READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
寄付金控除型
成立

空山ポニー牧場|馬と子どもたちのための井戸掘りへの挑戦にご支援を!

認定NPO法人ハーモニィカレッジ

認定NPO法人ハーモニィカレッジ

空山ポニー牧場|馬と子どもたちのための井戸掘りへの挑戦にご支援を!

寄付総額

5,808,000

目標金額 2,000,000円

寄付者
249人
募集終了日
2022年6月10日
プロジェクトは成立しました!

プロジェクト本文

 

ご支援、応援ありがとうございました

 

井戸掘りプロジェクトへのご支援をありがとうございました。お陰様で予想以上のご支援をいただき無事に終了いたしました。

 

初めての試みで、手探りの状態で始めたクラウドファンディングでしたが、結果的に249名の方からご支援をいただき、最終目標としていた500万円を達成することができました。これもひとえにご支援いただいた皆様、そして情報の拡散にご協力いただいた皆様のお陰です。

 

クラウドファンディングを実施する中で、応援メッセージやFacebookでのシェアで、皆様の暖かい想いが伝わってきました。その想いは、今後活動しいていく中での大きなエネルギーとなっています。

 

進捗報告や活動の様子をホームページやFacebookで発信していきますので、チェックしていただけると幸いです。

第一目標達成のお礼とネクストゴールについてはこちら

セカンドゴール達成のお礼と最終目標について

目標金額達成!ありがとうございます

 

空山ポニー牧場「ハーモニィカレッジ」から

ご支援のお願い

 

鳥取の街を一望する、空山ポニー牧場「ハーモニィカレッジ」。

 

ここは、美しい自然とポニー達が子どもの生きる力を育んでくれる、ワクワクするような経験の宝庫です。キャンプや乗馬、ポニーの世話を通して、世代を超えた仲間と心ゆくまで遊びながら、子ども達がたくましさと自信、​思いやりを身に付けられる機会を提供し応援していきます。

 

初めて一人で馬に乗れた時の満足感、風を切る音と馬の躍動感、仲間と共に工夫して助け合い、できなかったことができるようになること、普段の視点とは全く違うこと、それら全てが心の支えとなり、人と人との繋がりを生み出していく。そんな牧場でありたいと願っています。

 

しかし、そんな空山ポニー牧場が今危機に直面しています。井戸の老化による水の供給量の減少により、2021年10月から隣接する牧場からの水の供給がストップしてしまっています。

 

水が必要不可欠な馬のためにも、牧場を楽しみにしている子どもたちのためにも、スタッフが水を運び続けてくれていますが、ずっと続けるわけにもいきません。さらに暑い夏を乗り切れるかどうかも不安な状況です。

 

水道局に相談しましたが、ふもとの民家からの距離も遠く、上水道をひくことは不可能とのこと……。私たちは一刻も早くこの状況から抜け出すため、再度井戸を掘ることを決意しました。

 

馬と子どもたちのため、牧場を応援してくださっている方、楽しんでくださる方々のためにも、皆さまのご協力が必要です。

 

どうか、皆さまのお力をお貸しください。

 

 

 

「馬と人とともに未来を創る」ことを目指して

 

ページを読んでいただきありがとうございます。空山ポニー牧場「認定NPO法人ハーモニィカレッジ」は「100年を生き抜く底力を育む」を理念に、『子どもに自信と誇りを!若者に希望と主体性を!大人に安心と繋がりを!』をモットーとして活動しています。

 

馬や自然との関わりは、人間中心の世界とは違う理屈の通用しない迫力満点の”経験の宝庫”であり、奥深い”命の世界”を感じさせてくれます。

 

ハーモニィカレッジでは、馬と共に競い合いや技術を習得することが目的ではなく、馬たちとの理解を深め、自己と向き合うことで人間力を磨き「馬と人とともに未来を創る」ことを目指しています。

 

 

「ぼくじょうようちえん」から「大人の乗馬教室」まで幅広い世代が、年齢や性別を超えて学び、五感を使い、多様な価値観の中で、本質を見抜く勘を研ぎ澄ませていきます。

 

また、全ての活動に情熱あふれる青年ボランティアが集い、目線を合わせて活動してくれている姿は子ども達の憧れの存在となっています。そして子どもたちもここでの経験を経て成長したとき、ボランティアとして戻ってきてくれたり、親になりその子どもが参加者なったりなど、人と人との繋がりの輪が広がっています。

 

 

 

|ハーモニィカレッジの歩み

1995年9月:任意団体「ポニークラブハーモニィ」設立

1997年4月:任意団体「ハーモニィカレッジ」設立

2001年4月1日: 社団法人ハーモニィカレッジ設立

2013年3月22日:特定非営利活動法人ハーモニィカレッジ認証

2013年4月1日:特定非営利活動法人ハーモニィカレッジ設立(登記日)

2013年:公益法人改革に伴い社団法人から特定非営利活動法人へ移行

2013年4月30日:社団法人ハーモニィカレッジ解散

2018年1月1日:控除対象NPO法人指定

2018年3月29日:認定NPO法人認定

2022年4月10日:認定こども園ぱっか開園

 

 

水の供給が半年間以上ストップしています

 

今まで空山ポニー牧場は、隣接している牧場の井戸水を約3kmの道のりを水道パイプで繋ぎ供給を受けてきました。しかしその井戸の老化による供給量の減少により、2021年10月から現在まで、空山ポニー牧場への水の供給はストップしています。

 

昨年の10月当初は、ポリタンクや農業用の200Lタンクを軽トラックに積み、スタッフの自宅から毎日水を運んできました。9年前に手掘りの井戸(深さ7m)を地元の大工さんとボランティア・スタッフ総出で設置しており、冬場はその井戸から雨水が沁み出し、何とか馬の水は確保してきました。けれど人の飲み水はペットボトルで運んでおり、今後馬たちへの水もいつまで確保できるか分かりません。そのため、活動存続にとっては非常に厳しい状態です。

 

 

当たり前に綺麗な水が水道から出る日本ですが、今、空山ポニー牧場は大変困窮しています。馬や人が安心して水を使えるようにするために、水道局に連絡をし、相談しましたが、ふもとの民家からの距離が遠く、自分たちで上水道をひくことは不可能と分かりました。そこで、当牧場内に自前の井戸を掘り、水を供給できるようにすることに至りました。


このまま水がでないままで暑い夏を迎えるわけにはいきません。夏の暑い日に、馬を洗う事もできない状態になります。本業に加え、水を運び続ける苦労もスタッフに続けさせられません。

 

このような状態から一刻も早く抜け出すため再度井戸を掘ることを決意し、今回のプロジェクトを立ち上げました。

 

 

 

安定供給のための水脈を目指して

 

馬用の水や飲料水に使うことができる水量を十分に確保し、安定供給できるだけの水脈にいつ到達できるかは実際に掘ってみなければ分かりません。そのため、クラウドファンディングを通していただいたご支援の金額により、井戸を掘ることができる深さが変わっていく予定です。

 

第一目標金額は200万円とさせていただきましたが、地中には水脈があり、井戸を掘り進め、深ければ深いほど水脈に当たる可能性が増し、結果的に安定した水量が供給されることにはなります。そのためできるだけ深く掘り、多くの水脈に当たることを期待したいと考えています。

 

掘った水を汲み上げるポンプを設置するなど、以下のような工事金額となります。

 

※上記金額には、工事費+手数料・消費税を含みます。

 

◆工事費用
○ポンプ設置工事(単相100V)深井戸水中ポンプ:¥451,000
○ボーリング工事:φ150mm掘削(VP100A)

 

※井戸を掘るための調査をしても、井戸としての水を確保できない場合もございます。万が一そのようなことがあった場合でも調査と調査に関わる工事費用として支援金を活用します。その際には2022年6月までに詳細をストーリーおよび新着情報で報告します。


※また、万が一有効な水脈にたどり着けなかった場合には、一部リターンの内容を変更させていただきます。

 

さらにぼくじょうようちえんでは、今回ライフラインである水がでなくなることを経験した子どもが、水を大事に日々を過ごしています。そんな子ども達にはぜひ井戸掘りの行程を見たり、体験したりしながら、「土を掘っていくと水が出る」という非日常体験をしてほしいと思っています。雨が飲み水になるまでの流れについてもお話ししながら、この危機も学びの機会と捉え、楽しみたいと思います。

 

十分な水脈を期待できる深さ100mを目標とすると、諸経費を鑑みると約500万円の費用がかかり、現在の運営状況では大きな支出となります。しかしもうこれ以上、参加者の皆さんやスタッフに水を運んでもらうのも限界です。皆さんのご支援により、牧場での活動を安心して継続させていくことができたらと思っています。あたたかな応援・ご支援をどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

今後の展望

 

ハーモニィカレッジ25周年を迎える2022年。今年は飛躍の年にしたいと切に願っております。ハーモニィカレッジが子どもから大人までが安心して活動のできる夢の場所として活動を継続していけるよう、このクラウドファンディングにご協力いただき、お力をお貸しいただきたいと考えております。

 

また、9月23~25日に行われる「25周年祭」では、応援してくださる皆さんと直接お会いできる機会を作る予定です。今までとこれからのハーモニィカレッジや馬たちのこと、そして子どもたちの未来について語り、行動できる機会にできればと考えています。

 

今回は私たちのライフラインである水を確保するための井戸掘りを行いますが、ハーモニィカレッジそのものをよりよくするための計画もいくつもあります。

 

①牧場に宿泊施設を増設

「朝の太陽の光がレースのカーテンの隙間から差し込み、気持ちいい風が吹き込む中、馬の声で目が覚めて一日がスタートする。馬房の扉を開けると全ての馬たちが顔を出して「はやくはやく!」と息荒く前足でバタバタと馬餌を欲しがる。餌を食べる音や匂い、竹ぼうきで掃き掃除。一日が始まる…」という牧場に泊まれば体験できる豊かな時間を皆さんに体験してもらえるよう、宿泊施設をぜひ作りたい!と思っています。

 

②屋内馬場の増設

雨で全身ビッチョリ濡れて、冷たく凍える手で濡れた馬の身体をタオルで拭き、馬体から立ち上る湯気や「雨なのでキャンセルします」と団体の方の声の後ろには楽しみにしてくれていた子ども達の声。屋内馬場があれば…」と。これも実現していきたい目標の一つです!

 

親でも子どもでもなく子ども達に寄り添ってくれるボランティア(カウンセラー)の存在、そして牧場に来る全ての人が未来に希望が持てるようにと、日々成長を続けるスタッフの存在があります。共に学び、共に育ち合い「馬と人とともに未来を創る」ことを目指しています。

 

〜ハーモニィカレッジが考える教育観〜

 

「馬と人とともに未来を創る」ことを目指して、様々な事業に取り組んでいます。

幼児期には、馬との関りや自然体験を通して、時には泥だらけになりながら、五感を通して感じる「感」を育んでいきます。「三つ子の魂百まで」まさに、心と体を支える根っこの部分になります。

 

 

学童期・思春期には、保護者や友達、青年ボランティア、スタッフ、地域の方など、色々な人のつながりの中で「環」を育み、自分自身が経験をしていく中で育まれる判断力とともに「何か」を感じられる直感などの「勘」が働くようになります。

 

 

青年期には、若さから溢れるパワーを最大限に発揮しながら、失敗と成功を繰り返し、色々な人や事柄に影響を受けながら、先を見通す「観」を育んでいきます。

 

成人期には、自分らしい軸という「幹」を獲得しながらも、常に成長し続けていきます。

 

この全ての「カン」は、決してその時期に獲得しなければならない事ではなく、遅れて経験すればいいと思います。自ら環境に身を置き経験すればいいのです。

 

 

代表メッセージ

 

大堀貴士(おおぼりたかし)/認定NPO法人ハーモニィカレッジ理事長

ハーモニィカレッジは25年間、馬・青年ボランティアの力を借りて子どもの育つ環境、居場所を作ってきました。馬の存在は子どもをたくましくし、若い力が社会を明るく元気にし、牧場は多様な人がつながれる場となってきました。しかし、コロナによりこの2年で子どもの育つ環境は激変しました。人との距離をとること、経験・体験の機会の減少。

 

・幼少期に最も育つ五感、好奇心

・児童期に思いきり遊ぶ経験

・思春期に学ぶ人間関係

 

今の子どもたちはどこで学べばよいのでしょうか?

 

先日、牧場での活動中に子どもが「マスクがあるほうが表情隠せて安心。家にいるとYouTubeをいっぱい見れていい。外に出るのが面倒。」と話していました。この2年間で子どもの心まで大きく変化してしまったことを痛感し、『今こそ子どもたちの育つ環境を守っていかなければならない』と強く感じました。

 

『自分たちにできることから』と考え、子どもたちに牧場を開放しました。すると、いろんな取り組みが自然発生的に生まれてきました。「ボランティアでもやろう!」とフリースクールや放課後の学童のような活動が保護者や青年ボランティアたちが集まり活動を続けてくれています。しかし、これは長期戦になりそうです。関わる人がボランティアだけでは継続が難しいと感じています。

 

昨年秋、子どもが減っているにも関わらず、小・中学校の不登校者数、小・中・高等学校の自殺数が過去最多となっているとの文部科学省の発表がありました。

※出典:令和2年度 児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査結果の概要(文科省)

 

『子どもの育ちを応援することは未来を守ること』

『子どもに誇れる未来を残すこと』

 

子どもには学び、育つ権利があり、ここには育つ場を求めている親子、それを守りたい大人、スタッフ、若者がいます。しかし、安心できる場、想いある人が活躍できる場を守り続けるには、参加者負担だけでは負担が大きくなってしまいます。

 

そこで皆様に、クラウドファンディングやマンスリーサポーターという形で応援をお願いしたいのです。皆さまから寄せられた支援を原資に、「子どもが育つ場」「子どもに誇れる未来を残す活動」を継続してまいります。皆様の応援、どうぞよろしくお願い致します。

 

 

クラウドファンディング挑戦によせて

 

永松ゆきさま/合同会社アンサポ代表社員

鳥取県の八頭町でリモートの事務サポート会社アンサポを運営しています永松ゆきです。私がハーモニィカレッジに出会ったのは、7か月の息子と約1年をかけキャンピングカーで日本一周をし、鳥取へ戻った時でした。


こんな素敵な場所が近くにあったなんて!と驚きました!2歳になったばかりの息子を『ぱっか』入園させていただき約2年。日々、たくましく(なりすぎな位に)成長していく姿に驚きの連続です。ハーモニィカレッジの毎日はまさにサバイバル。強風で屋根が飛んでも、大雨で浸水しても、大雪が降っても「あー、困った。どうしよう。。。」という顔ではなく、笑顔で乗り越えていくのです。まさにこれが「人間力」「生き抜く力」だなぁと実感させられる毎日です。

 

そんなハーモニィカレッジが、井戸堀りに挑戦されるとのこと。大きな機械がきて、自分達が使うお水を発掘していく経過を見ることができるのはとても貴重な体験になるだろうなぁと今から楽しみです。

 

ちゃぼさま/パイロット

現在の活動拠点である空山ポニー牧場(鳥取市)にポニー達が移る前、まだ八東ポニー牧場時代に、寄宿塾スタッフをしながらみんなと空山の開拓に勤しみました、ちゃぼです。

 

ハーモニィカレッジを通じて出逢う人は老若男女問わずみな生き生きワクワクしている。そんなヒト達に囲まれ、助けあい、励ましあって(寄宿生はひとつ屋根の下)日々を暮らしていると自然と笑顔になる。ポニーも含めてすべてが相互作用して不思議なエネルギーをもらいました。


鳥取を離れ、コロナ禍で何年も会えていない仲間も多いですが、それぞれの心の内でハーモニィイズムが宿っており、みんなの人生を豊かにしている。そう感じます。

 

僕がハーモニィカレッジにいた頃は井戸はもちろん水道もなく、毎朝タンクに水を汲み軽トラに乗せ運びました。20ℓのポリタンクを両手に抱え40kg、みんなで何度も馬小屋を往復したのもなつかしい思い出です。井戸掘りを通して水の大切さ、ライフラインのありがたさを共有できるいい機会だと思います、力をあわせて最高の井戸を掘りあててください!

 

けいさん/在り方コンサルタント

9歳の時、牧場に来てから24年が経ちました。元々ポニーキャンプ参加者だった私は、ハーモニィカレッジの温かさや純粋さに魅せられた1人です。ただ現代社会においては、温かさや純粋さよりも、思考力や"頭の良さ"の方が生きていくための糧となり易いのも事実です。


しかし、それが原因で苦しんでいる方が大勢いることを自身の仕事を通して知りました。一方で、空山は、感性を磨ける場。雨の匂い、風の音、馬との触れ合い…思考を超越した、まさに感性の世界を体験出来る場所。
 

この環境は何ものにも替え難い存在であり、語り継ぐべき場所だと思っています。だからこそ、私はハーモニィカレッジの活動を応援したいと思い行動を続けています。

 

 

税制上の優遇措置について

 

認定NPO法人ハーモニィカレッジへのご寄付は、全国の方を対象に「税制優遇」を受けることができます。

 

【個人の方からの寄付】
個人の方からの寄付は、特定寄付金とみなされ寄付金控除等の対象となります。 個人の所得税の控除について、「税額控除」と「所得控除」から有利な方を選択できます。
 
● 税額控除
(寄付金特別控除)(寄付金合計額 - 2,000円)× 40% 「(寄付金合計額-2千円)×40%」が税額から控除できます。 ただし、年間所得の40%の寄付が控除の限度です。所得税額の25%を限度として控除が認められます。
 
■ 所得控除
(寄付金控除)寄付金合計額 - 2,000円 「寄付金合計額-2千円」が所得から控除できます。ただし、年間所得の40%が限度です。

 

【法人からの寄付】

法人からの寄付は、一般の寄付金等の損金算入限度額とは別に、特別損金算入限度額の範囲内で損金算入をすることができます。損金算入できる金額の計算には、他の認定NPO法人、公益財団法人や公益社団法人等に対する寄付金も含まれますのでご注意ください。

 

※鳥取県内に住所のある方

寄付を支出した翌年の1月1日現在、鳥取県内に住所を有する方は、住民税の寄付金税額控除を受けることができます。詳しは事務局または各自治体にお問い合わせください。

 

 

第一目標達成のお礼とネクストゴールについて

 

認定NPO法人ハーモニィカレッジの事務局長・中野裕道です。この度は、多くの皆様のご支援を受け、第一目標としていた30m(200万円)分の井戸掘りの資金を達成することができました。ありがとうございます。

 

このクラウドファンディングを通して、80人を超える方々からのご支援と応援メッセージをいただき、こんなに多くの方がハーモニィカレッジを応援してくださっていることをあらためて認識し、新たな出合いがある事にもスタッフ一同感謝の気持ちでいっぱいです。

 

昨年10月から、牧場の水が出ない状態になり、スタッフや事業に参加される方もポリタンク等で水を運んでくれている状態です。馬にとって飲み水の確保は命を左右するほど重要です。この状態を改善するには、井戸を掘るしかなく、本格的な夏を迎えるまでに解決しなければなりません。

 

井戸を掘る業者さんにご相談したところ、牧場の機能的に必要な水量・水質を供給するには、沢山の水脈にあたることで安定的に供給されるということですので、できるだけ深く掘らなければいけません。業者さまの経験と近隣のデータを確認した上で、立地条件的には約100m掘れば間違いないだろうということですが、実際のところ掘ってみないとわからないのも事実です。 上記のことから、水源の安定供給には100m(達成率250%)以上が必要となります。ネクストゴールとして、一気に第三目標の70m(400万円)とし、最終ゴールを目指します。


「馬」という大動物の世話、乗馬など「馬との時間」は、思いやりや判断力を育み、喜びと丁度いい苦労を共有できる人の輪を生みだしてくれます。多世代の繋がりは助け合いや安心感に包まれ、憧れの存在を得て、様々な問題が好転していく不思議なチカラがあります。馬を鏡にして自分自身の存在価値を知り、他者との違いを尊重する精神の世界に触れ「100年を生き抜く底力を育む」ハーモニィカレッジの理念に繋がっています。出会ったすべての人の「心の故郷」になる「場」として在り続けたいと願っています。


井戸掘りプロジェクト・馬を活用した社会教育活動に引き続き皆様のチカラをお貸しいただき、更なる情報拡散、シェア、ご支援のご協力をよろしくお願いいたします。

 

 

セカンドゴール達成のお礼と最終目標について

 

本当に多くの皆様から温かいメッセージと共にご支援を受け、セカンドゴール目標(400万円)を達成することができました。ありがとうございます。

 

現在180人を超える方の中には、昔子どもだったキャンプ生やその保護者の方、カウンセラー(ボランティア)OBOGたち、寄宿塾の卒業生たち、そして、ハーモニィカレッジをいつも応援してくださっている皆さん、さらにその方達からの情報発信で知ってくれた方など、活動の情報発信として嬉しい拡がりにもスタッフ一同感謝の気持ちでいっぱいです。最終目標100mの深さを掘るための資金500万円まで、あともう少しとなりました!!

 

現在、かなりの深さまで掘り進んでいますが、実は良い水脈に当たらず難航しています。施工スタッフの皆さんも連日頑張って作業を進めて下さっていますので、祈って頂くと共に、更なる情報拡散、投稿のシェアをよろしくお願いいたします。

 

暑い夏の到来までに、この水が出ない状況を何とか抜け出していと思っております。引き続きご協力をよろしくお願いいたします。

2022.5.31

 

 

目標金額達成!ありがとうございます

最後までご支援・応援をよろしくお願いします

 

最終目標金額の500万円に、残り7日を残して達成することができました。ありがとうございます。


ハーモニィカレッジの情報発信に、こんなに沢山の方からの支援が集まり、皆様の一人一人のご支援が集まるとこんなに大きな支援の輪が拡がることに驚きと喜びがありました。また、このコロナ禍だからこそ、野外の、馬の活動に希望を見出し、期待値が高まっていると気が引き締まります。
 
今回の井戸掘り100m分の資金はこのクラウドファンディングで確保することができましたので、後は水が出る事を祈るばかりです。現在、100mを超えてはいますが、まだ十分な水量が確保できる水脈には当たっておらず、施工業者の「タシマボーリング」のスタッフの皆さんが更に掘り進めて下さっています。毎日スタッフやようちえんの園児から「いま何メートル?水出てる?」とプレッシャーをジワジワとかけつつ期待に胸を膨らませている現状です。
 
既に目標金額は達成しましたが、想定以上の深さが必要なこと、経費が膨らむことも含めて、6月10日(金)23:00の終了まで募集を継続します。

 

この井戸の水により、活動を支える馬や子ども達が安心して活動でき、人を思いやる気持ちの輪が拡がり、ドキドキ、ワクワク、イキイキとした未来を描けるような活動を、より沢山の方に知ってもらいたいと願っていますので、ご支援と情報拡散のご協力を引き続きよろしくお願いいたします。

 


ご留意事項

※支援完了時に「応援コメント」としていただいたメッセージは、本プロジェクトのPRのために利用させていただく場合がございます。あらかじめご承知おきください。

 

※本プロジェクトのリターンのうち、【お名前掲載】に関するリターンの条件詳細については、こちらのページの「支援契約」にある「●命名権、メッセージの掲載その他これに類するリターン」をご確認ください。

 

※本プロジェクトで掘り起こした水が浄水しても飲むことができない水である可能性として低くはありますがゼロではございません。井戸を掘り起こすための資金としてご使用させていただくプロジェクトとなりますことを予めご了承ください。

プロジェクト実行責任者:
大堀貴士(認定NPO法人ハーモニィカレッジ理事長)
プロジェクト実施完了日:
2022年6月30日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

認定NPO法人ハーモニィカレッジが井戸を掘るための費用として使用させていただきます。

リスク&チャレンジ

プロジェクトに必要な金額と目標金額の差額について
必要金額と目標金額の差額は、自己資金で補填します。

プロフィール

ギフト

3,000+システム利用料


純粋応援コース|3千円

純粋応援コース|3千円

■メールでお礼のメッセージ
■寄付金領収書

寄付者
67人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年8月

10,000+システム利用料


純粋応援コース|1万円

純粋応援コース|1万円

■メールでお礼のメッセージ
■寄付金領収書
■HPにお名前掲載(希望制)

寄付者
124人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年8月

15,000+システム利用料


クラウドファンディング特別壁紙お届けコース|1万5千円

クラウドファンディング特別壁紙お届けコース|1万5千円

■メールでお礼のメッセージ
■寄付金領収書
■HPにお名前掲載(希望制)
■クラウドファンディング特別壁紙
※3頭のうち1枚をお選びいただけます
※白い馬が「エルダ」、黒が「玉三郎」、茶が「アナ」です。
※こちらのリターンに表示されている画像はサンプルです

寄付者
5人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年8月

30,000+システム利用料


純粋応援コース|3万円

純粋応援コース|3万円

■メールでお礼のメッセージ
■寄付金領収書
■HPにお名前掲載(希望制)

寄付者
22人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年8月

30,000+システム利用料


馬のプライベート動画限定配信コース|3万円

馬のプライベート動画限定配信コース|3万円

■メールでお礼のメッセージ
■寄付金領収書
■HPにお名前掲載(希望制)
■クラウドファンディング特別壁紙
※3頭のうち1枚をお選びいただけます
※白い馬が「エルダ」、黒が「玉三郎」、茶が「アナ」です。
■馬のプライベート動画を限定配信
※YouTube限定公開URLをお渡し予定

寄付者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年8月

50,000+システム利用料


純粋応援コース|5万円

純粋応援コース|5万円

■メールでお礼のメッセージ
■寄付金領収書
■HPにお名前掲載(希望制)

寄付者
17人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年8月

50,000+システム利用料


開通式参加コース|5万円

開通式参加コース|5万円

■メールでお礼のメッセージ
■寄付金領収書
■HPにお名前掲載(希望制)
■クラウドファンディング特別壁紙
※3頭のうち1枚をお選びいただけます
※白い馬が「エルダ」、黒が「玉三郎」、茶が「アナ」です。
■馬のプライベート動画を限定配信
※YouTube限定公開URLをお渡し予定
■開通式(井戸完了した際のお祭り)参加権

〈開通式について〉
・オフラインとオンラインどちらかでご参加いただけます
・6月の中旬〜下旬を予定(18,19か25,26日)
・日程詳細等については、クラウドファンディング終了後の1週間以内を目処にご連絡いたします

※万が一井戸を掘り起こすことができなかった場合には、リターンの内容を変更させていただきます。

寄付者
4人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年8月

100,000+システム利用料


純粋応援コース|10万円

純粋応援コース|10万円

■メールでお礼のメッセージ
■寄付金領収書
■HPにお名前掲載(希望制)

寄付者
8人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年8月

300,000+システム利用料


全力応援コース|30万円

全力応援コース|30万円

■メールでお礼のメッセージ
■寄付金領収書
■HPにお名前掲載(希望制)
■クラウドファンディング特別壁紙
※白い馬が「エルダ」、黒が「玉三郎」、茶が「アナ」です。
※3枚セットでお送りいたします
■馬のプライベート動画を限定配信
※YouTube限定公開URLをお渡し予定
■開通式(井戸完了した際のお祭り)参加権

〈開通式について〉
・オフラインとオンラインどちらかでご参加いただけます
・6月の中旬〜下旬を予定(18,19か25,26日)
・日程詳細等については、クラウドファンディング終了後にご連絡いたします

※万が一井戸を掘り起こすことができなかった場合には、リターンの内容を変更させていただきます。

寄付者
4人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年8月

500,000+システム利用料


全力応援コース|50万円

全力応援コース|50万円

■メールでお礼のメッセージ
■寄付金領収書
■HPにお名前掲載(希望制)
■クラウドファンディング特別壁紙
※白い馬が「エルダ」、黒が「玉三郎」、茶が「アナ」です。
※3枚セットでお送りいたします
■馬のプライベート動画を限定配信
※YouTube限定公開URLをお渡し予定
■開通式(井戸完了した際のお祭り)参加権

〈開通式について〉
・オフラインとオンラインどちらかでご参加いただけます
・6月の中旬〜下旬を予定(18,19か25,26日)
・日程詳細等については、クラウドファンディング終了後にご連絡いたします

※万が一井戸を掘り起こすことができなかった場合には、リターンの内容を変更させていただきます。

寄付者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年8月

1,000,000+システム利用料


全力応援コース|100万円

全力応援コース|100万円

■メールでお礼のメッセージ
■寄付金領収書
■HPにお名前掲載(希望制)
■クラウドファンディング特別壁紙
※白い馬が「エルダ」、黒が「玉三郎」、茶が「アナ」です。
※3枚セットでお送りいたします
■馬のプライベート動画を限定配信
※YouTube限定公開URLをお渡し予定
■開通式(井戸完了した際のお祭り)参加権

〈開通式について〉
・オフラインとオンラインどちらかでご参加いただけます
・6月の中旬〜下旬を予定(18,19か25,26日)
・日程詳細等については、クラウドファンディング終了後にご連絡いたします

※万が一井戸を掘り起こすことができなかった場合には、リターンの内容を変更させていただきます。

寄付者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年8月

プロフィール

あなたにおすすめのプロジェクト

労働も許されず、苦難を強いられている、日本に来た難民を救いたい のトップ画像

労働も許されず、苦難を強いられている、日本に来た難民を救いたい

遠藤眞彌遠藤眞彌

#国際協力

21%
現在
212,000円
支援者
27人
残り
15日
全国の身体障がい者に介助犬を届けたい|マンスリーサポーター募集中! のトップ画像

全国の身体障がい者に介助犬を届けたい|マンスリーサポーター募集中!

社福)日本介助犬福祉協会社福)日本介助犬福祉協会

#医療・福祉

継続寄付
総計
55人

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの実施相談をする
プロジェクトの相談をする