クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

メディアのメディアを創ろう!誤った情報に惑わされないために

楊井人文(日本報道検証機構代表・弁護士)

楊井人文(日本報道検証機構代表・弁護士)

メディアのメディアを創ろう!誤った情報に惑わされないために
支援総額
1,622,000

目標 1,500,000円

支援者
168人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
9お気に入り登録9人がお気に入りしています

9お気に入り登録9人がお気に入りしています
2014年05月20日 18:49

GoHooインタビューを配信

最近のGoHooから主に発信した情報をお知らせします。

 

1.GoHooインタビュー第3弾を公開

 

【5/17公開】「南京大虐殺」否定説の真相/ベストセラー著者ヘンリー・ストークス氏に聞く

 

ベストセラー著書「英国人記者が見た戦勝国史観の虚妄」に「南京大虐殺」の記述が無断加筆されたとの疑惑報道(共同通信5/8)について、英国人記者である著者のヘンリー・ストークス氏がインタビューに応じ、真相を語った(日本語字幕あり)。ロング・バージョン近日中に公開予定。

 

 

※GoHooは動画コンテンツを配信中(現在24本)。

《過去の独自インタビュー》

【2/10公開】PC遠隔操作事件主任弁護人に聞く3大誤報(ダイジェスト版)

【2/7公開】「冷水に入るロシア正教の『洗礼式』」は誤報?/日本正教会司祭・クリメント北原史門さんに聞く 

 

 

 

2. 最近の注意報ピックアップ

 

【5/16】「3Kやりたがらない」発言報道 ゼンショーHDが遺憾

→ゼンショーHDがホームページでGoHoo注意報を紹介。

 

【5/12】南京大虐殺否定「翻訳者が無断加筆」 著者ら否定

 

【5/3】「京大総長、世界から公募へ」 実際は「国内外に推薦依頼」

 

【4/28】オバマ”正しくない”発言 「政府が同時通訳」は誤報

→GoHoo注意報を受け、琉球新報が訂正記事を掲載

 

【4/15】「人間ドック学会、健康基準を緩和」は事実誤認

→人間ドック学会がホームページでGoHoo注意報を紹介。

 

 

3.ご協力のお願い

 

クラウドファンディングの期間も残り25日となりました。

多くの方々の支援を表明いただきましたが、現状はまだ目標額の達成に厳しい情勢です。ぜひ、周りに方に、このプロジェクトの意義をお知らせいただき、一人でも多くの方からご支援をいただけるよう、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

また、既に支援表明いただいた方も、支援額の追加申込が可能ですので、ご検討いただきますと幸いです。

引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

1.日本報道検証機構の賛助会員となり、「GoHoo月報」やメールマガジンなどを配信します。
2.GoHoo(新ロゴ)オリジナルステッカーをプレゼントします。

支援者
111人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

1.日本報道検証機構の一般会員となり、「GoHoo月報」やメールマガジンなどを配信します。
2.GoHoo(新ロゴ)オリジナルステッカーをプレゼントします。
3.マスコミ関係者などを講師に招き、報道のあり方を議論する「報道品質セミナー」(通常1回3000円)や「メンバーフォーラム」(活動報告会)にも参加できます。

支援者
53人
在庫数
制限なし

100,000円(税込)

1.日本報道検証機構の一般会員となり、「GoHoo月報」やメールマガジンなどを配信します。
2.GoHoo(新ロゴ)オリジナルステッカーをプレゼント。
3.マスコミ関係者などを講師に招き、報道のあり方を議論する「報道品質セミナー」(通常1回3000円)などの会員向けイベントに参加できます。
4.機構の理事会にオブザーバー参加できます。
5.サイトにお名前を掲載します(希望者のみ)。

支援者
3人
在庫数
制限なし

300,000円(税込)

1.日本報道検証機構の一般会員となり、「GoHoo月報」やメールマガジンなどを配信します。
2.GoHoo(新ロゴ)オリジナルステッカーをプレゼント。
3.マスコミ関係者などを講師に招き、報道のあり方を議論する「報道品質セミナー」(通常1回3000円)などの会員向けイベントに参加できます。
4.機構の理事会にオブザーバー参加できます。
5.サイトにお名前を掲載します(希望者)。
6.楊井代表(弁護士)がメディアに関する質問・相談に応じます(1年以内に最大3時間まで)。

支援者
1人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする