プロジェクト概要

“今晩ベッドに入る前に、ベッドがない10,000人のことを思い出してください”

 

日本の「ホームレス」を取り巻く環境は、生活費の上昇や産業構造の変化、街の再開発にともなう立ち退き等により、年々厳しいものになってきています。大都市では日が暮れると、いまだ多くのホームレスが路上で寝る姿を見かけます。その数は統計によれば、全国で6,541人(2015年1月厚労省「ホームレス概数調査」)と言われています。

 

しかし、調査が昼間に目視でおこなわれていることを考えると、実際には1万人以上と推定できます。彼らの自立へのハードルは依然として高く、また、誤った情報の発信により、ほとんどの人々はその事実に気がついていません。

 

 

 

「ホームレスベッド」を制作し、ホームレスの問題にもっと関心をもってほしい。

 

日本の貧困問題、ホームレス問題について取り組む認定NPO法人自立生活サポートセンター・もやいと、広告会社として社会貢献活動を促進するOgilvy & Mather Japanは、この問題をより多くの人に認識してもらうためのアクションを共同で展開していきます。


そのアクションの中心となるのは、4月以降に予定されている大型家具量販店でのイベントで、ホームレスの人々が普段寝ている場所をモチーフにして制作されたベッドの展示です。アスファルトのベッドやタイルのベッド、そして雑草をあしらったベッドなど、ホームレスの人々が生活している場所の素材を使用したベッドを制作し、みなさまに見ていただきます。

 

ホームレスの人々が寝泊まりする環境を再現したベッドを通じて、より多くの人にホームレス問題に関心をもってもらうことができるのではないか。わたしたちはそう考えました。

 

(制作するベッドのイメージ)

 

 

ベッドの制作でアクションを繋げる

〜対談:久保明彦(オグルヴィ)×大西連(もやい)

 

 

大西:日本のホームレスの人々を取り巻く環境は、生活費の上昇や産業構造の変化、街の再開発にともなう立ち退き等により、年々厳しいものになってきています。大都市では、夜になると依然として多くの人が路上で、ホームレス状態で寝泊まりしている現実があります。


久保:昨年の調査では現在、日本には6,541人のホームレスがいるという結果がでていましたが、もやいでは、実際にはどの位の人数がいるとお考えでしょうか?

 

大西:実際の正確な人数を把握するのは難しいですが、調査自体が昼間に目視でおこなわれていることなどを考えると、少なくとも10,000人以上にのぼるのではと見ています。

 

久保:以前お会いしたとき大西さんは、「ホームレスの数は数字的には減っているように見えるが、ホームレス自体の定義が変わってきているので、その数字をそのまま受け入れてしまうのは危険だ」と仰っていましたね。

 


大西:日本は豊かな国だといわれています。しかし、時代の変化に伴い、ネットカフェ難民など新しいかたちの「ホームレス状態」の人たちが生まれています。そういう意味で、路上で生活するホームレスの人たちの数が減ったからと言って、「ホームレス状態」の人の数も減っていると認識してしまうのは問題だと伝えたいんです。

 

久保:なるほど。問題の本質、時代の変化といった部分に向き合わない限り、状況は改善されないということですね。


大西:そういうことです。解決には、まだまだ時間がかかりそうです。ところで、今回オグルヴィは、どのようなきっかけでこの問題に関心を持たれたのでしょうか?当初、外資の広告会社であるオグルヴィのほうでこの問題に関心を持ってアクションを起こしたいという話を聞いて、意外な印象を受けました。

 

久保:オグルヴィでは会社全体で「ソーシャル・グッド」という社会貢献活動を促進する取り組みをしています。その活動のひとつとして、今回ホームレス問題に取り組もうという話になりました。

 

大西:なるほど。これまでも、社会的課題を解決する活動をされていたんですね。

 

久保:はい。それで今回は、日本ではもしかしたら認知度が下がりつつあるホームレス問題を、改めてより多くの人に考えてもらうきっかけをつくろうという話になりました。そのためには、インパクトがあって、見た人の印象に残るビジュアルとメッセージをつくる必要があるということで、そこからホームレスの人々が普段寝ている場所をモチーフにしたベッドを制作するというアイデアが生まれました。

 

大西:そもそも、ベッドというアイデアはどうして生まれたのでしょうか。

 

 

久保:私の住んでいる駅の近くにもホームレスの人が寝泊まりをしていたことがありました。街の片隅で寒さに震えながら、人目を避けるように小さくうずくまっている。そんな光景を見て、何とかできないかなという想いを抱えていました。彼らが寝泊まりするアスファルトやタイル、地面の感触っていうのがどのようなものなんだろう。そして、そこで寝泊まりするというのはどういうことなんだろう、と。


大西:そういう想いが路上生活の環境を再現したベッドの制作、というアイデアになったのですね。正直、最初はその突飛なアイデアに驚かされました。例えば、僕らが普段考えるアイデアだと、じゃあ実際に路上で一緒に寝てみよう、という企画になったりするのですが、ただそれだと、確かにすでにこの問題に関心を持ってくれている人に想いを届け、経験を伝えることができるアクションになるかもしれませんが、実際に参加できる人は限られてしまいます。

 

 

久保:ベッドを制作し、多くの人に見てもらい、触ってもらい、場合によっては寝てもらう。例えば、その様子を撮影したバイラルムービーをオンライン上で公開することでより多くの人に見てもらい、この問題について知ってもらうこともできます。

 

大西:街のショーウィンドーや家具量販店でこのベッドが展示されていたら、思わず「あっ」って驚きますよね。「なんなんだろう」と。そういう意外性からうまれるインパクトによって、この問題に関心をもっていなかった人にメッセージを届けられたらと思います。より多くの人に知ってもらうために様々なアクションを起こしていく。そして、NPOや企業、広告の力でそれを拡げていく。様々な立場の団体が一緒にアクションを起こすことで、社会問題の啓発や解決への速度をよりはやめることができるのではと考えています。

 

 

久保:そうですね。そのために、まずは問題の認知度アップのためのこの特別なベッド制作を、みなさまに支援していただけますと幸いです。

 

大西:いただいた資金はプロジェクト専用の口座にて厳正に管理され、ベッドの制作にのみ使用させていただきます。また、ご支援をいただいたみなさまには会計報告等、適時、報告させていただきます。ホームレスの人々がどのような環境で寝泊まりしているのか、より多くの人に知ってもらうためのこのアクションにぜひ参加していただき、ご支援のほどよろしくお願いします。

 

 

ホームレス問題をより知ってもらうために、あなたも一緒にアクションを起こしませんか?

 

ホームレスの人々が普段寝ている場所をモチーフにしたベッドの制作を通じて、ホームレス問題の認知度をあげる試みに、あなたもぜひ一緒に参加しませんか?このプロジェクトに寄せられたすべての募金はこのベッドの制作にあてられます。ホームレス問題をより多くの人に認識してもらうため、寝る場所がない人たちがより良い環境で睡眠をとるためにも、ぜひともご支援のほどよろしくお願いいたします。

 

 

------------------------------

※本プロジェクトへのご支援は「認定NPO法人自立生活サポートセンター・もやい」へではなく、プロジェクトそのものへのご支援となるため、税額控除等はご利用できません。詳細はお問い合わせ下さい。


最新の新着情報