoo月報」やメールマガジンなどを配信します。
2.GoHoo(新ロゴ)オリジナルステッカーをプレゼント。
3.マスコミ関係者などを講師に招き、報道のあり方を議論する「報道品質セミナー」(通常1回3000円)などの会員向けイベントに参加できます。
4.機構の理事会にオブザーバー参加できます。
5.サイトにお名前を掲載します(希望者)。
6.楊井代表(弁護士)がメディアに関する質問・相談に応じます(1年以内に最大3時間まで)。

支援者
1人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする