READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録
寄附型

コロナ禍の障害児者の施設へ、動物とのふれあい体験をプレゼント!

公益財団法人ハーモニィセンター

公益財団法人ハーモニィセンター

コロナ禍の障害児者の施設へ、動物とのふれあい体験をプレゼント!
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった寄附金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。寄附募集は2月25日(木)午後11:00までです。

寄附総額

2,691,000

目標金額 3,000,000円

89%
寄附者
233人
残り
29日
233人 が寄附しています
奥田 祥平
奥田 祥平さんが2時間前に寄附しました
干野 久恵
干野 久恵さんが4時間前に寄附しました
山本 佳秀
山本 佳秀さんが4時間前に寄附しました

応援コメント
奥田 祥平
奥田 祥平2時間前がんばれ〜〜〜!! エビゾウよりがんばれ〜〜〜!! エビゾウより
山本 佳秀
山本 佳秀4時間前大変ご無沙汰しております。 学生時代は大変お世話になり、ありがとうございました。 少ないですが、活動の一助となればと思い…大変ご無沙汰しております。 学生時代は大変お世話になり、ありがとうございました。 少ないですが、活動の一助となればと思います。 カウンセラーネ…
バナナ
バナナ10時間前小さい頃に親に連れて行ってもらいました。 私も親になり、子供と一緒にまた遊びに行きたいと思ってます。 頑張ってください。応援…小さい頃に親に連れて行ってもらいました。 私も親になり、子供と一緒にまた遊びに行きたいと思ってます。 頑張ってください。応援してます。
プロジェクトの寄附にすすむ(※ログインが必要です)
12お気に入り登録
12人がお気に入りしています
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった寄附金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。寄附募集は2月25日(木)午後11:00までです。

12お気に入り登録
12人がお気に入りしています

プロジェクト本文


「思い出すだけで胸が熱くなる体験」を障害児者の施設の方々に。

 

新型コロナウイルスの影響で多くの子どもたちが「体験」を奪われてしまいました。その中でも障害児者施設では、より「体験」を奪われてしまっています。動物たちと訪問することで楽しいひと時を過ごしてもらいたいと考えています!

 

▼これまでのハーモニィで実施した自然体験

 

新型コロナウイルスの影響で、外出や訪問に制限がある障害のある子どもたちがいるとお話をお聞きました。この情勢の中、さらなる制限があることはどれほどのストレスなのでしょうか。また子ども時代の「体験」の有無は、自己肯定感や道徳観・社会性など様々な「生きる力」を育むと言われています。今だからこそ「体験」を本当に必要としている人たちに届けたいと考えました。

 

そこで今回は、東京23区障害児者の施設へ、私たちが動物たちと訪問して、「笑顔」、「感動」、「驚き」を届けます。

 

第一目標を達成すると、約10施設に動物を連れて訪問することができます。ご支援が集まった分だけ、訪問できる施設が増え、施設の方々に特別な時間を過ごしてもらえます。

最初は、東京23区にある障害児者の施設への訪問を目指しています。
しかし、体験が不足している子どもたちはまだまだたくさんいるのが現状です。第一目標突破後も、ネクストゴールではより多くの施設を訪問し、東京23区以外の施設にも訪問したいと思っています。

 

 

 

 子どもたちに必要なことを “ぎゅっ”と体験に詰め込んできた60年間。

 

公益財団法人ハーモニィセンターでは、「思い出すだけで胸が熱くなる体験」を子どもたちを中心とした全ての人たちに届けることをミッションとしています。

 

 

ハーモニィセンターの誕生は1961年。10数名の若者が養護施設等を訪問するボランティアグループ「ハーモニィサークル」としてスタートしました。

 

1970年~73年には、チャーター機による往復だけ一緒のヨーロッパ40日間自己研修「FLYING TO EUROPE」を実施。4年間で計704名が参加しました。

 

1972年には第一回北海道とかちポニーキャンプ(18泊19日)を実施。

「親抜き、先生抜き、勉強抜き」を合言葉に、現在まで約1800回のキャンプを実施しています。その他にも自治体から委託を受け、複数の動物広場を運営しています。

 

1990年からはドイツとの国際交流やモンゴルでの騎馬トレッキング、中越地震時や東日本大震災時にはポニーを連れて笑顔を届ける支援活動も実施してきました。

 

日々の延長戦ではなく、子どもたちや若者に今必要なことが何かを常に必死で考えて約60年歩み続けてきました。

 

 

ハーモニィセンターは、子どもたち、若者たちが、自らの内に宿るかけがえのないすばらしさに気付き、こころが幸せでいっぱいになる活動を続けています。

 

 

 コロナ禍で私たちができること

 

このコロナ禍で、子どもたちは動物園や遊園地等にも行きづらく、 笑顔や元気をなくしています。

 

また、障害のある方々の展示イベントが中止になったり、感染の影響を最小限にするために外出を制限されるなど、障害児者の施設の方々から様々な影響を聞きました。

 

まずは、障害児者の施設に通う子どもたちなどに笑顔や元気を取り戻すことから始めよう!ということで、私たちは動き始めました。

 

ハーモニィセンターも現在、新型コロナウイルスの影響を受け、キャンプ等の活動が制限されてしまっています。しかし、こんな今だからこそ体験を必要としている人はとても多いのではないでしょうか。

 

動物たちと一緒に「体験」を届けひと時でも笑顔を、そして日ごろたまったストレスを発散する機会にできたらと思っています!

 

 

 動物とのふれあい体験:
 いま、できるかたちで、「笑顔」と「感動」と「驚き」を届けたい。

 


ハーモニィセンターの牧場から、様々な小動物と一緒に会いにいきたいと思います。

 

「アニマルセラピー」という言葉があるように動物とのふれあいは、心に癒しを与えてくれます。孤独感を癒してくれたり、人間関係を円滑にしてくれたり、ふれあいが初めての人にはワクワクとドキドキ、できた時の達成感を与えてくれます。

 

現在、3つのプランを考えており、施設のみなさまと実施場所や対象者のニーズをヒアリングをしつつ選んでいただく予定です。

 

<お手軽プラン>(屋内の狭いスペースで実施できます)

モルモットとのふれあいを体験します!タオルの敷いたお膝にモルモットを載せて優しく触れ合いましょう。ちょっと怖い子もスタッフがやさしくサポートします!

モルモット20匹・ハーモニィセンタースタッフ3名

 

<お楽しみプラン>(屋内10m×10m程度で実施できます)

モルモットに加え、うさぎ・チャボとのふれあいを体験できます!うさぎは抱っこをしてみたり、チャボは両手で抱えてみたり。ドキドキと達成感を味わえます!

モルモット30匹・うさぎ2羽・ちゃぼ1羽・ハーモニィセンタースタッフ4名

 

<満喫プラン>(屋外での実施となります)

モルモット・うさぎ・チャボに加えて大きめなヤギor羊と乗馬可能なポニーも!ハーモニィの代名詞の「ポニー」は乗馬・えさやりどちらも可能です。スタッフが優しくフォローしますよ。

 

ポニー2頭・モルモット30匹・うさぎ2羽・ちゃぼ1羽・ヤギor羊2頭・ハーモニィセンタースタッフ6名

 

 

 

訪問予定期間:2021年4月1日~2021年7月31日
訪問する施設は、プロジェクト成立後に、区の福祉課などと相談をしつつ決定していく予定です。

 

 

*新型コロナウイルス感染症対策

訪問するスタッフの日常的な検温や実施時のマスク着用・消毒など、感染対策の徹底をします。

動物とのふれあい時も利用者の方々にマスク着用と事前・事後の消毒をお願いし、間隔をあけてのふれあい体験を実施します。

 

 

ここが笑顔の出発点。一緒に障害児者の施設の子どもたちへ特別な時間をプレゼントしませんか。

 

コロナ禍で大変な時だからこそ、これまでハーモニィセンターが子どもたちに贈ってきた「思い出すだけで胸が熱くなる体験」を、今できるかたちで届けたいと思います。

 

子どもたちの「笑顔」には大きなパワーがあります。身近な大人を笑顔にし、社会を明るくしてくれます。この活動を通して少しでも笑顔溢れる社会にできたらと思います!

 

今後は、東京23区障害児者の施設を訪問しますが、ゆくゆくは範囲を広げ、全国の幼稚園や小学校へと展開していきたいと思っています。今回はその初めの一歩です。どうか応援をよろしくお願いいたします。

 

 

公益財団法人ハーモニィセンターHP

Facebook

Twitter

Instagram

 

*本クラウドファンディングで実施するプロジェクトの履行に必要な展示の資格を各施設で取得しており、取扱責任者を配属しています。

 

*2021年7月31日までに福祉施設を訪問し、小動物とのふれあいの場をプレゼントしたことをもってプロジェクトを終了とします。


 

 税額控除について

 

公益財団法人ハーモニィセンターへのご寄附は、税制上の優遇措置(所得控除、税額控除等)が適用されます。


本プロジェクトへご寄附をいただくと、税制上の優遇措置(寄附金控除)の対象となり、確定申告の際には特定寄付金として「寄附金控除」が認められます。

 

 

<領収書の発行について>
寄附をされた方には、寄附金受領後、当団体より「寄附領収書」を発行いたします。

領収書名義:ご寄附時にご入力いただいた「寄附者情報」の氏名を宛名として作成します。

領収書発送先:ご寄附時にご入力いただいた「寄附者情報」のご住所にお送りします。

寄附の受領日=READYFORからの入金日(4月9日)

 

 

※本プロジェクトのリターンのうち、【お名前掲載】に関する条件の詳細については、リンク先(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

プロフィール

公益財団法人ハーモニィセンター

公益財団法人ハーモニィセンター

内閣府所轄の社会教育団体です。 夏休みなどの長期休みには、「思い出すだけで胸が熱くなる体験を」を合言葉にポニーキャンプや自然体験活動キャンプを実施しています。キャンプは1972年から始まり延べ1800回以上実施するなど老舗キャンプ団体です。 また自治体から委託を受け8箇所の動物広場の運営を行っています。 ふれあい体験や出前でのふれあい動物園の経験も多く、多くの方々に喜んでもらっています。 その他にも国際交流事業や川の事業、東北支援活動など様々な事業を行っています。

ギフト

10,000

【笑顔と感動と驚きを】サンクスムービー/ニュースレター

【笑顔と感動と驚きを】サンクスムービー/ニュースレター

■サンクスムービー

■ニュースレター(施設を回った時の様子を写真と一緒にレポート:PDF)

■(公財)ハーモニィからお礼のメール

■寄附証明書

寄附者
88人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年8月
寄附をする

3,000

【お気持ちコース】

【お気持ちコース】

■(公財)ハーモニィからお礼のメール

■寄附証明書

寄附者
112人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年3月
寄附をする

30,000

【スポンサーコース】3万円(動物たちのほっこりフォトブックつき)

【スポンサーコース】3万円(動物たちのほっこりフォトブックつき)

■笑顔を届けにいく動物たちのほっこりフォトブック(PDF)

■ハーモニィセンターのHPに、寄付者様のお名前/企業名を掲載(希望制)

■(公財)ハーモニィからお礼のメール

■サンクスムービー

■ニュースレター(施設を回った時の様子を写真と一緒にレポート:PDF)

■寄附証明書

寄附者
24人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年8月
寄附をする

50,000

【スポンサーコース】5万円(動物たちのほっこりフォトブックつき)

【スポンサーコース】5万円(動物たちのほっこりフォトブックつき)

■笑顔を届けにいく動物たちのほっこりフォトブック(PDF)

■ハーモニィセンターのHPに、寄付者様のお名前/企業名を掲載(希望制)

■(公財)ハーモニィからお礼のメール

■サンクスムービー

■ニュースレター(施設を回った時の様子を写真と一緒にレポート:PDF)

■寄附証明書

寄附者
8人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年8月
寄附をする

100,000

【スポンサーコース】10万円(動物たちのほっこりフォトブックつき)

【スポンサーコース】10万円(動物たちのほっこりフォトブックつき)

■笑顔を届けにいく動物たちのほっこりフォトブック(PDF)

■ハーモニィセンターのHPに、寄付者様のお名前/企業名を掲載(希望制)

■(公財)ハーモニィからお礼のメール

■サンクスムービー

■ニュースレター(施設を回った時の様子を写真と一緒にレポート:PDF)

■寄附証明書

寄附者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年8月
寄附をする

プロフィール

内閣府所轄の社会教育団体です。 夏休みなどの長期休みには、「思い出すだけで胸が熱くなる体験を」を合言葉にポニーキャンプや自然体験活動キャンプを実施しています。キャンプは1972年から始まり延べ1800回以上実施するなど老舗キャンプ団体です。 また自治体から委託を受け8箇所の動物広場の運営を行っています。 ふれあい体験や出前でのふれあい動物園の経験も多く、多くの方々に喜んでもらっています。 その他にも国際交流事業や川の事業、東北支援活動など様々な事業を行っています。

あなたにおすすめのプロジェクト

NEXT GOAL挑戦中

小豆島の子ども・若者支援の一つとして、「移動」を支えたい!

岡 広美岡 広美

#医療・福祉

100%
現在
1,006,000円
支援者
79人
残り
24日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの寄附にすすむ
プロジェクトの相談をする