前回ご紹介したGoHooのインタビューが米主要紙The Wall Street Journal電子版で取り上げられました。

 

「南京虐殺はなかった」書籍めぐる議論が混迷―英国人著者が弁明(The Wall Street Journal 2013/5/23) (英語版

 

最近メディアで取り上げられた事例もあわせてご紹介します。

 

共同通信の取材を受け、地方紙などに配信された例

4月12日付北海道新聞、西日本新聞など多くの地方紙と、14日付産経新聞タブロイド判「Sankei Express」で、日本報道検証機構と「GoHoo」の活動が報道されました。いずれの記事も、共同通信記者が当機構代表を取材して配信したもので、ネット上でニュースの検証活動とを行っているサイトの実例として紹介され、当機構代表のコメントも引用されています。

 

■八田隆さんの著書で紹介された例

冤罪被害の当事者となった八田隆さんの著書「勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか」(光文社、2014年5月刊)で、日本報道検証機構が紹介されました(p.227)。八田さんは、当機構のスペシャル・アドバイザーにも就任していただいています。

 

その他過去のメディア掲載事例はこちらのページをご覧ください。

 

新着情報一覧へ