プロジェクト概要

おかげさまで目標金額を達成することができました!
ご支援頂きありがとうございます!

 

皆様のご支援のおかげで、目標金額の150万円を達成することが出来ました。ご支援ありがとうございます!
今年も、震災で亡くなった方たちの鎮魂と、復興を願った花火を打ち上げることが出来そうです。

 

現在、打ち上げ当日に向けて着々と準備が進んでいる所です。これからも、「被災者の鎮魂と復興への祈り」という主旨にご賛同頂けましたら、ご支援、ご参画頂けると幸いです。花火の打ち上げと笑顔溢れる場所づくりに皆さんの想い、お力をお貸しください。
どうぞよろしくお願いします。

 

---------------------------------------

 

東日本大震災の犠牲者の追悼、

そして希望の灯となる花火を打ち上げたい!

 

山形県在住の安部明子と申します。東日本大震災当時は子育て支援関係NPOに就労していた関係で、県内に避難して来た方々のお世話をしていました。

その方々から状況をお聞きし被災地へ。

以後、在宅避難、独居の方、離れた場所に住む方など人の手が届きにくい所に通ってきました。

昨年4月以降は警戒区域が解除された福島県沿岸部にお手伝いに行っています。

 

今回支援いただくのは、花火を打ち上げるための資金です。

今年も福島県南相馬市で犠牲になられた方と同数の花火2000発をあげることが目標です。亡くなられた方達、まだ見つかっていない方達が夜空から自分の家のあった場所や家族を見つけられますよう、支援してくださった皆さんの力と想いで成し遂げられるプロジェクトです。

 

どうか皆様の力と想いをお貸しいただけないでしょうか?

 

(夜空に打ちあがる花火は美しいですね。)

 

2012年4月にそれまで警戒区域だった南相馬市小高区での活動に初めて参加し、衝撃を受けました。大震災が起きた後、早い時期から被害の大きかった地域、支援の手が届きづらい地域を中心に活動を続けて来ましたが、南相馬市は一年経った後も震災直後のままでした。

 

(南相馬での活動の様子)

 

震災直後は、「動ける人間がやらなければ」という思いで地元の消防団員中心に一台の重機で何日もかけて水を抜きながら何度も何度も歩き回り、手で慎重に探って瓦礫や泥の中からご遺体を見つけ出しました。団員の一人、上野敬幸氏は両親と当時8歳の娘さん、3歳の息子さんを失いました。

 

(福興浜団代表 上野敬幸氏)

 

繰る日も繰る日も探し続け、最愛のお嬢さんと母親の亡骸を見つけましたが、現在も息子さんと父親は発見出来ないまま。震災当時も救助活動に当たっていたため、かけがえのない子ども達、ご両親を助けてあげられなかった後悔。

 

(家から見つかった二人の子ども達の靴。4月から幼稚園に通う

予定だった息子さんは一度もこの靴を履く事がなかった。)

 

見つからない家族の側にいてあげたいと思う気持ち。 上野氏と消防団の有志は「南萱浜青年団(現•福興浜団(ふっこうはまだん))」と言う小さな団体を立ち上げ、犠牲になった方が一人でも多く家族の元へ戻れるように海岸での遺骨捜索、地元の再生のための被災家屋の片付けや泥かきを今も行っています。

 

(活動を行う福興浜団)

 

(地元の消防団員の方々)

 

「津波で犠牲になった子ども達、

地元の人のために花火をあげたい」

 

この上野氏の一言がきっかけで2011年8月、同地区で犠牲になられた方と同数の138発の花火をあげました。 当日は花火と共に138名のお名前が一人ずつ読み上げられました。

 

[2011年の花火の記録]

http://warriors311.blogspot.jp/2011/08/blog-post.html

http://warriors311.blogspot.jp/2011/09/138.html

 

 

 翌年の8月11日は様々な苦労がありましたが、なんとか福島県南相馬市で犠牲になられた方の数1818発の花火をあげることができました。

 

(犠牲になった方々のお名前を読み上げています)

 

[2012年の花火の記録]

http://lightupnippon.jp/light/report2012.php

 

上野氏や団員の方は自分から語る事はあまりありませんが、出来る人が自分たちのできる事をやろうと思うその気持ちに触れた人達が活動に協力しています。 8月の花火も団員とボランティアが、津波で何もなくなり雑草が伸びた土地を自分たちで草を刈り、瓦礫を拾い準備を進めました。

 

(花火大会の準備の様子)

 

地元の人に喜んでもらいたいと焼きそばやかき氷、地元名物の高うどんなどが振る舞われ、人がいなくなってしまった沿岸沿いに久しぶりに大勢の人が集まり、涙しながら同じ想いで空を見上げていました。

 

自分の家族や大切な人をある日突然失う悲しみ、生まれ故郷や家が見るも無惨な姿になってしまった痛み - それは自分などにはとても想像すら及びません。ですが、自分の子どもや大事な人、大事な物がもしそうだったなら•••と一発一発の花火を一緒に見上げながら思い、今の自分に出来る事を出来るだけお手伝いさせていただこうと心に決めた時間となりました。

 

毎年開催することで皆で震災を忘れぬよう、

そして復興へ願いを込めたいと思っています。

 

震災から2年が経った今も、福島県の復興への道はまだまだ遠く、混沌としています。この日がみんなにとって、今を、これからを大切に生きる重要なものとなるでしょう。

 

福興浜団は立ち上げ当初からどこの支援も受けておらず、道具すらほとんどない状態で活動をして来ました。2011年の花火は有志による寄付で、2012年は沿岸部で花火をあげているプロジェクトとの共催という形でなんとか開催にこぎつけました。

皆さんからいただいたお気持ちで一発でも多くの花火をあげる事が出来ます。

 

今回支援いただいたお金は、全て花火代に使用します。今年も福島県南相馬市で犠牲になられた方と同数の花火2000発をあげることが目標です。亡くなった方達、まだ見つかっていない方達が夜空から自分の家のあった場所や家族を見つけられますように、支援してくださった皆さんの力と想いで成し遂げられるプロジェクトです。どうぞよろしくお願いします。

 

[福興浜団Facebook]http://facebook.com/fukkouhamadan

 

[福興浜団を取り上げていただいた関連リンク]

•The Future Times Vol.4より

http://www.thefuturetimes.jp/archive/no04/shibuya/

•ほぼ日刊いとい新聞

http://www.1101.com/fukushima/2012/index.html

 

 

5.3000円 ①福興浜団オリジナル缶バッジ ※色は当方におまかせください 

 

+②花火の様子等を撮影した写真とお礼状をセットにしてプレゼント(写真はイメージです。)

 

 

10,000円 ②+③福興浜団オリジナルTシャツ

※色(赤•紺•水色•ピンク)サイズ(S•M•L)からご指定ください

 

 

30,000円 ②+④深堀隆介×福興浜団手ぬぐい

 

 

2013年3月11日、家族の思い出が詰まった上野邸で美術作家深堀隆介さんが鎮魂の思いを込めてライブペインティングを行いました。その時描かれた絵をデザインした手ぬぐいです。

[日本経済新聞記事]

http://s.nikkei.com/12ODSc8

 

                   深堀隆介 作

50,000円 ②+③+④

 

100,000円 ①+②+③+④+当日の花火を現地にて特別鑑賞席よりご覧いただけます

※現地までの交通費等はご自身でご負担願います。

当日の詳細は6月末ごろに決定します。

 

ご支援いただいた全ての方•••希望される方は炊き出しなどのお手伝いをして頂く事もできます。

※現地までの交通費等はご自身でご負担願います。


最新の新着情報