READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす

緊急支援:保育施設の園児と保育士の方々へマスクを届けたい!

eREC合同会社

eREC合同会社

緊急支援:保育施設の園児と保育士の方々へマスクを届けたい!

支援総額

512,000

目標金額 10,000,000円

5%
支援者
3人
残り
19日
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
0お気に入り登録0人がお気に入りしています
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は6月26日(金)午後11:00までです。

0お気に入り登録0人がお気に入りしています

プロジェクト本文

◆ご挨拶

 

はじめまして。福岡のクラブHAPPY COCKの店長、友岡と申します。

 

私たちが運営するHAPPY COCKは、現在24年の歴史を持つ福岡のクラブです。1995年から音楽・エンターテイメントを多くのお客さまへお届けしてきました。そんな私たちの理念は、

関わる全ての人たちにHAPPYをお届けする」

 

開業当初から引き継がれてきたHAPPYをお届けする」というDNAは私たちの活動の根底にあり、原動力となっております。クラブ運営を通して数多くのお客さまと交流しながら、エンターテイメントという分野で社会貢献に努めてまいりました。

 

 

 

 

◆今回のプロジェクトをはじめた背景

私には2歳になる娘がいます。つい先日、娘の保育園に娘を迎えに行った時に娘の先生と話す機会があ

りました。その時に保育園でマスクが足りていないという話を聞きました。

他の保育園、幼稚園でもこのような状況があるという話を保育士の方々、メディアを通して耳にし、一児の父親としてできることはないかと考え、本クラウドファンディングのプロジェクトを立ち上げることになった次第です。

 

このような発想を抱くことができたのも、このHAPPY COCKというお店で学んだHAPPYをお届けする」という理念のおかげです。そこで私はこのプロジェクトを私が店長を務めるHAPPY COCKというお店と一緒に遂行しようと決めたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在、私たちHAPPY COCKは新型コロナウイルス蔓延に伴い福岡市からの要請を受け、2020年4月より営業を自粛しております。当然ながら、特に私共の業界は新型コロナウイルスが終息を迎えない限り、営業を再開できるものではございません。

 

その間、私たちHAPPY COCKのスタッフは社内の通販事業部に転属となり、通販事業の発送業務のノウハウなどを学びました。ようやく梱包作業などが手際よくできるようになってきたところです。

このように営業自粛の中でも、世の中のみなさまへHAPPYをお届けする」べく、本プロジェクトを企画いたしました。

 

◆プロジェクトでやりたいこと

全国の保育園、幼稚園、学童施設へできるだけ多くのマスクを届けたいと思います。

 

国の園児たちにマスクを届ける
園児を守る保育士の方々へ安心を届ける

 

医療機関でのマスク不足が連日TVなどで報道されています。そのようなマスク不足に困る医療機関への救済を求めるクラウドファンディングも行われ、とても話題になっています。

 

そして、医療機関と同様にマスクが足りずに日々施設内での感染の恐れに不安を募らす、保育関係者、保護者などがいらっしゃると思います。


このような恐怖や不安を隠し、ひたむきに笑顔で働く先生のみなさまに少しでも貢献したい。
児童施設のマスク不足の解消に少しでも貢献したい。

 

 

 

この私たちの思いを実現するために、この文章を読んでいただいてるあなたのご協力を仰ぎたいと、このクラウドファンディングのプロジェクトを開始しました。

いただいたご支援を通し、保育の現場で働く保育士のみなさま、園児のみんなにしっかりとHAPPYをお届けする」ことを誓います。

 

ぜひご支援をよろしくお願いいたします。

 

 

◆マスク不足の日本

店頭にマスクが並ばない、ネット販売の価格上昇、マスク詐欺、
マスク市場も大変な日本....
必要としている人にマスクが行き渡らない現状...

 

4月7日に緊急事態宣言が出され、様々な業種に対して自粛要請が出ました。
2月末に日本全国の小学校、中学校、高校に休校の要請が出ました。そんな状況下でも保育園などの保育施設は休むことなく運営を続けてきました。

 

緊急事態宣言後も、医療従事者や、会社の求めで働く必要のある人、ひとり親家庭で仕事をどうしても休むことができない人などのため、保育を提供しつづけているところも数多くあります。

 

 

 

 

冒頭でも書きましたが、娘の保育園の現場で聞いたマスクが不足している現状を他のTV、新聞などのメディアでも伝え聞き、なんとしてでも集団感染の発生リスクに不安を抱く保育関係者のみなさまの手助けになりたいと考えております。

 

園児のみなさんに安全を…
保育士のみなさまに安心を…

 

このような危機的状況下では、社会での助け合いがいつも以上に大事になると信じています。
一人一人が他者に少しでも思いやりの気持ちを持って手助けできる社会を実現したいと思います。

 

政府が「1世帯に布マスク2枚配布」という政策を決定しましたが、1世帯2枚では国民全体に行き渡ることはできません。しかもウイルスを防ぐ力の低い布マスクでは心もとないでしょう。

 

こういった現状に少しでも貢献できるように、微々たる力ではありますが皆様のお力添えのもと、子供達の集まる環境にマスクを届ける活動を行います。

 

『HAPPY COCK』の若くて健康体なスタッフ達で、子供達にいち早くマスクをお届けできるよう頑張らせていただきます。

 

クラウドファンティングのプロジェクトをを立ち上げ、皆様から支援していただき、弊社が精査した中国のマスク工場で直接買い付け、弊社より全国の保育園、幼稚園、託児所、学童保育へマスクをお送り致します。

 

皆様のご支援を心よりお願い申し上げます。

 

◆配布するマスクについて

今回配布するマスクは、子供用と大人用の2種類ご準備しました。不織布使用の使い捨てフェイスマスクです。

いくつかの中国の工場よりサンプルを取り寄せ、比較検討した中で一番品質が高く、コストとのバランスの取れたマスクを選びました。

 

 

 

◆配布する保育施設について

連日ニュースでも伝えられていますが、原材料の高騰のためマスクの単価は日々値上がりを続けています。医療器具を中心に中国からの物流の増加に伴い、輸送費も高騰している状況です。

一枚あたりの単価は輸送費、関税込みでおおよそ35〜40円。

目標に設定している金額10,000,000円ですと、送料や運営費を考えると配布できる枚数が17〜18万枚。
できるだけ多くのマスクを全国の保育施設に届けるために、設定した目標金額をはるかに超える支援を集めたいと考えています。

配布先は、マスクの配布を希望する保育園・幼稚園・こども園等の保育施設、学童施設になります。

※今回の配布は、子どもたちと職員の方を対象としたものです。

申込み受付は、専用のWebフォームを用意。各園への周知方法は、保育園や幼稚園の連盟・協会を通じて、郵送DM、WebやSNSを通じて行っていく予定です。

 

ご応募のあった施設から、原則先着順での配布となります。

→→お申込みはこちらの申込フォームよりお待ちしております。

 

 

◆目標

ひとえに全国と言っても、全国には保育園、幼稚園、託児所、学童保育がたくさんございます。
もちろん私共の力だけでは全ての施設へお配りすることはできません。
できるだけ多くのご支援をいただき、マスクを必要とする全ての保育施設に配布することを実現したいです。

 

私たちの目標ですが、全県20施設前後、47都道府県
900施設以上にフェイスマスクを200枚

最低17万〜18万枚を配布したいと考えております。
正直なところ、この設定目標の10倍を超える規模で配布したいと考えています。

 

できるだけ多くの施設へたくさんのマスクを届ける為に、皆様のご支援お願い申し上げます。

 

◆これまでのHAPPY COCKの活動

[HAPPY COCK]

長年多くのお客様から愛され続けてきた福岡天神大名にある老舗クラブHAPPY COCK。飲み放題があるクラブとして、若いお客様から幅広い世代まで愛されるお客様に優しいクラブです。

 

ボトル、ショット等の価格帯も安く、リクエストが出き、リクエストに柔軟に対応するDJ陣としても評価を得ております。

 

また店の概念としましても明るくフレンドリーなスタッフ陣でお客様に接客しており多くの方から愛されるクラブでございます。

 

当店ではこれまでも多くのアーティスト、有名人の方々にゲストで出演していただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他にも毎年恒例イベントや、毎月豪華旅行券が当たる大抽選会なども行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たくさんのイベントを執り行ってきたHAPPY COCKですが、皆様に今後、新型コロナウイルスが終息に向かえば、更なるエンターテイメントを届ける気概でございます。

HAPPY COCK HP

 

◆HAPPY COCKスタッフから

 

店長:友岡彰/AKIRA TOMOOKA

冒頭でも言いましたが、私自身も一児の父親であり、コロナウイルスが猛威をふるう中で幼い娘を園に預けるのは
恐ろしく、抵抗があります。
皆様の中にも、どうしても幼い子を園に預けて仕事をしないといけない方々もいると思います。

そんな子供達をマスクがある園に預けられたら少しは安心できるのではないでしょうか?

 

『全国の幼い子をもつ、お母様、お父様の為に!!』
『マスクを子供達へ!!』

 

私共で、皆様のお力添えのもと、頑張らせていただきます。

写真:2018年ロシアFIFA W杯 パブリックビューイング時

 

DJ RICKYYY

『HAPPY COCKで育てられた部分が非常に大きく、絶対無くしたくない僕のホームの一つです。
これからも良質な音楽を届けたいと切に願います。
今HAPPY COCKの皆で、できる事を自分も全力でサポートし、早くコロナウイルスが終息に向かうように願います。』

DJ KIZUKI

『数々の出会いからいつも沢山の刺激とパワーを貰える僕の大好きな場所HAPPY COCK!
店長からDJとして雇われ、あのDJブースへ早く戻りたい思いと共に、皆様の健康とこの世界に早く平穏が戻ってほしいと思います。
今できる事で微力でも世界のためになればと願います。』

バーテンダー:田原 直幸/NAOYUKI TAHARA

『医療の最前線で私たちの生活を守ってくださっている方々に最大の敬意と感謝を。
私がお付き合いしている方が保育士として勤務しておりますが、
僕も子供が好きで、この活動により子供達の集まる施設が少しでも安全になっていただければと思います。』

 

◆資金の使い道

ご支援頂いた資金は
下記の制作費、および諸経費に充当させて頂きます。

 

・フェイスマスク代金・送料
・当プロジェクト運営費(家賃・光熱費・人件費など)
・その他決済手数料、編集費用

 

上記の為に大切に使わせて頂きます。

 

◆実施スケジュール

クラウドファンディングにより

皆様のお力添えのもと、各県の保育協会、組合へマスクを寄贈いたします。

6月より、マスクの寄贈を進めてまいります。

※コロナウイルスの影響により寄贈時期が遅れる可能性がございます。

予めご了承ください。

 

◆ご注意点

・ご支援確定後の返金やキャンセルは、ご対応致しかねますので、何卒ご了承ください。

 

・支援金領収書の名義・発送先は、原則としてご支援時に入力したお届け先の宛名と住所となります。

 

・なお、ご支援後に上記情報を変更することはできず、アカウント情報を変更した場合でも、ご支援時に入力したお届け先の宛名と住所は変更されません(個別にご連絡いただかない限り、原則としてご支援時に入力いただいた宛名と住所に支援金領収書をお送りさせていただくことになります)のでご注意ください。

 

◆最後に

新型コロナウイルスの脅威が日に日に迫る中、休業の選択は間違いではないと信じております。3密(密閉空間、密集場所、密接場所)の条件が揃うナイトクラブを運営する立場として、これまでも店内消毒、各種アルコールの設置、入場するすべてのお客様にマスクを配布するなど感染防止策を講じてきました。

しかしながら刻一刻と状況が緊迫しており、すぐにでも自粛要請に従うべきだと、臨時休業を決意致しました。経済的な影響が大きいことは当然ですが、公益を優先すべき状況であります。ナイトクラブだけではなく、様々な職業の皆さんが危機的状況にあるのは理解しています。

このような国難を前にし、我々国民が社会に対してできることを考え、正しい行動をすることがより大事になります。社会への向き合い方を見直す良い機会と捉え、前向きに力を合わしていきましょう。

オーナーの私としては、当店の友岡店長がこのようなプロジェクトを企画したことを嬉しく感じております。当プロジェクトを成功させるため、私が責任を持って最後まで取り組みさせていただきます。

保育の現場にできるだけ多くのHAPPYをお届けする」ことができるようご支援のほどよろしくお願いいたします。

オーナー:久本了平 / RYOHEI HISAMOTO

 

 

 

 

 

 

 

 

プロジェクト終了要項

寄贈するもの    
子供用マスク、大人用マスク
不織布使用の使い捨てフェイスマスク

寄贈個数    
17万枚

寄贈完了予定日    
2020年7月31日

寄贈先    
保育園や幼稚園の連盟・協会

その他    
・寄贈先に関して
寄贈先の決定方法:各県の保育協会、組合にFAXまたはメールにて応募フォームURLをお知らせし、応募していただく。
寄贈先の優先順位として、特定警戒都道府県から順に寄贈する。

適切に寄贈先を決定できる理由:応募フォームにて情報をいただき、寄贈先に確認電話をする。

・マスクの仕入れについて
仕入先:Shenzhen Hoshi Electronic Technology Co.Ltd.(中国)
仕入れの状況:仕入れが確定している。
仕入先との取引実績の有無:有り

プロフィール

eREC合同会社

eREC合同会社

eREC合同会社はVAPE/電子タバコなどの禁煙グッズから衛生用品など、幅広い商品ラインアップで自社製品の開発・製造・ネット通販を行う福岡の会社です。 福岡で飲食業も営みながら、飲食事業で培った徹底したお客様目線で、日々の疑問、違和感、を解決する価値をご提供できるよう、開発事業に取り組んでいきます。

リターン

1,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

1,000円(20枚のフェイスマスク)

全国の保育施設に、20枚のフェイスマスクを無償で提供します。
『※当リターンは支援者にマスクをお贈りするのではございません』
リターンとしてHAPPY COCKのホームページにて支援者のお名前を公表して感謝します(特別ページを開設します)。

ご支援いただいた資金の使用明細を随時公開し、進捗も含めHAPPY COCKホームページやSNSでご報告いたします。


備考欄にお名前をフルネームで記載お願いします。また、保育施設の方へ応援のメッセージをいただけたらHAPPY COCKのホームページやSNSでシェアさせていただきます。

本名の公開を希望しない場合は、ニックネーム、ハンドルネームなどでも構いません。
*注意事項:このリターンに関する条件の詳細については、リンク先
 (https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。」

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年6月
このリターンを購入する

プロフィール

eREC合同会社はVAPE/電子タバコなどの禁煙グッズから衛生用品など、幅広い商品ラインアップで自社製品の開発・製造・ネット通販を行う福岡の会社です。 福岡で飲食業も営みながら、飲食事業で培った徹底したお客様目線で、日々の疑問、違和感、を解決する価値をご提供できるよう、開発事業に取り組んでいきます。

あなたにおすすめのプロジェクト

NEXT GOAL挑戦中

あたいはやっちょらん。大崎事件 第4次再審請求:糾せ日本の司法

周防正行(映画監督 / 再審法改正をめざす市民の会共同代表)周防正行(映画監督 / 再審法改正をめざす市民...

#人権

194%
現在
9,701,000円
支援者
674人
残り
9日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

eREC合同会社
プロジェクトの支援にすすむ

プロジェクトの相談をする