READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
成立

27年間北斗星食堂車両として活躍し続けたグランシャリオを守りたい!

嶋田 悟志(株式会社PYC)

嶋田 悟志(株式会社PYC)

27年間北斗星食堂車両として活躍し続けたグランシャリオを守りたい!

支援総額

10,770,000

目標金額 7,000,000円

支援者
617人
募集終了日
2021年10月19日
プロジェクトは成立しました!
72人がお気に入りしています

72人がお気に入りしています

プロジェクト本文

 

第二目標達成への御礼と今後いただくご支援について

 

 

ご支援者の皆さま

 

 

お世話になっております、株式会社PYC 嶋田です。

皆様のご協力のおかげで、10月17日に第2目標である1000万円を突破致しました!


多大なるご支援、誠に有難うございました。弊社全スタッフを代表し、御礼申し上げます。

 

老朽化したグランシャリオが現代に復活できるよう、早速修復プロジェクトを開始するとともに、1000万円を超えた部分のご支援につきましても、グランシャリオ車輛の修繕・保存費用として充てさせて頂きます。工事は来年3月までに実施予定となっております。


復旧の様子などは、ご支援いただきました皆様に送付し、プロジェクト完成後レポートにてご報告させて頂きます。楽しみにお待ちいただけると幸いです。

 

クラウドファンディング開催中は、全国の障がい者事業所の皆様より沢山の応援メッセージを頂きました。今後も就労支援の場所として保存していきたく思っております。

 

グランシャリオでは、皆様のご利用をスタッフ一同お待ちしております。どうぞお気軽にお越しください。

 

今後とも、食堂車輛グランシャリオ、および株式会社PYCを宜しくお願い致します。

 

以上 簡単ではありますが、ご挨拶に代えさせていただきます。

 

 

2021年10月18日 追記
株式会社PYC 嶋田悟志

 

あと2年で迎える半世紀の車両、寝台特急「北斗星」。

 

今では、ベーカリーレストランとして新たな活躍の場を広げてくれています。

 

しかし、老朽化が止まらず、このままでは車両だけでなく、従業員として働く障がいを持つ方の雇用の場も失われてしまいます。


今回は、寝台特急「北斗星」を、そして障がい者雇用を守るためのプロジェクトです。


寝台特急「北斗星」を愛していただいたファンの皆様の想いと、レストラン「グランシャリオ」で働く障がいを持つ従業員の雇用を守るため、プロジェクトを立ち上げました。

 

昭和・平成・令和と三世代を歩んだ「北斗星」の50周年まであと2年
 

車両修繕による保存と障がい者雇用に向けての活用を目指すため、どうか、皆様の応援・ご支援をよろしくお願いいたします。

 

 

株式会社PYC 嶋田悟志


 

寝台特急「北斗星」の食堂車両グランシャリオを老朽化から守りたい

 

ページをご覧いただきありがとうございます。株式会社PYC代表取締役の嶋田悟志です。


寝台特急「北斗星」の食堂車両でもあったグランシャリオは、東川口駅周辺のランドマークとしての移転の計画があり、2016年3月に当社がJRから購入、ピュアヴィレッジ内(川口市戸塚)に置かれることとなりました。

 

現在、グランシャリオは、当社の傘下として障がいを持つ方でも働けるベーカリーレストランの事業を展開し、お客様をお迎えしています。

 

「北斗星」が現役で走っていた頃は乗車をしたことはありませんでしたが、生涯で一度は乗ってみたい車両の一つでした。

 

下の動画は、ピュアヴィレッジに車両が運搬される際に撮った映像です。今思い出してみても終始感動を覚え、胸を熱くした記憶が蘇ります。

 

 

 

私自身は車両を保存するプロではありません。

 

当初、レストランをオープンした際に、「北斗星」のファンの方から素人が管理ができるのかと厳しいお言葉をいただくこともありました。しかし、「残してくれてありがとう」と泣いて喜んでくれる方もいらっしゃいました。

 

それからは、この愛されている車両をファンの皆様のため、また地域のランドマークとして根付かせるため守らなければならないと強い想いを持っております。

 

しかし、このコロナ禍でグループ会社、株式会社ピュアフードプランニング運営の飲食店舗や株式会社ピュアホームズで運営している介護施設(主にデイサービス)の業績が厳しく、これ以上老朽化が進むと車両を守ることができなくなってしまいます。

 

どうか皆様のお力で「北斗星」を一緒に守っていただけませんでしょうか?

 

今回のクラウドファンディングでのご支援のほどよろしくお願いいたします。

 

 

 

グランシャリオでは障がいを持つ方も働いてくれています

 

私がグループ会社として経営する株式会社PYCでは、主に障がい者支援事業と保育事業を行っております。

 

特に障がい者支援事業では、放課後等デイサービスを始め、就労継続多機能型事業所、グループホームを運営しております。

 

元々この事業は、息子に学習障がいがあったのがきっかけで、障がい者の社会問題に何か貢献できないかと考え、立ち上げたものです。


私は障がいも個性として受け入れ、「発達に凸凹があっても、社会の一員として自然に受け入れられ、活躍できる」社会の実現をめざしています。

 

そして5年前、障がい者就労支援を開始し、軽度な障がいを持つ方でも表に出れる場として、就業していただくことを目指しておりました。

 

その中で、ご縁があり寝台特急「北斗星」の食堂車両であったグランシャリオを管理させていただくこととなりました。現在では、障がい者の方でも働くことができるベーカリーレストランとして事業展開し、お客様をお迎えしています。

 

 

グランシャリオのオープン当時は完全予約制で、近隣グループ飲食店舗(イタリアン、蕎麦と和食)のランチとディナーを提供しておりました。

 

しかし、予約なしのお客様にも提供したい、気軽にご利用いただきたいと思い、隣にあったベーカリーと共同し、ベーカリーレストランになりました。

 

障がいを持つ方の就労の場所として活躍するだけでなく、焼き立てパンが食べ放題のハンバーグやカレーセットなどが楽しめる場所として、地域の方々にご愛顧いただいております。

 

このように東川口の中のランドマークとなるだけでなく、地域の雇用創出が生まれる場でもあり、地域住民の方が楽しんで訪れていただける場としても「北斗星」は活躍してくれています。

 

 

止まらない車両の老朽化
〜車両の保存と雇用を守りたい〜

 

現在、ピュアヴィレッジにグランシャリオがきてから5年経ちます。

 

北斗星ファンの方やご近隣にお住まいのお子様から高齢の方を始め、たくさんの方に愛されている北斗星グランシャリオですが、走行していない車両は劣化が早く、老朽化が進んでしまっております。

 

 

外壁塗装は、車体本体にかなり錆がでてしまっているため、錆をすべて落とさなくてはいけない作業が必要な状況であり、費用の大部分を占めております。

 

また、窓ガラスにも水が浸み込んでしまい、窓回りが膨らんでしまっているため交換を予定しております。

 

今回の車両の修繕には、総額1,100万円かかります。

 

車両修繕積立金として、どうにか100万円を用意することはできました。しかし、残りの修繕費用を賄うことが難しい状況です。

 

そのため、今回クラウドファンディングに挑戦し、支援を募らせていただくこととなりました。

 

約50年の歴史を作ってきた車両を残し、今グランシャリオで働く従業員の雇用を守らなければなりません。

 

どうか「車両と雇用を守る」ために皆様のお力添えとご支援のほどよろしくお願いいたします。

 

【詳細】

・外壁の塗装                 

・屋根の防水工事               

・足回りの塗装                

・近隣の防音対策として足場シート囲い      

・車両窓ガラスの交換

・車体補修作業 

・その他材料費            

合計 1,100万円

 

※2022年3月31日までに車両の補修工事が完了したことを以ってプロジェクトを終了とします。

 

 

First Goal:700万円

窓以外の車両修繕を行い、グランシャリオのリニューアルを行います。

 

Next Goal:1000万円

窓を含めた車両修繕を行い、グランシャリオの完全リニューアルを行います。

 

 

これからも愛されるグランシャリオを目指して

 

まずは、皆様からいただくご支援でしっかりとメンテンナンスを行い、これからもグランシャリオを愛していただける街のランドマークとして蘇らせます。

 

そして、今すぐは難しいですが、新型コロナウィルス感染症の終息が見えたタイミングで、イベント等も開催していきたいと考えています。

 

地域の方々が集まる場所として街の活性化を目指し、歴史ある鉄道車両の保管、障がい者雇用を守るため、ぜひご支援のほどよろしくお願いいたします。

 

 

 

応援メッセージ

 

杉山淳一 様(乗り鉄、書き鉄)



 

食堂車は、おもしろい。


列車の中にレストランがある。それも、街中の、ちょっと気の利いた洋食屋さんのような。だけど気軽にいける店というわけでもなくて、列車で旅する人だけに作られた特別な店だ。

 

寝台特急に乗り込み、ベッドに座り、荷物の置き場所を決めて上着を脱ぐ。列車が走り出し、翌朝まで過ごす覚悟を決めた後で、いそいそと食堂車に行く。なんとも晴れがましい気持ちになる。だって、お腹を満たすだけなら駅弁を買っておけばいいし、コンビニでサンドウィッチやおにぎりを買えば安く済む。それに比べて食堂車はぜいたくだ。

 

食堂車の窓は寝台車より大きくて、夜は自分の姿が映るけれど、透き通った自分の姿の奥で街の灯が流れていく。朝食時間は明るくて、出掛ける人、犬の散歩をする人がいて、静かな街が活気づいていく。そんな動く景色を眺めながら温かい食事をいただく。フロアスタッフさんは揺れる車内でも涼しい顔をして歩いている。注文するとき、食事をサーブするとき、お会計するとき、気の利いた挨拶もできる。

 

観光列車やクルーズトレインに食堂車がある。とびっきり工夫した料理が出てくる。寝台特急の食堂車もメニューを工夫しているけれど、雰囲気はかなり違う。誰もが物見遊山のお客ではないからだ。これから始まる旅に期待を膨らませている人もいれば、飛行機が苦手で仕方なく長距離列車を選ぶ人もいる。つらい別れに心を沈ませた人もいる。嬉しい旅ばかりではない。

 

でも、温かい料理はどんな人の心も豊かにしてくれる。楽しみは倍増し、悲しみは癒やされる。それが長距離特急の食堂車だ。テーブルひとつひとつがドラマであり、そこに座る人たちが主人公だ。もちろん僕自身も人生の主役。

 

寝台特急北斗星は1988年から運行を開始した。青函トンネルが開通し、北海道と本州の線路がつながった。そこで、上野〜青森間の寝台特急「ゆうづる」を札幌まで延伸し、北斗星という新しい名前を与えた。長距離運行になるため、廃止された寝台特急の客車を寄せ集め、食堂車を復活させた。ところが、客車の食堂車は廃車となっていたため、特急電車の車体を改造して食堂車を作った。フランス後で北斗七星を意味する「グランシャリオ」という店名が与えられた。

 

北斗星は人気の列車だったけれど、車両の老朽化と北海道新幹線の開通準備のため廃止された。このとき、廃車予定だった食堂車を譲り受けて誕生したレストランが、ピュアビレッジ東川口の「グランシャリオ」だ。この店ができたときは本当に嬉しかった。ただ保存して店にするというだけではなく、隣の料亭の庭を借景とした。車窓は動かないけれど、四季の旅情を感じさせる。

 

鈴木周作 様(札幌市在住・イラストレーター


 

食堂車の明かりはいつも特別でした。

 

薄暗い上野駅13番線ホームの喧騒の中でも。大屋根の隙間から粉雪が舞い込む夕刻の札幌駅でも。テーブルランプの光が漏れる食堂車の窓だけは、まるで一条のスポットライトに照らされているかのようにひときわ輝いていました。


「いつか乗ってみたいなぁ……」と羨望のまなざしで見送る人。待ちに待った旅の始まりに心躍らせる人。さまざまな想いを胸にホームを行き交う人々を横目に、車内ではアテンダントさんがディナーのテーブルのセッティングを手際よく進め、厨房ではコックさんがいま積み込んだばかりの食材を並べて早速準備に取り掛かります。やがて発車メロディが流れるとアテンダントさん達は一斉に手を止め、窓越しにホームに向かって一列に並びます。ゴトンと列車が動き出すのと同時に、駅員さんやホームの人々に向かって深々とお辞儀をする凛々しい姿は、遠い昔の国鉄時代から変わらぬ食堂車の美しい伝統でした。

 

多くの方々のご尽力によって、食堂車「スシ24-504」が東川口に安住の地を得られたのは本当に喜ばしいことです。でも、それ以上に嬉しいのは、その車内には今も変わらず明かりが灯り、温かな料理の匂いが漂っていることです。


紛れもなく、この食堂車は今も生きているのです。

 

動くことのない食堂車のテーブルで美味しい料理を頂いていると、ふと函館駅での機関車交換の長時間停車を想い出します。それとも猛吹雪による運転見合わせでしょうか? 北国を走る列車だけに、特に冬場は運行障害にも度々見舞われましたが、それも今となっては忘れられない想い出です。

 

昭和から平成にかけて走り続けた、そんな寝台特急「北斗星」の旅の空気を令和に伝える「最後の灯」として。


この食堂車の明かりがいつまでも輝き続けるよう、私もずっと応援し続けていくつもりです。


ぜひ多くの皆様にもご賛同、ご支援頂けたら幸いです。

 

 

荻野 洋 様(埼玉高速鉄道株式会社 代表取締役社長

 

 

私は、2003年6月から2011年6月まで、北斗星の食堂車輛グランシャリオを運営していた、株式会社日本レストラン・エンタプライズという会社で代表を勤めておりました。
(現在は、キオスク等と統合され、JR東日本クロスステーションという会社になっています。)

 

食堂車輛グランシャリオは、当時、お客様のいろいろな人生と夢を乗せて、上野・札幌間を走り抜けていました。各窓に配置された食堂車独特のランプが、美しく夜の行路を走り、白いテーブルクロスとそこに働くアテンダントの姿が、チラチラと見え隠れして、見ている自分にも、これに乗って旅をしたいという「旅情」が、湧いてきました。

 

ある時、食堂車輛で永年働いていた名物コックさんが、定年退職されるとのことで、最後の乗務となる日に、会社の皆で北斗星が戻ってくるのを上野駅で待ち受けていたことを思い出しました。ホームではコックさんの奥様も花束を抱え、皆で拍手とともに出迎えました。揺れる列車の狭い調理場で、お客様の注文に応じてきた。その独特な苦労が思い出され、コックさんも感極まっておられました。このときの様子は、私の良き思い出の1ページとなっています。

 

2015年8月に北斗星は引退となり、車輛は東京都の「田端客車区」に保管されていましたが、翌年の2016年より北斗星の新たな活躍の場として、この東川口の地にレストランとして復活できたことは、車輛にとっても幸せなことだと喜んでいます。

 

最初は高速鉄道沿線を盛り上げたいという想いから、引退したグランシャリオを有効利用できないだろうかと考え、北斗星引退の同年、2015年に嶋田社長へJR東日本を紹介しました。移動から設置・保全など困難なプロジェクトになると思いましたが、勇気を持って車輛を救って頂いた嶋田社長には大変感謝しております。

 

私も今回のクラウドファンディングに賛同し、支援をさせて頂いております。
是非皆様にもご賛同、ご支援をお願いしたく、応援メッセージを掲載させて頂きました。何卒宜しくお願い致します。

 

 

 江草 三四朗様(桜山社 代表)

名古屋市の出版社・桜山社(さくらやましゃ)の江草と申します。


「27年間北斗星食堂車両として活躍し続けたグランシャリオを守りたい!」

このクラウドファンディングを知りました。 

 

北斗星は、かつて上野駅から札幌駅間を結んでいた寝台特急。2015年に惜しまれつつ27年間の役目を終えました。私は会社員時代、北斗星で一人旅を通して車中での一期一会の出会いを楽しみました。寝台で自分ひとりと向き合う時間は大切なものでした。なかでも、食堂車「グランシャリオ」で過ごした思い出は決して忘れることはありません。

 

このほど、クラウドファンディングと同時期に「北斗星」をテーマにした小説『北斗星に乗って』が完成いたしました。北斗星、グランシャリオへの愛着と絶対に風化させたくない強い思いがあり、北斗星とのご縁があった作家の広小路尚祈さんに執筆を依頼しました。

 

有り難くもお知らせの機会をいただきましたので、簡単にご紹介いたします。


――青く美しいこの列車は、僕をもう一つの世界へ運んでくれる。
『北斗星に乗って』は、北斗星を舞台に人間模様を描いた短編8話からなる書き下ろし小説です。今は無き寝台列車とグランシャリオでの思い出がつまっています。物語は、「週末のサラリーマン」「美唄市の夫婦」「上京する新社会人」「名古屋の新婚さん」「おばさんの集団」「少年と父」「早期退職をしたおじさん」「酪農家の跡取り」です。

 

私の夢は「子どもと一緒に北斗星に乗って食堂車のグランシャリオでディナーを食べること」でした。残念ながらその夢は叶いませんでしたが、多くの賛同者の皆様の声を拝見していますと、グランシャリオでの思い出があふれ涙がこぼれます。子どもが大きくなった時、グランシャリオを家族で訪れたいです。

 

私は一人で出版業を営んでいるためまとまったご支援ができず、微力な支援でたいへん心苦しく思います。グランシャリオ車両を後世に残していくことは、思い出も語り継がれていきます。どうか皆様の温かいご支援、ご賛同を何卒よろしくお願いいたします。

 

 

留意事項

 

※コロナ禍により、工事状況によって、スケジュールに遅延や変更が生じる場合がございます。

 

※完成後のレポートを送付させていただく時期が、修繕完了以降となるため、工事の遅れなどによって送付が遅れる場合がございます。

 

※お食事のご招待に関しまして、「特措法に基づくまん延防止等重点措置」や「新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言」の時期と重なった場合など、行政や所轄の保健所などの判断に基づき、適切に対処して参ります。そのため、ご招待の時期をずらす場合もございますが、その際はこちらからご連絡させていただきます。

 

※●本プロジェクトのギフトのうち、【お名前掲載】に関するギフトの条件詳細については、リンク先(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「支援契約」の中にある「●命名権、メッセージの掲載その他これに類するリターン」をご確認ください。

 

第一目標達成のお礼とネクストゴールについて
 

 

ご支援者の皆さま

 


9/20に無事700万円のクラウドファンディングを達成することができました。本当に、感謝しても感謝しきれません。ありがとうございます。


始まった当初は、絶対に達成させる!という気持ちでいましたが、実際のところ不安でいっぱいで、毎日応援いただけること、ご支援いただけることが本当に心の支えとなって、今日まで進むことができました。

このクラウドファンディングを通じて、応援されること、人に支えてもらえることが本当に嬉しく、活力になることを私たちは改めて身をもって体感しました。

 

このクラウドファンディングの達成はもちろん終わりではなく始まりです。グランシャリオが地域にとって本当に大切な場所になれるよう、しっかりと運営していくことがご支援いただいた皆様に対してももっとも重要であると考えています。


そして、残り28日間という期間ですが、ネクストゴールを1000万円で設定しました。
ネクストゴールまでのご支援については「窓ガラスを含めた車両修繕を行い、グランシャリオの完全修繕」のための資金として充てさせていただきたいと思っています。

立ち上げ段階でこれらのご支援は、より活動を前進させる大きな力になります。この活動にはまだまだ皆様の応援が必要です。

 

絶対に思いを無駄にしないよう全力で取り組んで参りますのでどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

2021年9月21日 追記
株式会社PYC 嶋田悟志

プロフィール

ピュアホームズグループはおかげ様で、昨年「設立20周年」を迎えました。 最初は手すり一本の取付から、介護リフォーム・建築業を行う会社として 創業したのですが、お客様のニーズに応えるべく活動を続けてゆくうち、 多くのお客様と、より深く関わっていきたいという想いが大きくなり、 介護事業・不動産事業・介護付き旅行事業など様々な事業を手掛けるように なってゆきました。 近年では地域の「困りごと」に目を向け、待機児童問題を解消すべく、 企業主導型保育園の設立。 全国的に要介護の高齢者数より、障がい者の方が人数が多いとの現実を知り、 障がい者支援事業等にも携わっております。 地域の皆様の心豊かな生活に、微力ながらお手伝いができる企業、 この地域をいつまでも守っていける企業になることを目指し、これからも 歩んでいく所存です。

リターン

3,000


【9/21追加】「ベーカリーグランシャリオ パン購入券」コース|3,000円

【9/21追加】「ベーカリーグランシャリオ パン購入券」コース|3,000円

■お礼のメール
■プロジェクト完成後レポート(PDF)
■ベーカリーグランシャリオ パン購入券 1,000円分(PDF)

※リターンに関しまして、準備が出来次第順次、ご発送させていただきます。
※完成後のレポートに関しまして、修繕が終了次第、順次ご連絡させていただきます。
※本品は営業許可を有する「ベーカリーレストラン グランシャリオ」よりご提供いたします。
※パン購入券は、メールにて送付しますので、印刷してお持ちください。
※パン購入券の有効期限は、2022年3月1日〜2022年8月31日までとなります。

支援者
84人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年4月

30,000


【9/3追加】「グランシャリオ車内芳名板」掲載コース|30,000円

【9/3追加】「グランシャリオ車内芳名板」掲載コース|30,000円

■お礼のメール
■プロジェクト完成後レポート(PDF)
■グランシャリオ車内に掲示する芳名板にお名前を記載します。
■グランシャリオ特別カード 1枚

※リターンに関しまして、準備が出来次第順次、ご発送させていただきます。
※完成後のレポートに関しまして、修繕が終了次第、順次ご連絡させていただきます。

支援者
16人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年4月

5,000


鈴木周作先生 オリジナル乗車券コース|5,000円

鈴木周作先生 オリジナル乗車券コース|5,000円

■お礼のメール
■プロジェクト完成後レポート(PDF)
■鈴木周作先生 オリジナル乗車券4枚 1セット(新作+旧作)
■グランシャリオ特別カード 1枚

※オリジナル乗車券は記念品となります。
※リターンに関しまして、準備が出来次第順次、ご発送させていただきます。
※完成後のレポートに関しまして、修繕が終了次第、順次ご連絡させていただきます。

支援者
170人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年4月

5,000


鈴木周作先生 オリジナルポストカードコース|5,000円

鈴木周作先生 オリジナルポストカードコース|5,000円

■お礼のメール
■プロジェクト完成後レポート(PDF)
■鈴木周作先生福音館書店「いきものづくし ものづくし」12巻よりポストカード 1セット
■グランシャリオ特別カード 1枚

※リターンに関しまして、準備が出来次第順次、ご発送させていただきます。
※完成後のレポートに関しまして、修繕が終了次第、順次ご連絡させていただきます。

支援者
87人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年4月

10,000


鈴木周作先生 オリジナルジグソーパズルコース|10,000円

鈴木周作先生 オリジナルジグソーパズルコース|10,000円

■お礼のメール
■プロジェクト完成後レポート(PDF)
■鈴木周作先生 オリジナルジグソーパズル 1セット
■グランシャリオ特別カード 1枚

※リターンに関しまして、準備が出来次第順次、ご発送させていただきます。
※完成後のレポートに関しまして、修繕が終了次第、順次ご連絡させていただきます。

支援者
82人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年4月

10,000


グランシャリオ修繕応援コース|10,000円(リターン不要の方向け)

グランシャリオ修繕応援コース|10,000円(リターン不要の方向け)

■お礼のメール
■プロジェクト完成後レポート(PDF)

※いただくご支援のほとんど(手数料やリターン経費を除いた金額)を、修繕費用に使用させていただきます。
※リターンに関しまして、準備が出来次第順次、ご発送させていただきます。
※完成後のレポートに関しまして、修繕が終了次第、順次ご連絡させていただきます。

支援者
106人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年4月

30,000


グランシャリオ 1時間貸切+ランチご招待コース|30,000円

グランシャリオ 1時間貸切+ランチご招待コース|30,000円

■お礼のメール
■プロジェクト完成後レポート(PDF)
■1時間車両貸し切り券(写真撮影自由)
■グランシャリオ ランチご招待券 2枚
■グランシャリオ特別カード 1枚
■グランシャリオ車内に掲示する芳名板にお名前を記載【9/3追加】

※車両貸し切り券を使用する際には、事前に来られる日時をご予約くださいますようお願いいたします。
ご不明点ございましたらお問い合わせ先は、埼玉県川口市にある「ベーカリーレストラン グランシャリオ」にお願いいたします。
※本品は営業許可を有する「ベーカリーレストラン グランシャリオ」よりご提供いたします。
※グランシャリオの1時間貸切+ランチご招待券の有効期限は、2022年3月1日〜2022年8月31日までとなります。
※リターンに関しまして、準備が出来次第順次、ご発送させていただきます。
※完成後のレポートに関しまして、修繕が終了次第、順次ご連絡させていただきます。

支援者
56人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年4月

30,000


グランシャリオ修繕応援コース|30,000円(リターン不要の方向け)

グランシャリオ修繕応援コース|30,000円(リターン不要の方向け)

■お礼のメール
■プロジェクト完成後レポート(PDF)
■グランシャリオ車内に掲示する芳名板にお名前を記載【9/3追加】

※いただくご支援のほとんど(手数料やリターン経費を除いた金額)を、修繕費用に使用させていただきます。
※リターンに関しまして、準備が出来次第順次、ご発送させていただきます。
※完成後のレポートに関しまして、修繕が終了次第、順次ご連絡させていただきます。

支援者
13人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年4月

50,000


グランシャリオ 2時間貸切+ランチご招待コース|50,000円

グランシャリオ 2時間貸切+ランチご招待コース|50,000円

■お礼のメール
■プロジェクト完成後レポート(PDF)
■2時間車両貸し切り券(写真撮影自由)
■グランシャリオ ランチご招待券 2枚
■グランシャリオ特別カード 1枚
■グランシャリオ車内に掲示する芳名板にお名前を記載【9/3追加】

※車両貸し切り券、ランチ券を使用する際には、事前に来られる日時をご予約くださいますようお願いいたします。
ご不明点ございましたらお問い合わせ先は、埼玉県川口市にある「ベーカリーレストラン グランシャリオ」にお願いいたします。
※本品は営業許可を有する「ベーカリーレストラン グランシャリオ」よりご提供いたします。
※グランシャリオの2時間貸切+ランチご招待券の有効期限は、2022年3月1日〜2022年8月31日までとなります。
※リターンに関しまして、準備が出来次第順次、ご発送させていただきます。
※完成後のレポートに関しまして、修繕が終了次第、順次ご連絡させていただきます。

支援者
9人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年4月

50,000


ピュアビレッジお食事券コース|50,000円

ピュアビレッジお食事券コース|50,000円

■お礼のメール
■プロジェクト完成後レポート(PDF)
■ピュアヴィレッジ内でご使用いただけるお食事券 15,000円分(3,000円×5枚)
■グランシャリオ特別カード 1枚
■グランシャリオ車内に掲示する芳名板にお名前を記載【9/3追加】

※お食事券の有効期限は、2022年3月1日〜2022年8月31日までとなります。
※リターンに関しまして、準備が出来次第順次、ご発送させていただきます。
※完成後のレポートに関しまして、修繕が終了次第、順次ご連絡させていただきます。

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年4月

50,000


グランシャリオ修繕応援コース|50,000円(リターン不要の方向け)

グランシャリオ修繕応援コース|50,000円(リターン不要の方向け)

■お礼のメール
■プロジェクト完成後レポート(PDF)
■グランシャリオ車内に掲示する芳名板にお名前を記載【9/3追加】

※いただくご支援のほとんど(手数料やリターン経費を除いた金額)を、修繕費用に使用させていただきます。
※リターンに関しまして、準備が出来次第順次、ご発送させていただきます。
※完成後のレポートに関しまして、修繕が終了次第、順次ご連絡させていただきます。

支援者
10人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年4月

100,000


「寝台特急 北斗星」ディナー再現コース|100,000円

「寝台特急 北斗星」ディナー再現コース|100,000円

■お礼のメール
■プロジェクト完成後レポート(PDF)
■「寝台特急 北斗星」ディナー再現コース料理 ご招待券 2枚
■グランシャリオ特別カード 1枚
■グランシャリオ車内に掲示する芳名板にお名前を記載【9/3追加】

※当時振る舞われていたレシピが現存していないため、当時の写真からシェフが再現するコースとなります。
寝台特急「北斗星」でお食事されたことがある方でしたら、ご予約の際に当時の食べたお料理を教えていただけますと、より近い味の料理を提供できると考えております。
※ディナー券を使用する際には、事前に来られる日時をご予約ください。
ご不明点は、埼玉県川口市にある「ベーカリーレストラン グランシャリオ」にお願いいたします。
※本品は営業許可を有する「ベーカリーレストラン グランシャリオ」よりご提供いたします。
※グランシャリオのディナーご招待券の有効期限は、2022年3月1日〜2022年8月31日までとなります。
※リターンに関しまして、準備が出来次第順次、ご発送させていただきます。
※完成後のレポートに関しまして、修繕が終了次第、順次ご連絡させていただきます。

支援者
31人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年4月

プロフィール

ピュアホームズグループはおかげ様で、昨年「設立20周年」を迎えました。 最初は手すり一本の取付から、介護リフォーム・建築業を行う会社として 創業したのですが、お客様のニーズに応えるべく活動を続けてゆくうち、 多くのお客様と、より深く関わっていきたいという想いが大きくなり、 介護事業・不動産事業・介護付き旅行事業など様々な事業を手掛けるように なってゆきました。 近年では地域の「困りごと」に目を向け、待機児童問題を解消すべく、 企業主導型保育園の設立。 全国的に要介護の高齢者数より、障がい者の方が人数が多いとの現実を知り、 障がい者支援事業等にも携わっております。 地域の皆様の心豊かな生活に、微力ながらお手伝いができる企業、 この地域をいつまでも守っていける企業になることを目指し、これからも 歩んでいく所存です。

あなたにおすすめのプロジェクト

達成

介護施設に入れない方が沢山おられます。シェアハウスしかありません。

今里 豪今里 豪

#まちづくり

102%
現在
1,026,000円
支援者
79人
残り
2日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの応募・相談をする
プロジェクトの相談をする