プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

地元テレビ局FTV「みんなのニュース」にて

\\花想ひの活動を取り上げていただきました//

 

東日本大震災から7年。毎年変わらず春を告げてきた福島県・花見山。
今春、想い出と一緒に春の香りを持ち帰っていただく
、お土産が誕生!

 

ここは、福島県福島市渡利にある花見山。

 

花見山は誰が見ても「綺麗」と思わず笑顔になっちゃうような場所で、多くの人たちが春と出会いに訪れる場所。地元の人たちにとっては、癒やしの場所であり、小学校の遠足など “自分と花見山” の思い出があります。

 

東日本大震災を乗り越え、毎年、桜、モクレン、ウメ、モモなどの花々が咲き誇り、ピンクと黄色の絨毯が広がります。

 

 

そして、今春、この花見山を訪れた人たちが、その想い出をかたちに残し、何度も思い返してもらえるよう、大学生と高校生チーム3人で、お土産開発プロジェクトを立ち上げました。

 

花見山は地元の誇り。想い出を持ち帰るお土産開発プロジェクト。

 

 

震災後、花見山に春が来ても、訪れる人は少なくなりました。

 

初めまして。一般社団法人Bridge for Fukushimaの「未来の起業家育成プロジェクト」に参加し、立ち上げた、“自然工房 花想ひ”代表の丹治千奈です。

 

私は、福島県福島市渡利地区出身です。花見山の近くに住んでいて、毎年花見山に友達と遊びに行っています。春になると、全国から約33万人の観光客が訪れる花見山は、地元の自慢です。

 

 

しかし、震災後、一時期は観光客が、約1/4に減ってしまいました。春になれば、桜などの花々は変わらず咲き誇っても、そこを訪れる人たちが激減してしまったのです。

 

毎年、家の近くの道路がマイクロバスや観光客の人で賑わうことが当たり前だと思っていました。全然人がいない状況を見た時に初めて、「花見山に人が来なくなるのは寂しい」という気持ちがこみ上げてきました。私のそばにいつでもあった花見山に、愛着を持っていたことに気がついたのです。


その頃から、「素晴らしい景色が広がる花見山にもっと人が戻ってきてほしい」、「もっと盛り上げたい」と思った私は、花見山を知ることから始めるため、観光客の方に花の名前などを紹介する“花見山の花案内人”というボランティアを高校3年生の時にさせていただきました。私は、案内をしていくなかで「花見山にもっとたくさんの人に来てもらいたい」という気持ちがより一層強くなっていきました。

 

そして、具体的に何をするかを考える際に、「まず花見山の課題は何か考えるところからはじめよう」とアドバイスをいただき、課題を挙げていきました。

 

そこで出てきたことが、花見山には花見山の花を使ったお土産品がないということでした。毎年数十万もの人が訪れていた観光地に、花見山独自のお土産が置いていないことを不思議に思いました。


観光客の方に花見山での想い出を残していただくためには、お客さん自らが自分のお土産を作って、想い出と一緒にお土産を持ち帰ってもらえたら良いのではないか、という考えに至りました。

 

さらに考えを重ねていく中で、花見山の象徴である桜を使ってお土産を作ることに。そして、花見山に訪れる観光客の年代や性別から、モイスチャークリーム作りのワークショップと、石鹸の販売をすることにしました。

 

 

 

 

色とりどりのお花が花見山に咲くように、様々な分野の方々の協力・応援のもと花想ひシリーズの石鹸とモイスチャークリームが完成!

 

2017年9月から、花見山のお土産プロジェクトが始動。花見山の桜の枝から抽出した蒸留水を配合し、石鹸とモイスチャークリームができました。

 

モイスチャークリームと石鹸に使う香りを選ぶにあたって、急なアンケート調査でも協力してくださったり、会うたび「頑張れ」と言ってくださった近所の方達と友達

 

大量の香りを実際に作って下さったエアアロマジャパン株式会社さん。

 

自分達の理想の素敵なロゴを作って下さった株式会社いろはデザインさん。

 

そしていつも自分達の活動に対して熱く協力して下さるBridge for Fukushimaの代表とスタッフのみなさん、など挙げきれない程、多くの方々に支えていただく中で、2つのお土産がかたちになりました。

 

私たちが企画した、モイスチャークリームのワークショップと手作り石鹸は、薬事法の関係上、効能などを売りにして販売することができません。しかし、材料ひとつひとつの質や商品の出来については、メンバーと話し合い・試作を重ね、こだわったものに仕上げました。

 

エアアロマジャパンの森田惇生さん

 

4月1日(日)~4月22日(日)の期間中、福島県花見山物産広場 (福島県福島市渡利)で花想ひシリーズの石鹸と、モイスチャークリームづくりのワークショップを開催します。

 

 

手作り石鹸

 

ひとつひとつ手作りした石鹸です。こだわりとしては、花見山の桜の枝から抽出した蒸留水を使用している以外に、花見山全体を見たときに桜だけでなく、桃や菜の花といった白や黄色といった色の花も咲くため、そこを色合いで表現しました。


今回私達が販売する商品の香料は、Air Aroma Japanさんのご協力の下で実現した花見山をイメージした香りのオリジナルのエッセンシャルオイルを使用しています。

 

花想ひシリーズの石鹸

 

 

モイスチャークリーム

 

ワークショップでは、桜の枝から蒸留水の抽出の様子を見てもらいながら、作成したレシピを元にクリームづくり体験ができます。

 

●ワークショップ

開催場所:福島県花見山物産広場 (福島県福島市渡利)

 

期間:4月1日(日)~4月22日(日)

 

時間:

(平日)10時30分~11時30分、13時~14時、15時~16時

(土日):9時30分~10時30分、11時~12時、13時~14時、15時~16時

 

持ち物:特にありません。花見山を満喫したあとに、お気軽にお立ち寄りください。

 

料金:リターンにございます5,000円の「【花見山へお越しいただける方へ】花見山の想い出を持ち帰り🌸」コースをご購入ください。

 

*上記の場所で、石鹸販売も行っています。

 

桜の枝から蒸留水の抽出してつくります。

 

 

花見山の春をお土産に込めて。

 

花や香りは、様々なモノに変化します。

 

今回の “モイスチャークリーム” や “雑貨用石鹸”にとどまらず、花見山を発信するということを目的に、アロマキャンドルや花のお香、最近流行っているアロマワックスフレーバーや花のエッセンシャルオイルなどにも挑戦していきたいです。

 

これらがあることで、花見山から帰っても、想い出とともに楽しむことができます。花見山唯一のお土産を増やして、観光客の方には気に入っていただけたものを持ち帰っていただき、お家でも花見山を楽しんでいただけたらと思っています。

 

また、花見山の桜だけではなく、違う花を使ったお土産品を開発していきたいです。花見山には、2月に咲く蝋梅、モモ、モクレン、梅、菜の花など香りのする花がたくさん咲き誇っています。


今回は桜で挑戦していますが、今後は、より多くの花見山の花で挑戦して、お土産で“一気にカラフルな花が咲く花見山”を表現できたらと考えています。

 

みなさんの元へ、春の香りが届きますように。

 

花見山の魅力をぎゅっと詰め込んだお土産をみなさまへお届けします!

 

 

資金使途

 

●ワークショップ設備費    49,595円    
●材料費    251,170円    
●商品包装費    240,000円    
●シール製造費    10,594円    
●広告費    100,000円    
●店舗装飾費    120,000円    
●アロマオイル    57,000円  

●リターン費    51,541円     
●その他諸経費    170,100円    

 

必要金額合計: 1,050,000 円

 

 

メンバー紹介

 

●丹治 千奈(自然工房 花想ひ 代表)

 

桜の聖母短期大学1年

東北出身の学生同士でグローバルな視点を持って世界や地域の課題を見つけ出し、そこから自分たちで課題解決のために、地域活性化を目的としたプランを考案。さまざまな分野で活躍する社会のリーダーから目標をどのように形にしていくのか、というビジョンを聞いたりして自分の成長に繋げてきた。また、災害復興のトレーニングにも力を入れて活動。

 

花見山には一気にさまざまな種類の色とりどりのお花が咲くように、このプロジェクトが始まった当初から本当に様々な分野の方々が協力・応援してくださいました。私たちだけではなく福島や花見山を想う方々の気持ちがこもったモイスチャークリーム、雑貨用石鹸を1つのツールとして、たくさんの人に花見山の感動を伝え、届けたいです。

 

 

●佐藤 蓮 

 

福島大学1年

地域の町作りと農業に興味を持ち、大学進学を機に積極的に関心のある場代や人に会いに行くことを始めた。その中で関わった事務所で代表の丹治と出会い、想いを聞いてく中で一緒に自然工房花想ひの企画を形にしていきたいと感じ、本プロジェクトに携わる。

 

自分達が何度も試作を重ね「いいもの」を作ることにこだわったので、その商品を一人でも多くの方に届け花見山が賑わうひとつのきっかけになれば良いと思います。

 

 

●大山 穂乃華 

 

福島成蹊高校3年

福島県内の女子高生を対象にしたプログラムに参加。社会で活躍する女性の講話などを聞き自分の為になることだけでなく、誰かの為になる活動をしてみたいと思い、プロジェクトに携わる。

 

福島に想いが強いので、たくさんの人に花見山という福島の観光地に足を運んでいただ地域を盛り上げる存在にしていきたいです。

 

 


最新の新着情報