READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

メディアのメディアを創ろう!誤った情報に惑わされないために

楊井人文(日本報道検証機構代表・弁護士)

楊井人文(日本報道検証機構代表・弁護士)

メディアのメディアを創ろう!誤った情報に惑わされないために
支援総額
1,622,000

目標 1,500,000円

支援者
168人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
9お気に入り登録9人がお気に入りしています

9お気に入り登録9人がお気に入りしています
2014年05月04日 18:06

支援に関する疑問について

日本報道検証機構の「メディアのメディアを創ろう!」プロジェクト支援者のみなさま。

私どもの活動にご賛同とご支援をいただき、誠にありがとうございます。

このREADY FOR?プロジェクトに支援した場合、引換券として「日本報道検証機構の賛助会員もしくは一般会員になる」資格が付与される点に関して、疑問が寄せられましたので、ご説明させていただきます。

 

今回のREADY FOR?のプロジェクトが目標額を達成して成立した場合、ご支援していただいた方は支援額に応じて日本報道検証機構の賛助会員もしく一般会員となっていただくことができます。ただし、会員になっていただくには、登録手続が必要となります。登録手続についてはプロジェクト成立後にご案内させていただきます。ですので、自動的に会員となるわけではなく、ご希望でない方は会員登録を辞退することもできます。

当機構は年会員制をとっておりますので、会員登録したとしても毎月の会費が発生することはありません。会員登録していただいた方には、当機構からGoHoo月報やメールマガジンなどの会員サービスを1年間提供させていただくだけで、会員の方々が自動的に新たな負担を負うことはありません。もしメール等の配信をご希望でない場合は期間満了前に登録を解除することもできますので、ご安心ください。

期間満了時に会員を継続していただくかどうかは、会員ご自身でご判断いただくことになります。引き続き会員として当機構の活動をご支援いただける場合は、次年度の年会費をお支払いただくことで1年間更新することができます。

 

GoHooのサイトに会員制度のご案内を掲載しておりますので、こちらもご参考にしていただければと存じます。
◇ご案内:http://gohoo.org/news/members/
◇会員規約:http://gohoo.org/news/terms/

何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。 

一覧に戻る

リターン

3,000

1.日本報道検証機構の賛助会員となり、「GoHoo月報」やメールマガジンなどを配信します。
2.GoHoo(新ロゴ)オリジナルステッカーをプレゼントします。

支援者
111人
在庫数
制限なし

10,000

1.日本報道検証機構の一般会員となり、「GoHoo月報」やメールマガジンなどを配信します。
2.GoHoo(新ロゴ)オリジナルステッカーをプレゼントします。
3.マスコミ関係者などを講師に招き、報道のあり方を議論する「報道品質セミナー」(通常1回3000円)や「メンバーフォーラム」(活動報告会)にも参加できます。

支援者
53人
在庫数
制限なし

100,000

1.日本報道検証機構の一般会員となり、「GoHoo月報」やメールマガジンなどを配信します。
2.GoHoo(新ロゴ)オリジナルステッカーをプレゼント。
3.マスコミ関係者などを講師に招き、報道のあり方を議論する「報道品質セミナー」(通常1回3000円)などの会員向けイベントに参加できます。
4.機構の理事会にオブザーバー参加できます。
5.サイトにお名前を掲載します(希望者のみ)。

支援者
3人
在庫数
制限なし

300,000

1.日本報道検証機構の一般会員となり、「GoHoo月報」やメールマガジンなどを配信します。
2.GoHoo(新ロゴ)オリジナルステッカーをプレゼント。
3.マスコミ関係者などを講師に招き、報道のあり方を議論する「報道品質セミナー」(通常1回3000円)などの会員向けイベントに参加できます。
4.機構の理事会にオブザーバー参加できます。
5.サイトにお名前を掲載します(希望者)。
6.楊井代表(弁護士)がメディアに関する質問・相談に応じます(1年以内に最大3時間まで)。

支援者
1人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする