READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
成立

〜絆ぐるぐるPJ第2弾〜 イラク戦争を生き抜いた少女達が来日コンサート!

大嶋愛

大嶋愛

〜絆ぐるぐるPJ第2弾〜 イラク戦争を生き抜いた少女達が来日コンサート!

支援総額

336,000

目標金額 300,000円

支援者
46人
募集終了日
2013年8月24日
プロジェクトは成立しました!
3お気に入り登録3人がお気に入りしています

3お気に入り登録3人がお気に入りしています
2013年08月09日 12:51

長崎高校生1万人署名と交流会

今日は長崎の原爆の日ですね。
長崎の市長は平和宣言で、
日本政府がNPT(核不拡散条約)に署名しなかったことへの批判、
そしてアメリカやロシアへ、核廃絶に向けた取り組みを切望しました。
私たちJIM-NETも、劣化ウラン弾を含めた核兵器の廃絶を強く願います。


JIM-NETの事務局長は、イラクに関わる前、1999年の夏から
パレスチナで毎年、原爆のことを伝えるイベントを行ってきました。

「サダコ」の話は特別で、映画を見せるとパレスチナの子どもたちは
サダコさんの物語に感動していたそうです。サダコさんの力は日本人の想像を
はるかに超えたインパクトがあるようです。

初めて事務局長がイラクに行った時も、サダコの話をして、
核兵器と劣化ウラン弾の廃絶を願って、みんなで鶴を折りました。
その中の一人が姉のスハッドさんです。


サダコさんと同じ病室で少女時代を過ごした、
大倉記代さんという被爆者の方がいます。
「思い出のサダコ」という本を書かれ、その収益などを
「同じ被ばく者としてイラクの子どもたちを助けたい」とJIM-NETに送ってくださっていました。

2008年6月23日に亡くなられる前、
サダコさんと一緒に折った鶴を3羽、事務局長に託してくださいました。
大倉さんの想いを、私たちは引き継いでいかなくてはなりません。


さて、イラク人姉妹を被爆地に連れて行きたいという想いもあり、東京・大阪の公演前に
JIM-NETの参加団体「童話館基金」がある、長崎を訪れます。

長崎では8/21に高校生1万人署名活動のメンバーたちと交流を持ちます。


核兵器廃絶を求める日本の高校生たち、
そしてイラクの戦火を生き抜いてきたスハッドさん&ハディールさん姉妹。

戦争のない、核兵器のない世界を作るために、有意義な時間を過ごせると嬉しいです。

 

一覧に戻る

リターン

3,000

alt

・御礼状
・イラクの子どもたちが描いたお手製マグネット

支援者
24人
在庫数
68

5,000

alt

・御礼状
・絵本「イブラヒムの物語り」

支援者
13人
在庫数
制限なし

10,000

alt

・御礼状
・イラクの子どもたち応援のチャリティーCD
 ※スハッドさんのオーボエも録音されています。

支援者
11人
在庫数
制限なし

50,000

alt

・御礼状
・コンサート招待券(1枚)
 ※8/25東京公演か8/27大阪公演

支援者
0人
在庫数
制限なし

50,000

alt

・御礼状
・コンサートの様子をおさめたDVD

支援者
1人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする