READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
成立

東日本大震災で被災した 岩手県大槌町にバスケの屋外コートを作りたい

花道プロジェクト

花道プロジェクト

東日本大震災で被災した 岩手県大槌町にバスケの屋外コートを作りたい

支援総額

5,455,000

目標金額 5,000,000円

支援者
431人
募集終了日
2021年5月20日
プロジェクトは成立しました!

終了報告を読む


プロジェクト本文

 

2021年2月19日よりコート建設を目指して開始したクラウドファンディングは、私たちの予想をはるかに超える多くの皆様からの熱いご支援をいただき、第一目標の500万円を達成することができました。初めてのことで不安になることも多々ありましたが、みなさまが想いを寄せてくださった応援コメントに励まされ感動し、ここまでやってこられました。

たくさんのご支援に、メンバー一同心より感謝申し上げます。

 

クラウドファンディングは5月20日まで続きます。今後残りの期間はネクストゴールとして800万円を掲げ、引き続き皆様からのご支援を募ることといたしました。コート建設費用は1000万円必要で第一目標を達成したとはいえ工事費用には不足している状況から、頂いたご支援は引き続きコート建設費用として活用させていただく予定です。

 

7月工事着工を目指して、我々自身も動き情報拡散をし懸命に頑張りますので、どうか引き続き温かいご支援・拡散のお力添えをよろしくお願い申し上げます。

 

 

▼自己紹介

 

私たち花道プロジェクトは、東日本大震災で甚大な被害を受けた岩手県大槌町で多くの方に遊びに来ていただくため、バスケをツールとした町おこしを2011年11月から行っています。

 

当時、大槌町はまだまだ観光のことなど手を付けられる状態ではなく、さまざまな団体が企画してくださる色々なイベントを町内で催して頂いていました。それは町外の方が企画をし、町内の人がお客さんとして参加するというもので、通常のイベント開催の形ではなく経済の循環もないということがしばらく続いていました。

 

当時、震災ボランティアとして活動していたメンバーの矢野が町の惨状を目の当たりにして思っていたのが、町のこのような状況に対して「大槌町から情報を発信」して多くの方に大槌町へお越しいただくことはできないかということでした。

 

頭にあったのは、2011年5月当時大槌町内の桜木町という地区に流れる小鎚川の土手にうず高く積み上げられたがれきの山を見て、 「この土手がいつか綺麗になって、そこに桜を植樹し桜の花道を作り、桜木町にちなんでバスケで町おこしはどうだろう」という突拍子もないものでした。

 

こんな突拍子もないアイデアに同じくボランティアだった河谷はすぐに賛同し「バスケで町おこし」というアイデアを実現するため、一緒に行動に移すことにしました。

そのアイデアを地元の桜木町の方々にポスティングという形でアンケートを取らせていただいた中に、一緒にやりたいという申し出てくれた人がいました。

それこそが、現在花道プロジェクト代表である河合でした。

 

 

この3人のうち2人はバスケ未経験者。

そして大会運営は3人とも全くしたことがない素人集団でしたが、がれきの山がうず高く盛られた大槌町で「きっとできる!」という根拠のない自信のもと花道プロジェクトは産声を上げました。

 

 

その後、地元の社会人バスケチームやボランティアとして大槌町で活動していたメンバーを含め10数名で花道プロジェクトというプロジェクトチームを立ち上げ、2012年5月に初の3X3大会「第1回桜木杯」を開催することができました。

 

 

この最初の大会開催時から今も変わらない花道プロジェクトの運営方針があります。

それは「選手も観客も運営側も、ここにいる全ての人が楽しかったと言ってもらえる1日にしよう」というものです。

 

バスケ界の常識にもこだわらず、とにかく「バスケはなんて楽しいんだ」と会場にいる全ての人が思ってもらえるものを提供したいと考え、色々な企画を立てて私たち自身も楽しみながら大会開催を重ねてきました。

 

これ以降、年に2~3回大槌町でバスケの大会を開催しこれまでに22回、町外でも3回大会を開催し、全国から多くの方に参加して頂けるようになり、参加チームを募集すると24時間以内に枠が埋まるという大会にまで成長させてもらいました。

 

 

活動に賛同して大会に参加してくださった方はこれまでの9年間で延べ2,700名を超えるまでになりましたが、2020年はコロナウィルス感染拡大の影響を受けて、1度も大会開催ができず大変残念な1年となりました。

 

 

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 

バスケで町おこしといっても実際には町内に子どもたちが気軽に遊べる場所もなく、またいつでも気軽にバスケができる環境もありません。

花道プロジェクトは結成時よりアウトコートの建設を目標として大きく掲げ、大会収益やグッズ収入などを全て建設資金として積み立てを続け現在280万円ほどになりました。

 

大槌町との協議も5年前の2016年から始まりましたが、建設予定地を選定するにも大槌町の整備計画が予想以上に難航し、当初思っていたようにはなかなか交渉は進まず、本当にアウトコートを建設することができるのか不安な時間を過ごしてきました。

 

そして、ついに2020年12月に町との協議の結果正式に建設予定地が決定しました。

建設予定地も正式に決まったことから建設費用1,000万円に足りない部分を補うため、クラウドファンディングにチャレンジし、多くの方のお力をお借りしようということになりました。

 

 

 

 

 

▼プロジェクトの内容

 

建設予定のアウトコートは3X3専用コート2面で、建設費用は1,000万円必要となっています。自己資金は280万円ありますが、不足分の720万円のうち500万円をこちらのクラウドファンディングでチャレンジさせて頂きたいと思っています。

 

アウトコートに関して私たちが強くこだわるのはただ1つ【無料開放】。

「いつでも誰でも好きな時にバスケができるコート」です。

 

そのためにも2面はどうしても必要でした。

ミニバスの子たちも、ガチな高校生も、またバスケばかな大人たちも、みんなが譲り合いながら楽しくコートを使うには1面では無理だと思ったのです。

また利便性のいい立地に建設することもあり、コート周りにフェンスの設置も必要です。この2面アウトコートを何として実現させるため、ぜひ皆様のお力をお貸しください。

 

 

 

 

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

 

震災後10年を迎える今年、私たちの活動も10年を迎えることになり「被災地大槌」からの脱却の時だと思っています。新しい大槌の文化を作るきっかけになればと思って始めたこの「バスケで町おこし」。

あれから10年を経て新しくできるアウトコートで、新しい大槌の文化のスタートを切ることができればどんなに素敵な事だろうと思います。

 

今までの大会開催は全て体育館で行っていて、本当にバスケに興味がある人しか見てもらうことができませんでしたが、アウトコートができればバスケをしている光景に道行く人たちが目をとめてくれることになるでしょう。

 

おじいちゃんやおばあちゃんや、小さな子どもたちも。

 

そこからまたバスケに興味を持ってくれる人が増えてくれるはずです。

なんてバスケは面白いんだ!と。

 

私たちが願うバスケで町おこしは、そんな風景がある新しい大槌町になることです。

 

 

私たち花道プロジェクトも、アウトコート建設が活動のゴールではなく

大槌町の新しい歴史を支える柱の一つとしてこれからも「バスケで町おこし」続けていきます。

これまでもたくさんの方にご支援を頂戴してきました。

どうか今回も多くの方のお力とご支援をよろしくお願いいたします!

 

 


【プロジェクト終了要項】

●オープン完了予定日    
2021年10月1日

●建築・改修場所    
岩手県上閉伊郡大槌町新町16番・17番・18番

●建築・改修後の用途    
完全無料開放の屋外コートで町内外の交流人口の増加を目指す

 

 

プロフィール

花道プロジェクト

花道プロジェクト

2011年のプロジェクト発足以来10年間、みんなと一緒に楽しくも真剣に活動をしてきました。こんなに人生が豊かになる活動を大槌でできてきたことをとてもありがたく思っています。これからも微力ながら新しい大槌の文化、楽しいバスケの展開の為に携わらせてもらいたいと思っています。

リターン

5,000


alt

記念碑へお名前を記載させていただきます

お品物をリターンとしてお送りする余力はないのですが、ご支援を頂いた全ての方のお名前を記した記念碑を作成し、コートに設置の予定です。ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。
(匿名を希望される支援者の方はコメント欄にご記入をお願いいたします)

*注意事項:このリターンに関する条件の詳細については、リンク先(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

支援者
248人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年10月

10,000


alt

記念碑にお名前を記載させていただきます。金額によって違いはありません。

お品物をリターンとしてお送りする余力はないのですが、ご支援を頂いた全ての方のお名前を記した記念碑を作成し、コートに設置の予定です。ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。
(匿名を希望される支援者の方はコメント欄にご記入をお願いいたします)

*注意事項:このリターンに関する条件の詳細については、リンク先(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

支援者
180人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年10月

30,000


alt

記念碑にお名前を記載させていただきます。金額によって違いはありません。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

お品物をリターンとしてお送りする余力はないのですが、ご支援を頂いた全ての方のお名前を記した記念碑を作成し、コートに設置の予定です。ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。
(匿名を希望される支援者の方はコメント欄にご記入をお願いいたします)

*注意事項:このリターンに関する条件の詳細については、リンク先(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

支援者
8人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年10月

プロフィール

2011年のプロジェクト発足以来10年間、みんなと一緒に楽しくも真剣に活動をしてきました。こんなに人生が豊かになる活動を大槌でできてきたことをとてもありがたく思っています。これからも微力ながら新しい大槌の文化、楽しいバスケの展開の為に携わらせてもらいたいと思っています。

あなたにおすすめのプロジェクト

達成
“和三盆糖蜜”を使ったラム酒の蒸溜所を香川の新たな観光名所に! のトップ画像

“和三盆糖蜜”を使ったラム酒の蒸溜所を香川の新たな観光名所に!

美馬産業株式会社美馬産業株式会社

#観光

133%
現在
13,365,000円
支援者
325人
残り
1日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの実施相談をする
プロジェクトの相談をする