プロジェクト概要

 

「しあわせ」を立体にして、今ある「しあわせ」を感じてもらいたい!

 

学費の調達のため1年休学している間に「しあわせ」について考えることがあり、「しあわせ」が目に見えたら今のしあわせにもっと感謝して生きられるのではないかと思いました。

 

卒業制作としてこの「しあわせを目に見える立体にする」作品「hapilid」を作っています。質問に答えていくだけで「しあわせ」という立体が出来上がる仕組みです。私だけでなく、みなさまの「しあわせ」も立体にすることができます。

 

このサービスを作っていくための費用の一部が不足しています。みなさまご協力お願い致します!

 

 

スマホやパソコンで、複数の質問に答えるだけで、あなたの「しあわせ」を目で見えるカタチにします!

 

今回制作するサービスは、「しあわせ」のカタチをweb上で作り出す「hapilid-ハピリッド-」(幸福happy +固体solid = hapilid)という名前のサービスです。あなたのお手元のスマートフォンやパソコンから、複数の質問に答えるだけで、あなたの「しあわせ」を見える化します。

 

質問のお答えに応じて、球体が凹んだり尖ったりして、今の「しあわせ」の状況が目で見えるカタチになります。全ての質問に対して「しあわせ」が最高潮の時には球体に、少し不幸せなときには一部凹んだカタチになります。

 

質問の内容は、「愛する人がいますか?」など、いろいろ用意いたします。質問に答えていくことは、幸せを見つめなおす時間ですし、これからの生き方を考える、そんな機会になるはずです。

 

例えばこのような質問をご用意しています。(実際の質問は80問程度になります)

===

【質問例】

・あなたには叶えたい夢や目標がありますか

・熱中して取り組んでいる物事がありますか

・新しいことに挑戦するのは苦手ですか

・人を信じることができますか

・日々、自分は人に愛されていると感じますか

・日頃、職場・学校での居心地は良いですか

・普段の仕事や活動にやりがいを感じていますか

===

 

いかがでしたか?質問に答えるにあたって今の「しあわせ」について考える機会になったのではないでしょうか。

 

進路に悩む学生さん、日々の仕事に追われて普段「しあわせ」について考える時間が持てないという社会人の方、これから新生活を始める新婚のご夫婦、金婚式や銀婚式のプレゼントなど、多くの方に利用していっていただければと思います。

 

happy+solid=hapilid
それは、しあわせのカタチ。happy(幸せ)+solid(固形)=hapilid-ハピリッド-

 

 私が「hapilid」を作りたいと思ったきっかけ

 

私は1年前、学費を自分で稼ぐため休学いたしました。その間、いろいろな方からデザインのお仕事を頂き、感謝の気持ちをもつ反面、「これからの将来、どうしよう」という不安もありました。

 

とはいえ、学ぶためには、生きていくためには仕事をしないと…お金も稼がないと…と、いつの間にか休学期間はどんどんと減っていくと同時に、漠然とした不安は膨らむばかりでした。「社会人になってもこんな毎日が続いていって……私…幸せなのかな……??」

 

こんな疑問をきっかけに、「しあわせ」を考える重要性に気づきました。ひとりでも多くの誰かに、今日よりもっと素敵な明日を歩んでほしい。そんな想いをきっかけに、卒業制作のテーマを「しあわせ」にすることを決めました。

 

美術大学の卒業制作というのは、資金繰りの面でもとても難しいものです。高い学費を払って、長い時間をかけて取り組んで、どんなに良いものが生まれても……世に出ることがなければ、その効果は発揮されません。「より良いものを発信したい」と思っています。皆様のご支援よろしくお願いいたします!

 

武蔵野美術大学のみんなです!

 

 今回のリターン

 

今回のリターンには「hapilid」を体験できるコースもご用意しています。先ほどの質問が実際どのような立体になるのか、ご自身でご確認いただければと思います。学生さんには特別「学割コース(1,000円)」もございます。ご希望のかたには、10万円コースにて3Dプリンターで実際に「しあわせ」のオブジェを制作し、お送りします。

少しでも興味がおありでしたら、http://hapilid.jp/をクリックいただければと思います!みなさまよろしくお願いいたします!

 

2017年1月19日(木)〜22日(日)、武蔵野美術大学卒業制作展にて一部公開予定!
入場無料です。ぜひいらしてください。

 

 


最新の新着情報