ダロンのモデルになっているドラゴン橋は、ダナンの新たな象徴であり、そのインパクトで観光客たちを魅了しています。

 

 

 

ドラゴン橋は街の栄えている方向とは逆の太平洋側の方向を向いていますが、「ダナンが海に向かって発展するように」という願いが込められているそうです。

 

ダナン解放記念日の2013年3月29日に開通したこのドラゴン橋には、1万5000個ものLEDライトが取り付けられています。

 

さらに、全長666mのこの橋は「世界最長の鋼鉄製ドラゴン」としてギネス記録に登録されています!

 

ダロンは体の色や形のみではなく、目が♡の形になっているということもドラゴン橋にそっくりです!

 

 

 

 

 

そして、なんといってもこのドラゴン橋の特徴は、週末土日の夜21時から約15分間火と水を吐くということです!

 

火を吐くドラゴン橋

 

 

水を吐くドラゴン橋

 

このように、ドラゴン橋には外国人観光客だけではなく、ベトナム国内のホーチミンやハノイからも多くの観光客が駆けつけます。

 

ドラゴン橋は今後、ダナンの発展を象徴する観光スポットになりそうですね!

 

 

ちなみに、CNNニュースでも"Dragon Bridge: Da Nang's fiery new success symbol"という記事になっています。

http://edition.cnn.com/2014/07/06/travel/dragon-bridge-da-nang/

新着情報一覧へ